派遣社員のやりがい。仕事に求めるものは自分次第ではないだろうか?

仕事

 

派遣で働く人はとても多いが、その内の何人が「やりがい」を見出せているだろうか?

少なくとも、派遣社員というポジションで、仕事にやりがいを得る可能性は高くはないだろう。

それはなぜか?どうすればやりがいを得られるのか? イヤ、そもそもやりがいなどを求める必要はあるのか??

 

 

派遣社員は仕事に「やりがいがない」理由とは??

やりがいを感じる理由は様々だが、それが無くなってしまう理由をいくつかの視点で見ていこう。

 

収入面

派遣社員は派遣元企業に雇用されている。

一方、派遣社員への業務命令権は派遣先企業にあるが、派遣先企業の社員ではないので、当然派遣先の給料形態には準じていない。

従って、周りの同僚が昇給やボーナスをもらっていても派遣社員には、基本的に関係がないので、ボーナスの話題なんかが職場で挙がると、かなりモチベーションが低下する。

実際、地味にツライだろうし、やりがいがなくなる。と言える一つのケースになる。

 

ただ、2020年4月(中小企業では 2021年4月から)から施行される、「働き方改革関連法案」の中で「正規・非正規雇用労働者間の不合理な待遇差の禁止」というものがある。

いわゆる「同一労働・同一賃金」と言うやつだ。

これは、同じ仕事をしているのなら賃金も同じでなければならない、と解釈出来るが、世間でこの法律が施行された後の結果はどうなるのか?どこまで待遇差の是正が進むのか?は、期待する一方で全く不透明な部分もある。

今後の動向を注視する必要はある。

 

責任のある仕事は任せてもらえない

派遣社員は派遣先企業の社員ではない、というのは前述した通りだが、もちろん基本的には昇格(出世)しない。

責任のある仕事は基本的には派遣社員に任せないものだが、やりがいを感じる仕事というものは、往々にしてそういう重要な仕事をこなさなければ感じない。なぜならば、やりがいとは言わば「仕事の達成感」から来ることが多いからだ。

これは、個人の能力の問題ではなく、雇用形態の問題なのでどうしようもないが、達成感を感じることが出来ないのであれば、やはりそれはやりがいがないと言って差し支えないように思う。

 

また、労働者派遣法には 通称「3年ルール」や「5年ルール」と呼ばれるものがある。

このルールのおかげで派遣社員は元々長い期間同じ会社の同じ部署では働けないし、何かと理由を付けられて「派遣切り」の的になるケースも少なくない実態がある。

 

派遣社員が直接雇用されない理由と派遣切りがなくならない理由

 

雑用や単純作業の仕事を任されやすい

仕事は専門的であればあるほど、一人前になるまである程度の期間を要す。

そして仕事とは、経験を積んで、熟練され、何かを達成し「やりがい」を感じる時期は必ず来る。

しかし派遣社員とは、前述した「3年/5年ルール」のせいで、なかなか熟練になることは難しい。そういう制限の中では、やはり企業側としてそういう人間に重要な仕事を任す訳にはいかなくなる。

こうなると、回ってくる仕事は、書類整理・お使い・簡単なデータ入力作業・ライン作業者などなど、誰でも出来るような仕事が回って来やすくなるのは当然にように思えるだろう。

これも、個人能力がどうこういう問題ではなく、派遣という形態がそうさせている。

いずれにせよ、誰でも出来る仕事にやりがいを見出すのは難しいと考える。

 

先ほど、働き方改革関連法案の同一労働・同一賃金に触れたが、上記のようなケースに陥ると、正社員とは労働が違うと判断され、賃金是正には繋がらない可能性がある。

この点については、法律の狙いとは裏腹に、格差是正に繋がらない可能性として今後の懸念点になる。

 

 

仕事にやりがいを求めるかどうかは個人次第

しかしながら、仕事にやりがいを求めなければいけないか? というと、これもまた疑問だ。

仕事に対する思いは人それぞれだが、本記事の主旨からいくと、その想いは概ね2つのケースに分かれる。

 

  1. 仕事はプライベートを成り立たせる、または彩らせるための手段
  2. 仕事にやりがいを求める

 

1.仕事はプライベートを成り立たせる、または彩らせるための手段

この手の人たちにとって、仕事とはお金を得るための手段としか考えていないため、結果的にお金が得られれば問題ない。

仕事は適度にこなし、時間になれば、または仕事が終わり次第早く帰りたいと願う人たちだ。

つまり「やりがい」は仕事ではなく、プライベートに見出している人たちなのだ。

 

もちろん筆者はこの人たちを否定しない。

確かに仕事を立派に人一倍やる人は尊敬され易いし、一目置かれ易い側面はあるが、そこに何の意味があるだろうか?人生は人それぞれ。たった一回の人生だから、人に迷惑を掛けさせしなければ、仕事自体にはやりがいを求めず、ただただ淡々と仕事をし、プライベート時間が来るのを待つ・・・。

こういう仕事との付き合い方は一つの生き方であり、ただ、仕事にやりがいを見出している人とは価値観が違うだけ。

派遣社員だろうが正社員だろうが、仕事にやりがいを見出せなければ、仕事以外でやりがいや生きがいを見つけるというのはとても良いことではないだろうか?

例えば、音楽をやる、バイクや車をいじる(法に触れないように)、ゲームをやりまくる(ほどほどに)、家族との時間を何よりも優先する、など。

これはこれで、十分立派なのではないだろうかと思う。

 

2.仕事にやりがいを求める

仕事にやりがいを見出せている人たちは、とにかく仕事に一生懸命だ。

仕事中、非常に有意義な時間を過ごしている人たちとなる。

上記の「仕事以外にやりがいを見出す」生き方は、筆者の意見としてとても良いと考えるが、仕事場は一日の中でも多くの時間を過ごす場所となるので、仕事にやりがいを得られる方が”より良い”という考え方も出来る。

だが、今まで見てきた通り、この境地に辿り着けるのは、ほとんどが正社員だと言って良いだろう。

やはり仕事には「やりがい」が欲しい!と願うならば、やはり正社員になるのが一番手っ取り早いが、派遣社員が正社員を目指すとなると、ハローワークなどにちまちま通っている程度では、なかなか難しいだろう。

下のリンク先で、効率的な転職活動方法を提案してある。是非参考にして欲しい。

 

転職求職者にとって最も良い転職手法

 

最後に・・・

仕事は生活の糧であり、必ずしも「やりがい」が無ければいけない、なんてことはない。

プライベートに楽しい趣味でも見付けることが出来れば仕事への執着は自然と薄くなっていっても、それは自然なことであるし、仕事に「やりがい」を求めたいという気持ちもまた自然な気持ちだと思う。

つまり、「やりがい」は人それぞれである。

筆者が思うことは、周りの視線ばかり気にして、仕事を無理したりすることは「やりがい」とは少し違うし、それが一番ツライのではないかなと考える。

こういう人は、自分の人生を少しリラックスさせて考えて行こう。

大半の人にとって、それが一番幸せだ。

 

 

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました