人と関わりあう仕事がイヤな人に勧める業界

転職 - 総合

 

仕事は大なり小なり人と関わりあうものですが、業種によってはガッツリ関わり合うことも多いです。

だけど、人と関わるからこそストレスになることもあります。中には人と話すだけで もはやストレスに感じる人もいます。

仕事しなければ生活は出来ない。だけど人との関わりは最小限にしたい。という人に合った業界はどんな業界なのか?

 

 

人と関わり合いのある仕事

 

冒頭記したように、仕事をする以上大なり小なり人と関わり合うのは仕方がないです。

全く人と関わらない仕事などないと考えておいた方が良いでしょう。

ですが、この程度と言うと業種・業界によって異なります。

 

人と「ガッツリ」関わり合う仕事としてはどんな仕事があるでしょうか?それを考えたとき、下記に列挙する業種は人との関わりが仕事と言って差し支えない業界ではないでしょうか?

  • サービス業
  • 宿泊業
  • 金融・保険業
  • 不動産業
  • 教育・学習支援業
  • 医療・福祉
  • 小売業

 

上記の中でも人との関わり合いがより深い・浅いがあるかと思いますが、他の業界に比べ比較的「ガッツリ」人と関わり合う業界かと思われます。

つまり、人との関わり合いに嫌気が指している人で上記業界に属する人はそれだけで他人より多くのストレスを抱えてしまうということです。

 

ストレスを抱えること

ストレスは自分が意識しない内にだんだんと少しずつ身体を蝕んでいくやっかいなものです。

 

ストレスを受ける環境に永くいると、脳の中で偏桃体が活発に活動し、肥大化すると言います。

この状態になると少しのストレスでも身体が過剰反応し、ストレスホルモンが分泌され自律神経や臓器自体に悪影響を及ぼします。

特に厄介なのが、我慢の伴うストレスで、今回のような「人との関わりがイヤ」というような人は特にこのケースに当てはまります。

これら、ストレスホルモンは脳の海馬の神経細胞を破壊することが分かっているとのことなので、よく仕事上の原因でうつを発症する人の海馬調べると委縮しているのが分かります。

 

また、他の病気の観点からこれらストレスホルモンを調べると、ストレスホルモンはATF3遺伝子スイッチをON状態にするという。

これはどういうことかと言うと、免疫細胞ががん細胞への攻撃を行わなくなるといいます。

乳がん患者調査では、1年後の生存確率は ATF細胞ON患者は 45%、OFF患者は 85%であったらしいでし。

※上記情報ソース:あなたを殺してしまうキラーストレスの恐怖

 

上記のように、仕事の悩みは慢性的なストレスを生むため、「イヤだ」と明確に認識しているのであれば、その対策は急務と考えます。

 

ストレスチェック

アメリカの心理学会ではストレスに対し対策を5つ勧めています。

  • ストレス原因を避ける
  • 運動
  • 笑う
  • サポートを得る
  • マインドフルネス

※マインドフルネスについては別記事にて詳細に紹介します。

 

上記のような対策を取ることが効果的とされています。

 

また、自身がどれだけストレスを抱えているか簡易的に調査出来るものがありましたので紹介しておきます。

下記のリンク先で出来るストレスチェックは「ライフイベントストレスチェック」なるもので、点数が 260点以上の人はストレスを抱えており要注意段階にある人。300点を超える人は病気になる可能性の高い人。だということですので、自身のストレスがどの程度にあるかきになる方はチェックしてみましょう。

 

NHKスペシャル「シリーズ キラーストレス」- NHK
ストレスが私たちの体にどんなことを引き起こすのか明らかに!そのリスクからどうやって体を守るのか?2回連続でお伝えします。

 

人と関わり合いの少ない業界

「人との関わり合いが比較的少ない業界」は下記が考えられます。

  • 建設業
  • 製造業
  • 運輸業

 

上記に上げた以外でも比較的人との関わり合いが少ない業界はありますが、上記はその中でも少ない部類になるかと思います。

特に製造業なんかは、ライン作業に従事出来れば、仕事中に人と会話することはほぼありませんし、休憩中も一人で休憩する人も多い業界ですので、精神的にはかなり楽になりますし、給料も業界全体に比べ悪くありません。

 

業種別の平均年収

 

人との関わり合いが難しいと感じている人は上記業界を是非検討してみましょう!

 

 

転職方法

ストレスを抱え込み過ぎると病気になってしまうのは目に見えています。

今後も永い人生が待っていますので、そういう事態にならないことが最も理想となります。

そうなると、最も手っ取り早いのが「転職」となるでしょう。

 

ですが、転職に至る方法を間違えると「転職失敗」という結果になり兼ねないので注意が必要です。

転職をするとなると一番頭に浮かぶ転職ツールは「ハローワーク」です。

確かにハローワークは地元企業に強いというメリットがありますので、それなりに利用価値はあるのですが、それよりもデメリットの方が多くあるのがハローワークです。

 

ハローワークを利用するデメリット

 

どうせ転職するのであれば理想の転職に近づけたいのが本音です。そのために利用する転職ツールは間違いなく、転職支援サービス(転職サイトや転職エージェント)となります。

 

転職サイト

転職サイトを利用するのなら、スカウト機能付きの転職サイトが最もオススメ です。
スカウト機能付きの転職サイトであれば、自身で求人を探す通常の用途の他に、求職者に興味を持った企業からオファーをいう形で求人情報を受け取れます。

このケースで受け取った求人は通常の求人よりも採用率が高くなる傾向があるだけでなく、求人自体が「非公開求人」であるケースも非常に高いです。

 

「転職サイト」とはどんなところ??

 

そのようなサービスを展開する転職サイトの中でも、業界最大手リクルートキャリアが展開する【 リクナビNEXT 】が、求人数・実績などを勘案して最もオススメ出来ます。

 

転職サイトに限ってはここだけ押さえておけば問題ありません。

 

リクナビNEXT 】へ行ってみる

 

良質転職エージェント3選

転職活動をする際、最も効果的に進められる方法が、この転職エージェントの利用 です。

 

「転職エージェント」とはどんなところ??

 

筆者が最も良質だと考える 3社の転職エージェンを下記に示します。

 

パソナキャリア
特徴 求人数は40,000件以上と業界内でも多くの求人を扱っている業界大手の一つで、この内の8割ほどが非公開求人と多くの良質案件を抱える。
エージェントの対応の評価が高く、転職経験者はもちろん初めての転職者でも利用し易い転職エージェント。
扱う年齢幅も広く、20歳代前半~40歳代後半までの転職希望者に対応出来る。
エージェントの質、扱える年齢幅を総合し、最も利用価値が高いエージェントの一つ。
特にIT系に強い傾向があるが、IT以外にも扱う求人数が多いため、あまり気にする必要はない。
オススメの層 24歳~49歳の全ての求職者
総合オススメ度
5
リンク    【パソナキャリア】

 

マイナビエージェント
特徴 ここも業界大手の一つ。
求人数はパソナキャリアよりも見劣りする 25,000件強 というところ(内20,000件ほどが非公開求人)。
マイナビエージェントはパソナキャリア同様に「エージェントの対応が良い」という一定の評判があるため、求人の数より「エージェントの質」という点で利用したい。
特に20歳代~30歳代の転職に力を入れており、若い世代にとっては更に利用価値は高い。その上女性エージェントも比較的多く在籍している関係上、女性転職希望者にも一定の人気がある。
オススメの層 20歳代~30歳代・第二新卒
総合オススメ度
4.7
リンク (準備中)  

 

リクルートエージェント
特徴 転職サイトの「リクナビNEXT」同様、業界最大手リクルートキャリアが運営する転職エージェント。求人数は、25万件以上。その内の約9割が非公開求人というとんでもない求人数を扱う転職エージェントで、必ず利用の検討をするべきエージェントだと言える。
求職者が求める職場がここにないという方が稀。
但し、リクルートエージェントは、ノルマが厳しいことで有名であることも理由の一つと考えられるが、エージェントによっては、やや強引に転職させようとする人がいる可能性は比較的高い。口車に乗せられて転職することがないように自分をしっかりと持っておくことも必要。
オススメの層 全ての求職者
総合オススメ度
4.2
リンク    【リクルートエージェント】

 

数ある転職エージェントの中でも上記3エージェントは利用価値が高く、最もオススメ出来るエージェントです。

 

3社全てに登録し、各転職エージェントの質を確認。その後、一社に絞って転職支援を受けるのが最も効率的であり、最も理想の転職に近づける方法であることは間違いありません ので、そのような利用方法を当然オススメする訳ですが、「3社も登録するのはちょっと・・・2社くらいがいい。」という人のために、タイプ別に2社をマッチングさせてみました。

下表にまとめましたので、ご参考にどうぞ。

 

タイプ別 利用転職エージェント
1 2
20歳代~30歳代 マイナビエージェント パソナキャリア
40歳以上 パソナキャリア リクルートエージェント
人の意見に流され易い人 パソナキャリア マイナビエージェント
自分の意見をしっかり言える人 リクルートエージェント パソナキャリア
キャリアアップを
目指したい人(20歳~34歳)
マイナビエージェント リクルートエージェント
キャリアアップを
目指したい人(35歳~39歳)
パソナキャリア リクルートエージェント

 

下記記事では、転職を検討する人はどういうことに行動すれば良いかをまとめています。

 

効率的かつ確実性を高める失敗しない転職活動の進め方
ここでは、転職の進め方に迷っている人に対し、効率的かつ確実性を高める転職活動の進め方を示していきます。ここを一読されれば、あなたが次に起こすべき行動は自ずと見えてくると思います。

 

最後に・・・

人との関わり合いがイヤだという気持ちは自分もよく分かります。

だからこそ、そんな状況を脱して欲しいとの思いからこの記事を書いています。

本記事で記した内容は該当者にとっては大切な情報だろうと思いますので、あとは自身の行動で打破していきましょう。

 

人生が変わることを祈っています。

 

以上、うっちゃんでした。

 

 

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました