40歳以上の転職⇒№2:転職後の年収について

仕事

 

40歳以上で転職を希望される方々のためにシリーズ化している本記事 「40歳以上の転職」 は、今回 2回目となります。

 

下表は本シリーズ記事の目次表となります。

第一回 転職が難しい理由
第二回 転職後の年収について(本記事)
第三回 40歳の転職の行動実態
第四回 40歳の転職の行動実態ー2
第五回 40歳の転職の満足度と失敗談事例
第六回 40歳の転職を成功に近づけるポイント
第七回 求職者に求人企業が求めるもの

 

前回は、40歳以上の方の転職が難しい理由 を書きました。

また、前回の記事の中で、40歳以上の方が転職をするときに次職に求める条件には以下があると説明させて頂きました。

  1. 年収は、最低でも現状水準を維持させたい。
  2. 勤務地は今住んでいるところから、概ね30分以内で通勤可能な場所。
  3. 業種・職種は今までと同じ。
  4. 休みは今までと同等。

 

今回は上記の中で、1.の年収について、クローズアップさせ、転職後の年収はどう変わっていくのか? ここを掘り下げて見ていきます。

また、ここでは、40歳~59歳までの年代に対し見ていきたく思います。

 

 

年収アップ目線の転職について

転職前後の状況として、リクルートワークス研究所が発表している、「ワーキングパーソン調査」 という統計結果があります。

当該発表資料は、2年に1回 調査をし、発表していたようですが、近年は更新発表はされておらず、最新で 2014年度のものとなっていると思います。

従って、その 発表資料を紐解き、以下を確認していく中で、年収アップ目線の転職について考察していきます。

  1. 転職理由
  2. 転職前の役職
  3. 年収

※上記を正社員・正職員の統計データを元に見ていきます。

 

1.転職理由

まずは、なぜ転職をしようと思ったのか?

転職した人たちの、「最も重要な退職理由」 をグラフを用いながら確認していきます。

※本記事は、転職による年収についての記事ですので、他の退職理由については、別記事で詳しく見ていきます。

 

40歳代男性

下グラフをご覧ください。

 

※転職理由 BEST:5-正社員・正職員 40歳代 男性

※リクルートワークス研究所-「ワーキングパーソン調査2014」 より

 

上記グラフを見ると、「賃金への不満」 が、16.1% で一番の理由として挙げられています。

40歳代は、前回の記事(←リンク) でも書いたように、家庭を持ち、お金が必要な時期の方は多いと思われます。

この理由が一番に来た理由としては、年代を考慮すると当然の結果 と考えられます。

 

50歳代男性

続いて、50歳代を下グラフで確認します。

 

※転職理由 BEST:5 (6)-正社員・正職員 50歳代 男性

※リクルートワークス研究所-「ワーキングパーソン調査2014」 より

 

上グラフの50歳代の退職理由を見てみると、40歳代では、トップ理由としてあった、「賃金への不満」 は、6位 となり、賃金への不満は鳴りを潜める結果 となっています。

考えられる要因としては、40歳代では、育児などで必要となっていた生活費・養育費が、50歳代では一段落し、支出が少なっている ことが考えられます。

 

40歳代女性

男性に続きまして、女性ではどうか?

まず、下グラフにて、40歳代女性の退職理由を見ていきます。

 

※転職理由 BEST:5-正社員・正職員 40歳代 女性

※リクルートワークス研究所-「ワーキングパーソン調査2014」 より

 

40歳代女性は、上グラフを見て、意外な結果と感じた方もいるのではないでしょうか?

どちらかと言うと、仕事自体への充実度を優先されているような内容 であり、女性に関しては 賃金に対する執着は男性ほど感じられない 結果です。

考えられる要因としては、結婚は一つ要因 として挙げられると思われます。

共働きが増えている現状はあるのですが、主たる収入は夫であり、妻自身の収入額は男性ほど重要視していない実態は、現実としてあります。

 

50歳代女性

「1.転職理由」 での最後の項目、「50歳代女性」 を見てみます。

下グラフをご覧ください。

 

※転職理由 BEST:5-正社員・正職員 40歳代 女性

※リクルートワークス研究所-「ワーキングパーソン調査2014」 より

 

50歳代の女性は、「労働条件・勤務地の不満」 がダントツの退職理由 となっています。

どちらかと言うと、勤務地よりも労働条件に不満があるのではないかと推測されます。

この年代の女性は仕事に対する熱意が、相対的・平均的に低いと考えられますので、プライベートを重視する傾向が他の年代に比べ強いはずです。

そう考えると、ある程度納得の結果ではないかと思います。

賃金が理由での退職にしても、40歳代女性よりも更に低く、賃金は重要視されていない傾向 が見て取れます。

 

 

1.転職理由 - まとめ

上記まで、転職理由について見てきましたが、本記事のポイントである、「年収」 という観点から以下のことが見えています。

  • 40歳代男性は、転職により年収を上げたいと考えている転職者は比較的多い。
  • 40歳代女性及び、50歳代男女ともに、年収を上げたいから転職をしたい、と考えている人は比較的少ない。

 

2.転職前の役職

次に見ていくものは、転職前の役職です。

以下のグラフをご覧ください。

 

転職前の役職

※リクルートワークス研究所-「ワーキングパーソン調査2014」 より

 

上表を見てみると、転職前に役職に就いていなかった方は、40歳代で 64.7% 50歳代でも 46.4% いる ことが分かります。

また、管理職割合(課長クラス以上)で見てみると、40歳代で 22.8% 50歳代で 43.4% と、やはり それなりに高い割合で、管理職をされている方がいます。特に 50歳代は、40歳代の、約2倍の割合で、管理職率が高い結果となっています。

 

年収という観点からこの項目を考察すると、年代の特性上、上記の通り 「管理職」 は一定数いますが、この 「管理職」 は転職には少し不利 であると思われます。

大多数が 転職により、役職を失うと考えられるために転職後の年収は下がる可能性が高い 、と考えられます。

 

3.年収

続いて、転職前後の年収がどういう水準かを見ていきます。

まずは、40歳代の転職前後平均年収を見て、そのあとに50歳代のそれを見ていきます。

 

40歳代

それでは、まずは40歳代。 下の表をご覧ください。

 

40歳代の年収 転職前年収平均 転職後年収平均
全体 475.9 万円 450.9 万円
男性 556.1 万円 535.3 万円
女性 354.1 万円 322.7 万円

転職前後の平均年収

※リクルートワークス研究所-「ワーキングパーソン調査2014」 より

 

上記は、転職前後での平均年収を示した表になっています。

ご覧の通り、いずれも転職後の年収は下がってしまっています。

男性では、およそ 3%、女性でおよそ 10% 程度の年収ダウンがある ようです。

 

50歳台

50歳代の転職前後での平均年収を見てみます。

下の表をご覧ください。

 

50歳代の年収 転職前年収平均 転職後年収平均
全体 595.9 万円 510.1 万円
男性 707.0 万円 600.2 万円
女性 334.6 万円 298.3 万円

転職前後の平均年収

※リクルートワークス研究所-「ワーキングパーソン調査2014」 より

 

上表を見て分かるように、転職前後の平均年収は、40歳代と比べ、特に 男性で大幅な減少が見て取れます。具体的には 15.1% のダウン率 です。

一方で、女性はというと、40歳代と比べ減少率はほぼ同等の 10.8% ダウン となっています。

 

3.年収-まとめ

「3.年収」 の項目を見てきた結果、年収アップを目的とした転職は、以下の人に対し有効と考えます。

  1. 世間一般に比べ、明らかに年収が低い。
  2. 40歳代である。

 

また、上記  「1.世間一般に比べ、明らかに年収が低い。」 の判断目安は以下を考慮しておかないと、自身の年収が低いのか高いのか分からず、転職により年収を落とす確率を高める 結果となってしまいます。

上記は、別記事でまとめています。上記のそれぞれにリンクを貼っておきますので気になればご覧ください。

 

本記事を振り返り・・・

本記事は、年収アップ目線の転職について、年収への影響を見てきました。

それぞれの角度から見た、それぞれの考察・見解は各項目でまとめてきましたが、全体を振り返り、年収アップという目線で転職を考えたときの結果として、以下にまとめます。

 

以下の条件に当てはまる人は、年収アップを目指す転職を高い確率で成功させられる可能性があります。

  • 40歳代
  • 現職で係長以下の役職または、役職なし
  • 現職の年収が世間に比べ低い。

 

年収を考えた時、上記のまとめは、全体の傾向・統計から自然に出てくる結果であるため、年収アップを目指す場合は、上記を参考にすると良いかと思います。

 

また、転職を検討する場合、ハローワークは より多くの求人を確保するための 「保険」 と捉えることが大切です。決してメインの転職ツールとしないこと です。(理由は 別記事 参照←リンク)

前回 「40歳以上の転職⇒№1:転職が難しい理由」(←リンク) でも記しましたが、あくまでも 転職エージェントや、転職サイトなど、民間の転職サービスを利用するのは必須事項 です。

転職するのならば、それらのサービスを利用することが大前提となりますので、転職を検討する方々は、効率的な転職をするように、民間の転職サービスを利用するようにしましょう。

 

本ブログでは転職先を探すための情報を展開しています。
下記リンク先で、転職サイトや転職エージェントを紹介していますので、大いに活用しましょう。

転職 & 仕事先はココで探そう!!
このページは、仕事を探されている方々のために、各種転職支援サービスを業種毎に厳選して紹介ページへと行けるように作られたページです。 下記の行きたい業種へのページ先で転職支援サービスをご利用ください。 良い転職になることを...

 

次回では、40歳の転職の行動実態」(←リンク)を見ていきたい と思います。

 

以上、うっちゃんでした。。

 

 

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました