ハローワークを利用するデメリットとは?転職するには何を利用する?

転職 - 総合

 

転職をするために多くの人が利用する公共職業安定所、通称 ハローワーク

行けば、パソコン上で求人が見れるし、気になった求人には実際に応募が出来ます。

人が欲しい企業側と、職を探す求職者を繋ぐ役割として、昔から利用されてきて、実際にハローワークで職を探し現在の職に就いている人はとても多いはずです。

 

そんな、一見使い勝手が良く、気軽に利用出来、利用者数もとても多いハローワークですが、 利用にはデメリットを理解しておかないといけません。

 

また、ハローワークにデメリットがあるのならば、どうすれば良いのか?

そんなことを見ていきます。

 

 

ハローワークのデメリット

ハローワークは、転職を希望する方のみならず、今までニートとして生活されてきた方、あるいはバイトしかしてこなかった方など、理由は様々ですが、とにかくたくさんの方がいます。

端末も埋まってしまい、行っても見られない。待っていないといけないなど、ハローワークの利用経験者であればそんな光景も見たことがあるでしょう。

 

そんなハローワークですが、利用するの大いに結構ですし、利用出来るものは利用するのが良いのですが、本記事のタイトル通り、デメリットがあります ので、そこはしっかりと理解していきましょう。

 

ハローワークは、大きく分けて以下のような項目に対し、デメリットがあります。

  1. 転職(就職)までの進め方
  2. 企業の質
  3. 相談員の質

 

上記を一つ一つ見ていきます。

 

1.転職(就職)までの進め方

ハローワークでの転職(就職)までは道筋としては、以下の手順で進めていくこととなります。

 

1.ハローワークへ行く。

まず、ハローワークを利用するためには、当然ですがハローワークへ行かなければいけません。

開庁時間は、概ね以下の通りだと思います。

  • 平日:8:30~17:15(曜日により 19:00 までの延長有り、但し場所による)
  • 土曜日:10:00~17:00(場所による)

 

ここでの問題は、仕事をしている人が、ハローワークに出向くには、17:00に終業した後、即ハローワークへ行き、2時間に満たない中で、活動をする必要があるということと、その日は、週に2回しかない。ということ です。

土曜日も開庁していることは評価出来ますが、土曜日のハローワークは、場所によっては人だかりで思うように転職活動や就職活動が出来ません。

また、これも場所によりますが、土曜日にハローワークが開いていないと思っている求職者は多いので比較的空いているという場所もありますが、土曜日という環境上、職員自体が普段の半分くらいしかいないということが多いです。

従って、求人の申し込み等、職員へ話をしたい場合などは ”かなり” 待たされることになります。

 

すなわち、この 「1.ハローワークへ行く」 でのデメリットは以下である ということです。

現職で働いている方にとっては、求人を探すだけでとんでもない時間が掛かることを覚悟しなければならない。

 

上記デメリットがデメリットでないという人は、既に職を失っている方のみです。

 

2.求職の受付~求人応募

ハローワークには、具体的に以下の手順があります。

 

2-1.求職の受付

窓口へ行き、求職者であることを伝え、「求職申込書」 にて手続きをします。

 

2-2.ハローワークカード発行

受付を済ますと、「ハローワークカード」 の発行を受けることが出来ます。

このカードを持っていないと、端末での求人検索や、相談員への相談や求人の応募などのハローワークのサービスを受けることが出来ません。

 

2-3.求人の検索 と 求人応募

端末で、求人を探し、自分の希望する待遇での求人が見つかれば、それに応募することとなります。

 

ここでの問題は、やはり現職がある方 となります。

転職をされる方の中には、上記 「1.ハローワークへ行く」 も同様ですが、「良いところがあったら、転職しよう。」 と考えている人は多いはずです。

むしろそうすべきです。

そうでなければ、次の職場が見付からなかった場合に職が無い! というリスクが高いからですが、ハローワークは現職で勤めている方に基本的には求人を紹介してくれない。と考えておいた方が良いです。

在職中にハローワークに行ったり、求人を探すなどの利用は問題ありませんが、いざ求人に応募しようとすると、少なくとも、いつ現職を辞める予定か? というのはほぼ間違いなく聞かれる ことでしょう。

 

すなわち、この 「2.求職の受付~求人応募」 でのデメリットは以下である ということです。

現職で働いている方にとっては、離職時期を明確にしておかないと求人に応募出来ない可能性が高い。

 

上記デメリットがデメリットでないという人は、「1.ハローワークへ行く」 同様、既に職を失っている方のみです。

ここまでで僕個人的には、現職で勤めている以上、ハローワークで転職先を探すのはほ、ほぼ無理なのではないか? と考えます。

 

その他のデメリット

この、「1.転職(就職)までの進め方」 では、上記までが大きなデメリットですが、実は以下の点もデメリットとして挙げることが出来ます。

ハローワークへ行かなければいけない。

 

上記は、現職がある人も無い人も共通して言えるデメリットとなります。

 

2.企業の質

ハローワークのメリットの一部としては以下が挙げられます。

  • 求人数が多い。
  • 地元企業の求人が多い。

 

上記は紛れもなくハローワークの強みであります。

こういう面ではハローワークを利用する意味はあるのですが、求人を出している企業自体に問題がある場合がありますので、注意が必要 です。

 

ハローワークは元々、求人を出す企業側からも掲載料などは求めていません。

従って、求人を出す企業側もタダで、求人を出すことが可能です。

求職者視点では、ここに問題があります。

 

具体的には、「①業績の悪い企業も求人を出せる。」 ことと、「②零細企業も求人を出せる。」 ということです。

 

①業績の悪い企業も求人を出せる。

求人情報を見ただけでは、なかなかその求人元の企業の経営状況などは見えません。最悪、自転車操業企業、大赤字企業である可能性だって 「0」 ではありません。

 

仮に再就職先としてこのような企業に運が悪くも当たってしまった場合、せっかく 再就職先を見つけ、これからは頑張ろう! と考えていたとしても、就職した矢先にまた無職。なんていう事態もあり得る 訳です。

 

②零細企業も求人を出せる。

零細企業が悪いとは言いませんし、零細企業あってこその大企業ですが、それらの企業を厳しく見た場合、以下の弱点があります。

  • 統計的に年収が低い。
  • 零細であるが故に、景気変動に弱く将来への安心度が低い。

 

以下のグラフをご覧ください。

 

企業規模別平均年収

※国税庁-「平成28年分 民間給与実態統計調査」 より

 

上記グラフは、年齢別の平均年収を取り上げた記事 で扱ったグラフで、下記の引用分はその時に書かせて頂いた文面となります。

 

上記グラフを見てみると、20歳代前半では、ほとんど差がありません。

スタートこそみんな一緒ですが、20歳代後半より差が出始め、その差はどんどん広がっていきます。

5,000人以上の企業で見ると、50~54歳 平均年収は、900万円以上 となっているのに対し、1~4人の事業所勤めの同年代の年収は、500万円 程度と とんでもない格差 があります。

当ブログ-「平均年収・中央値は?今度は年代別でまとめてみたよ。」 より引用

 

上記引用分を読んで頂くだけで、零細企業の給与待遇が低い ということは伝わるかと思います。

 

続きまして下記グラフをご覧ください。

 

従業員規模別の総倒産件数に対する倒産率(2017年集計結果)

※㈱帝国データバンク より

 

上記グラフは、企業の従業員規模別の2017年1年間の総倒産件数に対する倒産率を示したグラフとなっています。

グラフを見て分かるように 倒産してしまう企業は圧倒的に従業員 10人未満の零細企業 となっています。

続いて、50人未満の企業に倒産率が多いという結果になっていますが、規模の小さい企業になればなるほど、倒産する割合が大きくなります。

本記事を執筆時点では 2018年が終了していない為、2018年の集計結果は掲載していませんが、現時点では上記グラフ(2017年)とほぼ同等の数字が出ています。

そして、この傾向は今後も続いていくと推測されます。

 

※上記グラフは、あくまでも 2017年に倒産した企業の内訳です。規模の小さな企業に就職したからといって、上記グラフで示す確率でその企業が倒産する訳ではない、ということはご理解ください。誤った認識を与えないために、申し上げさせて頂きます。

 

「2.企業の質」 デメリットまとめ

上記まで見てきた中で、ハローワークのデメリットはもう既にお分かりのことと思いますが、改めて示させて頂くと下記の通りとなります。

企業の規模の小さい求人に応募することで、世間と比べて年収的に不利になるだけでなく、倒産して再度無職化する危険性が高まる。ハローワークにはそういった求人がないとはいえない。

 

人間社会で生活するためには、お金が必要という絶対的なルールがある中で、上記は非常に怖いことです。

 

 

3.相談員の質

後述しますが、ハローワークは、民間の転職サービスと違って、営利目的の施設ではないので、何が何でも求職者に職を得てもらう必要がありません。

これは、求職者が就職しようがしまいが、ハローワークの職員の給料には何の影響もないことになります。

求職者の就職に協力はしてくれますが、常に受け身な訳で、求職者独自で全て動かなければ全く進展がない ということです。

 

上記のような環境・状況から、ハローワークの職員の一部の人には、やる気を疑う人がいるのも事実ですし、そういう方は相談も適当になりがちです。

求職者側からしたら、迷惑千万、転職・就職活動の妨げにしかなりません。

もちろん、上記は一部の方に限定されますが、利益が発生しないシステム上、職員も事務的なのがハローワークのデメリット と言えるでしょう。

 

すなわち、この 「3.相談員の質」 でのデメリットは以下である ということです。

相談員の方の対応が事務的であり、求職者へ何が何でも就職させるという姿勢はない。更には一部の相談員にはやる気がなく、求職者にとって、妨げにしかならない。

 

上記は、ハローワークの特性上、どうしてもこうなります。

 

効率的に進める転職方法

ハローワークにデメリットがあるということであれば、求職者、特に在職中の求職者はどうすれば良いのか?

 

求職者は個々、様々な理由で転職をしたいのですが、共通して言えることは、「出来るだけ良いところに行きたい」 ということです。

そのためにも効率的に事を進める必要があります。

 

具体的には、転職サイトや転職エージェントなどの転職支援サービスの利用を検討すべきであり、そのための利用の仕方は、ここではボリュームが大きいため、以下のリンク先で詳細にしてあります。

 

効率的かつ確実性を高める失敗しない転職活動の進め方

非正規が正規になるための転職支援サービス使い倒し法

 

仕事は人生において非常に重要な位置にあります。仕事をしなければ生活出来ません。少しでも転職が頭によぎっているのなら、上記リンク先の要領で進めてみましょう。

 

下記に少し転職サイトや転職エージェントの利用する理由を記載しておきます。

 

民間の転職サービスを利用する

現代の社会でインターネットはもはやなくてはならないツールとなってだいぶ時間が経ちました。

転職などの仕事の情報も例外ではありません。

転職など仕事を探す上でも、やはりネットを駆使するのが最も効果的で、なおかつ民間の転職サービスを利用するのが良いです。

 

民間の転職サービスを利用するメリット

民間の転職サービスは、求職者にとって非常に都合が良い存在です。

その理由は、民間の転職サービスの運用システムにあります。具体的には以下のような理由で利用するメリットがあります。

  1. 民間の転職サービスは求職者が就職することで利益を享受出来る。
  2. 求人を出す企業が優良企業が多い。
  3. 仕事を続けながら転職活動が出来る。

 

1.民間の転職サービスは求職者が就職することで利益を享受出来る。

民間の転職サービスは、ハローワークとは異なり、当然ながら 営利目的 でサービスを展開しています。

 

民間の転職サービスが利益を得るには、人が欲しい企業を募り、求職者を集め、企業側へ就職させていくことで、求人元企業からその求職者の年収の 30%程度の報酬を受け取る ことで成り立っています。

ですので、転職サービスを展開する会社は、求職者に就職してもらわないとその人に掛けた人件費やら何やらの経費は全て赤字 になります。

従って、求職者には何とか就職してもらう必要があり、だからこそ質の良い求人を大量に扱ったり、厚遇でもって対応する ことで求職者の評価を得ようと必死に頑張っているのです。

 

上記が、ハローワークと大きな違いのある一つであり、民間の転職サービスを利用する大きなメリットの一つです。

 

2.求人を出す企業が優良企業が多い。

前述したように、人が欲しい企業が民間の転職サービスに求人を出し、希望通り人を確保(就職)出来た場合、求人を出した企業は民間の転職サービスを展開する会社へ、就職した人の年収の3割程度の報酬を支払わなければいけません (例:年収500万円の人を雇えた場合、150万円ほど支払う)。

そうなりますと、赤字企業などは少しでも支出を抑えたいという状況であるため、このようなサービスを利用することが出来ない状況にある訳です。

従って、このような転職サービスを利用する企業は、そもそも経営が健全で人の募集に経費を掛けられる企業に限られます。

 

このような背景の下、民間の転職サービスに掲載される求人は安心が出来る という訳です。

 

3.仕事を続けながら転職活動が出来る。

民間の転職サービスは、そのサイトへの登録から始まりますが、基本的に スマホ一つで転職・就職活動が可能 です。

これは、仕事を続けながらの活動が可能だということを示していますので、現在仕事に就いている方は確実にこのようなサービスを利用されるのが良いと考えますし、これ以外にスムーズに転職活動が出来る方法はない と思われます。

 

民間の転職サービスを利用するメリット まとめ

転職などで仕事を探す場合、やはり民間の転職サービスを利用するのが良い、と上記で示しましたので、そのメリットをここでまとめておきましょう。

 

  • 民間の転職サービスを展開する会社は、発生する利益のシステム上、求職者には厚遇でもって対応し、就職してもらわなければいけない為、求職者にはそれがメリットとして効果を出す。
  • 募集企業は人を雇うことに成功した場合の支出を考慮すると必然的に優良企業が多くなる。
  • 求職者は、スマホ一つで転職活動が可能な為、現職を続けながらの転職活動が可能。

 

転職・就職活動は、民間の転職サービスの利用を検討するのが最も効率的です。

 

最後に・・・

転職など、仕事を求める人に愛されてきたハローワークですが、現在の社会においては、ネット上で展開される、民間運営の転職サービスを主軸にハローワークは補完的利用が最も良いのではないかと思っています。

また、民間運営の転職サービスは求職者を就職させたいため、利用度は大きいですが、就職が約束されている訳ではありません。その意味でも、利用できるものは全て利用するという意気込みでハローワークも見ていくとより、就職率が高まるものと思います。

 

以上、うっちゃんでした。。

 

 

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました