トレードには平常心が絶対に必要である

投資

 

あ~もう!全然ダメ!

どうしたの?

ロングしたのに、逆方向に行っちゃって、あ~~!ってなっている内に、これはダメ!ってなって、ショートしたら今度は上に行って、もう!ってロングに切替えたら・・・(泣)

右往左往して損したんだね。

冷静に考えて、ポジションを取ってなかったら、ドテンしたタイミングでショートしたり、ロングしたりしてたと思う?

う~ん・・・。そういえば普段はあんなところでショートしたりしないかな。むしろロングしてたと思うな。

だろうね・・。トレードにはどんな状態でも「平常心」が求められる。その重要性を今日は話していこう。

 

 

トレード中で心が乱れる要因

トレードは自分の資金を投じている。

既に株や FX をやっている人は初心者だった頃を思い出して欲しい。また、これから始めてみようと考えている人は以下のことが間違いなく起こるので心に刻んで欲しい。

 

  • 値動きが気になって仕方がなくなる。

 

上記は、株や FX をやっていれば間違いなく起こる心理状態だ。

何しろ、自分の資金を投じている訳であるから、買ったのに下がったら、それは損失(含み損)になるからだ。

こういう背景の下、現在の値動きが気にならない、という人はいないと断言して良いかと思う。

これは、初心者であればあるほど出てくる現象となる。

 

含み益だったら?

値動きが気になって見てみたら、含み益だった。

これから市場参加していく中で、こういうケースも多く見ていくことになるだろうが、仮にロングポジションで、含み益が発生していた場合、初心者が陥り易い心理状態は以下のものとなる。

 

  • もし、下がったらどうしよう。
  • 下がったらイヤだから少ない利益だけど利益確定(決済)しよう。

 

本来、トレードは「損小利大」を求めていかなければならない。そうでなければ、とても安定・継続した収益を上げ続けることは不可能だ。

もちろん、上記の心理状態は「利大」の妨げにしかならない。

 

含み損だったら?

値動きが気になって見てみたら、含み損だった。

こういうパターンも、もちろん数多く遭遇していくことになる。そして、これが初心者が最も恐れる結果だと思う。

こうなると、大体の初心者は以下の対応を選択する。

 

  • 放っておく。

 

つまり、損を確定させずに値が戻るのを待つというものだ。

この対応は時には功を奏し、早い段階で相場が戻ることもある。その場合は「やれやれ売り」となり、収益はトントンか微損で終わることになるだろう。

しかし、そうやって下落後に戻る相場ばかりではなく、時にはそのままドンドン下落するケースも多々見られる。

こうなってしまうと、含み損は膨らむばかりで「これ以上の含み損の拡大は、資金面からももう無理だ!」というところまで下落してようやく損切りとなる。

 

以上から、個人投資家として長期的に見た場合、「損失を放っておく」ことが常態化するトレード手法でどうなるかはもう分かるだろう。

大幅下落により放っておかれたポジションは、その後に値が戻れば、やれやれ売りとして買値同水準か、若干の損で手じまいする。

  損益:微損

放っておかれたポジションが更なる下落に見舞われたら、意を決した損切り。

  損益:大損

 

つまり、放っておく人は良くて微損で悪ければ大損となるトレードをしていることになる。

上記の 2パターンは微損・大損が結果としてあるが、大損はかなりの資産を毀損するため、「放っておく」トレードの総合成績は、大損という結論しかない。

 

「含み益」「含み損」で対応の問題点

前項までで見た内容での問題は、一言で言うと以下の通りだ。

 

  • 決済するタイミングを感情で決定している。

 

含み益の状態での心理状態は「下がったらイヤだから利益確定しよう。」⇒結果:微益

含み損の状態は、「損を確定させたくないたら、放っておこう。」⇒結果:大損

決済タイミングが感情に流されていては、上記の通り、「損大利小」でしかなく、この言葉通りの行くつく先としては「資金全損」または「借金」となるのは間違いない。

つまり、感情でトレードしている限り、株や FX での成功はあり得ないということが分かる。

このことを絶対に忘れないようにして欲しい。

 

しかし、なぜ感情に流されてしまうのか?なぜ平常心でトレード出来ないのか?

平常心で相場を見ていれば、こんなところで決済したりしないのに・・・。と後から思うことも多いだろう。

この心理状態は、「今の状態より悪くなるんではないか?」という根拠のない不安に襲われるからに他ならない。

この恐怖心が平常心でいることの妨げとなるからこそ、平常心でいることが、どれだけトレードに大切かという事を是が非でも知っておかねばならない。

 

 

平常心でいられない原因と対策

平常心でいられない理由は、前項でも記したように、根拠のない不安があるからだが、なぜ不安になってしまうのかを考えてみたい。

ここに平常心でいられない原因がある。

 

相場がどうなるか見当つかない

この先、相場が上に行くのか?下に行くのか?さっぱり見当もつかなければ値動きには不安しかないのは当たり前だ。

この状態は、含み損になった瞬間に平常心ではいられなくなり「今の損益はどうなった?」と、いちいち確認しなくてはいられない状態に陥る。

これは含み益でも同じだ。

「含み益が含み損に転じていないか?含み益が減っていないか?」といちいち確認していないだろうか?

 

このような人は、まずしっかりと相場の勉強をすべきである。

相場の値動きを予測するためにの手法には、主に今後の経済・経営状況を現在の状況から分析する「ファンダメンタルズ分析」や、相場のチャートから分析する「テクニカル分析」、機関や外国人、個人の売買状況などの現在の需給から株価の方向性を予測する「需給分析」などがあるが、筆者個人的には、初心者の人はまず「テクニカル分析」からしっかり勉強すると良いだろう。

勉強していくと、「こうなったら買おう」「こうなったら売ろう」というある程度の目安が無意識に沸いてくる。その中でしっかりと自分ルールが構築出来れば、トレーダーして十歩も二十歩も前進したと言って良い。

 

上記のようなマイルールを構築している人は、いちいち含み損や含み益で一喜一憂しない。

なぜならば、元々そういう値動きが想定内にあるからで、想定外の値動きをした途端に反対売買でポジションを閉じていくだけとなる。

この域に達することが出来れば、資産を増やし続けることも可能だろう。

 

ポジションが自分の身の丈に合っていない

儲けたいという気持ちだけが先行すると、この失敗をする。

自分の持っている資金に見合ったポジショニングが絶対に必要な投資の世界で、それ以上のポジションを取ると、少しの値動きで精神を蝕んでいく。

こうなってしまうと、想定される下落幅内でもまともな判断など出来ずに、本来切らなくて良い場面で正常な判断が出来ず、大きい損切りをしてしまうことになる。

 

自分に見合ったポジショニングについてスタンダードな指標はないが、値動きでドキドキしてしまう、値動きが想定内でも気になって仕方がない、という場合はあなたの身の丈を超えた大きいポジションを取っている、と判断して良い。そして、想定内の値動きでは全く動じないポジションを心掛けることが重要となる。

慣れてこれば、このポジションの大きさは肌で分かるようになるはずだ。

 

経験が浅い

結局はここが物を言う、ということになります。

実際の相場で経験を積むことで、テクニカルやファンダメンタルズ、ポジションの取り方、外し方なども学んでいくことが出来る。

100回のデモトレードより、1回のリアルなトレード。そのくらい、実際のトレードの経験は重要だ。

 

デモトレードをオススメしない理由

 

しかし、肝に銘じておかねばならないこととしては、せっかく市場に参加しているのにも関わらず、そこから何も学ぼうとしない人は、一向に上達しないということだ。

なぜ、損切りとなったか?なぜ、利益を確定出来たのか?しっかり復習・反省をし、次のトレードに活かしていく。

この繰り返しが非常に大切になるし、これが出来なければいずれ市場から退場することになる。

 

初心者は経験不足が否めない。

経験を積んでいる最中なのに、相場から退場を余儀なくされる人も多いのがこの世界だ。

だからこそ、初めはリスクを最小限に。そんな初心者にうってつけの実際の市場に参加出来て、尚且つリスク 0 で運用出来る方法があるので紹介しておく。

これは FX だが、以下のリンク先で詳細に書いているので、興味あれば活用してみると良いだろう。

 

XM はリスク「0」でのトレードが出来る方法がある

 

最後に。。

トレーダーにとって自分の心が最大の敵となる。平常心を保てなければどんなに高いスキルがあってもダメだということは分かったと思う。

うん。既に身をもって認識済み。

 

他のトレードスキルを高い位置に持っていったとしても、平常心でなければ発揮出来ない。

口で言うのは簡単だが、実戦でこの境地にくるのは実際なかなか難しい。

損切りラインの設定やポジションの大きさ、これらをしっかりとしたマイルールを構築し、実戦で守ることがやはり大事となる。

皆さんのトレード生活が充実することを願っている。

 

 

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました