40歳以上の転職⇒№3:40歳の転職の行動実態

転職 - 総合

 

40歳以上で転職を希望される方々のためにシリーズ化している本記事 「40歳以上の転職」 は、今回で 3回目となります。

 

下表は本シリーズ記事の目次表となります。

第一回 転職が難しい理由
第二回 転職後の年収について
第三回 40歳の転職の行動実態(本記事)
第四回 40歳の転職の行動実態ー2
第五回 40歳の転職の満足度と失敗談事例
第六回 40歳の転職を成功に近づけるポイント
第七回 求職者に求人企業が求めるもの

 

今回は、40歳以上の人たちが、転職をされる場合、どのような行動を起こして、転職活動をしているのか?

上記を見ていくことで、これから実際に転職活動をされる40歳以上の方々の指針となれるのではないか? と考え、記事とすることにしました。

 

 

転職回数

40歳以上の人たちで転職を経験されている方々は、これまでにどの位の転職回数なのか?

下グラフをご覧ください。

 

40歳以上 (正社員・正職員) の転職回数

※リクルートワークス研究所-「ワーキングパーソン調査2014」 より

 

【男性】

まず、男性を見てみると、転職回数1回という人が圧倒的に多く、また、回数を重ねるに従い、一定の割合で減っていくのが特徴です。

転職を経験された方の、平均転職回数は、40歳代で 2.5回 50歳代で 2.4回 という結果でした。

 

この結果は、実は 35~39歳 での結果とほぼ同等 です。

その前、30歳~34歳の転職経験は、「1回」 がほぼ、半数で、20歳代では、7割以上が、転職経験 「1回」 という結果です。

 

上記から何が推測されるか? ということですが、転職経験があれば、必ず 「1回」 以上の経験となる訳ですが、35歳まで、転職経験 1回がの割合が減り続けているということは、年齢を重ねるにつれ、転職を複数回経験していく人が増えている事実 と、35歳までに 職場を安定させる(転職はしなくなる) ということを表しています。

 

やはり、世間一般的に 「転職するなら35歳まで」 という認識が “かなり” 意識されている結果でしょう。

 

【女性】

女性の方は、男性ほど 明確な傾向は見られません。見た通り結構ばらつきがあるな、という印象です。

3回以下であれば、ほぼ同等の割合と見て問題がないと思います。(グラフでは、”2回” が少なめになっていますが、調査のタイミングだけだと思われます。)

平均転職回数は、40歳代・50歳代ともに 3.1回 という結果でした。

 

30歳代前半までの統計では、平均転職回数は男性とほぼ同じでしたが、30歳代後半から、平均転職回数は女性の方が多くなってきます。

考えられる要因は、やはり 「結婚」 ということになると思われます。年齢的に30歳代で結婚される方は現在とても多く、結婚や出産を機に退職されるのでしょう。

男性と比べ、約1回(正確には0.6回) 転職回数が平均で多いということは、上記のように考えると整合が取れます。

 

【転職回数-まとめ】

当ブログでは、以前転職回数に対し、求人元企業が転職の多い人に対しどう思うかを調査したことがあります。

詳細は、上記を取り扱った記事(←リンク)を参照して頂ければと思いますが、やはり感覚として、4回以上は多い と感じます。

面接時に正当な理由を答えられないと、採用のハードルは上がってしまいますので、もし転職回数が多いのであれば、しっかりと転職理由を説明出来るように事前準備が必要 となります。

 

転職経路

続いて、転職経路を見ていきます。

転職された、40歳以上の人たちはどういう経路で、転職したのか? 以下の【男性】より、グラフを交えてご覧ください。

【男性】

下グラフは、40歳以上で転職された方の転職経路(何を介して転職をしたか?)を示したフラフとなっています。(率の高い順にベスト5を掲載)

 

転職経路(正社員・正職員) 40歳以上 男性

※リクルートワークス研究所-「ワーキングパーソン調査2014」 より

 

上記グラフを確認すると、40歳代では、「転職サイト」や「転職エージェント」の利用率が多い です。

これは、非常に良い傾向と捉えます。

転職をされるであれば、転職サイトや転職エージェントの利用がまず 間違いなく一番有効 だからです。

※これらを利用するメリットは別途、専用記事を作成していきます(一部それらについて記載いた記事はリンクで貼っておきます。【ハローワークを利用するデメリットとは?転職するには何を利用する?(←リンク)】)。 

 

また、50歳代ではトップに、40歳代でも3位に付けている 「ハローワーク」 が転職経路としてあります。

ハローワークがいけない訳ではありませんが、ハローワークはあくまで転職経路として補完的スタンスで利用するのが最も良いと考えます。理由は、別記事(←リンク)で詳細にしていますので、そちらを参照して頂ければと思いますが、転職サイトや転職エージェントをメインに活用しながら、ハローワークでも探してみる。

こういうスタンスが重要 と考えます。

 

【女性】

転職経路(正社員・正職員) 40歳以上 女性

※リクルートワークス研究所-「ワーキングパーソン調査2014」 より

 

上グラフが女性の傾向となります。

僕がこの女性の項目で伝えたいことは、男性の項目で記した内容と同じです。

転職するのであれば、ハローワークは補完的スタンスで、あくまで転職先探しは 「転職サイト」 や 「転職エージェント」 を利用するのが最も効率的 になります。

 

【転職経路-まとめ】

既に上記までに記しましたが、改めてまとめると以下となります。

 

転職をする場合、「転職サイト」 や 「転職エージェント」 をメインに利用し、「ハローワーク」 はそれらを補完するために利用する。

 

上記が大切となります。

但し、グラフ上でも表れていますが、もし、家族や知人の紹介で良い転職先が紹介されると、採用率は比較的高まりますので、そういう “コネ” があるのであれば、それらを利用するのは良い手段だと思われます。 

 

 

転職先として検討した会社数

転職をするとき、当然ながら転職先を検討することとなります。

実際に転職した人たちは、どの位の数の企業を転職先として検討したのか?

見ていきましょう。

 

【男性】

まずは、男性を見ていきます。

 

転職先検討会社数(正社員・正職員) 40歳以上 男性

※リクルートワークス研究所-「ワーキングパーソン調査2014」 より

 

上グラフを見て分かるように、1社 及び、10社以上 の検討が多いです。

平均で見ると、40歳代は、15.2社 50歳代は、11.7社 の検討会社数となっています。

平均も交えて見ると、転職先として検討するのには多くの企業を見るのが基本と言えそうです。

 

そんな中、検討会社数が 「1社」 という人が、多くの割合で存在するのは、前項「転職経路」 でも挙げられました 「家族や知人の紹介」 という可能性もあります。

しかし、そのような “コネ” もない中で、1社の検討に留まり転職をしているのだとしたら、それは非常にもったいない な、と感じざるを得ません。

 

【女性】

続いて女性です。

 

転職先検討会社数(正社員・正職員) 40歳以上 女性

※リクルートワークス研究所-「ワーキングパーソン調査2014」 より

 

上記は、40歳以上の女性をみたグラフですが、数字こそ違えど、傾向は男性と一緒 です。

 

【転職先として検討した会社数-まとめ】

転職をする場合、もちろんですが、転職先について検討をされます。

より良い会社へ転職したいであれば、より良い条件はないかと、色んな会社を基本的には検討するのが望ましい です。

少ない企業であれば、視野が狭まりますし、他に良い会社があっても気付くことが出来ません。

 

しかし、年代が年代なので、いつまでも検討してばっかりでは、いつまで経っても転職出来ませんね。

この検討会社数は、30歳代になると、40歳代男性の 「15.2社」 の約1.6倍の 「24.2社」 となります。

30歳代は、「転職は35歳まで」 という通説に背中を押され、真剣により良いところを探しています。

従って、40歳代の方々も転職先として検討される場合、20社~25社 を目安に検討されると、より良い会社に巡り合える と考えます。

 

つまり、この項のまとめは以下となります。

転職先を検討する会社数は、20社~25社を目安にいろんな会社を検討すると良い。

 

本記事を振り返り・・・

本記事では、実際に転職をされている、40歳以上の転職行動を見てきました。

本記事の概略を以下にまとめます。

転職回数
40歳以上でも、転職回数は 3回までに留めたい。4回以上も場合、面接時には転職理由を明確に、そして納得の出来る転職内容で言えなければ、内定の可能性が低くなる。
転職経路
転職をする際、転職サイトや転職エージェントを利用し、ハローワークはそれらを補助するために利用する。
転職先として検討した会社数
転職先を検討する会社は、少なすぎても多すぎてもいけないが、概ね 20社~25社を目安に検討すると良い。

 

上記のような内容で見てきましたが、本記事以外にも、まだまだ タイトルにある 40歳以上の方々の転職行動で見ていきたい項目があります。

従いまして、次回では、本記事の続きとしまして、「40歳の転職の行動実態-2」(←リンク) を見ていきたい と思います。

 

転職をする場合、本記事の 「転職経路」 でも記しましたように、転職サイトや、転職エージェントの利用は必須です。

 

本ブログでは転職先を探すための情報を展開しています。
下記リンク先で、転職サイトや転職エージェントを紹介していますので、大いに活用しましょう。

転職 & 仕事先はココで探そう!!
このページは、仕事を探されている方々のために、各種転職支援サービスを業種毎に厳選して紹介ページへと行けるように作られたページです。 下記の行きたい業種へのページ先で転職支援サービスをご利用ください。 良い転職になることを...

 

以上、うっちゃんでした。。

 

 

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました