人と関わりあう仕事がイヤな人に勧める業界

仕事

 

仕事は大なり小なり人と関わりあうものですが、業種によってはガッツリ関わり合うことも多いです。

だけど、人と関わるからこそストレスになることもあります。中には人と話すだけで もはやストレスに感じる人もいます。

仕事しなければ生活は出来ない。だけど人との関わりは最小限にしたい。という人に合った業界はどんな業界なのか?

 

 

人と関わり合いのある仕事

 

冒頭記したように、仕事をする以上大なり小なり人と関わり合うのは仕方がないです。

全く人と関わらない仕事などないと考えておいた方が良いでしょう。

ですが、この程度と言うと業種・業界によって異なります。

 

人と「ガッツリ」関わり合う仕事としてはどんな仕事があるでしょうか?それを考えたとき、下記に列挙する業種は人との関わりが仕事と言って差し支えない業界ではないでしょうか?

 

  • サービス業
  • 宿泊業
  • 金融・保険業
  • 不動産業
  • 教育・学習支援業
  • 医療・福祉
  • 小売業

 

上記の中でも人との関わり合いがより深い・浅いがあるかと思いますが、他の業界に比べ比較的「ガッツリ」人と関わり合う業界かと思われます。

つまり、人との関わり合いに嫌気が指している人で上記業界に属する人はそれだけで他人より多くのストレスを抱えてしまうということです。

 

ストレスを抱えること

ストレスは自分が意識しない内にだんだんと少しずつ身体を蝕んでいくやっかいなものです。

 

ストレスを受ける環境に永くいると、脳の中で偏桃体が活発に活動し、肥大化すると言います。

この状態になると少しのストレスでも身体が過剰反応し、ストレスホルモンが分泌され自律神経や臓器自体に悪影響を及ぼします。

特に厄介なのが、我慢の伴うストレスで、今回のような「人との関わりがイヤ」というような人は特にこのケースに当てはまります。

これら、ストレスホルモンは脳の海馬の神経細胞を破壊することが分かっているとのことなので、よく仕事上の原因でうつを発症する人の海馬調べると委縮しているのが分かります。

 

また、他の病気の観点からこれらストレスホルモンを調べると、ストレスホルモンはATF3遺伝子スイッチをON状態にするという。

これはどういうことかと言うと、免疫細胞ががん細胞への攻撃を行わなくなるといいます。

乳がん患者調査では、1年後の生存確率は ATF細胞ON患者は 45%、OFF患者は 85%であったらしいです。

※上記情報ソース:あなたを殺してしまうキラーストレスの恐怖

 

上記のように、仕事の悩みは慢性的なストレスを生むため、「イヤだ」と明確に認識しているのであれば、その対策は急務と考えます。

 

ストレスチェック

アメリカの心理学会ではストレスに対し対策を5つ勧めています。

 

  • ストレス原因を避ける
  • 運動
  • 笑う
  • サポートを得る
  • マインドフルネス

 

上記のような対策を取ることが効果的とされています。

 

また、自身がどれだけストレスを抱えているか簡易的に調査出来るものがありましたので紹介しておきます。

下記のリンク先で出来るストレスチェックは「ライフイベントストレスチェック」なるもので、点数が 260点以上の人はストレスを抱えており要注意段階にある人。300点を超える人は病気になる可能性の高い人。だということですので、自身のストレスがどの程度にあるかきになる方はチェックしてみましょう。

 

NHKスペシャル「シリーズ キラーストレス」- NHK
ストレスが私たちの体にどんなことを引き起こすのか明らかに!そのリスクからどうやって体を守るのか?2回連続でお伝えします。

 

人と関わり合いの少ない業界

「人との関わり合いが比較的少ない業界」は下記が考えられます。

 

  • 建設業
  • 製造業
  • 運輸業

 

上記に上げた以外でも比較的人との関わり合いが少ない業界はありますが、上記はその中でも少ない部類になるかと思います。

特に製造業なんかは、ライン作業に従事出来れば、仕事中に人と会話することはほぼありませんし、休憩中も一人で休憩する人も多い業界ですので、精神的にはかなり楽になりますし、給料も業界全体に比べ悪くありません。

 

業種別の平均年収

 

人との関わり合いが難しいと感じている人は上記業界を是非検討してみましょう!

 

 

何れにしても、仕事は重要です。

あまりに自分に合っていない仕事は身体を壊す原因になるだけですし、そもそも仕事は人生において非常に長い期間に渡ります。

たった一度の人生をどう渡り歩いていくか?

そのために、転職が一つの方法として存在するのは認識しておきましょう。

 

転職求職者にとって最も良い転職手法
効率良く、そして最も良い転職となるべく、厳正に検討して書いています。あなたの転職が最も良い形で出来るように願っています。

 

最後に・・・

人との関わり合いがイヤだという気持ちは自分もよく分かります。

だからこそ、そんな状況を脱して欲しいとの思いからこの記事を書いています。

本記事で記した内容は該当者にとっては大切な情報だろうと思いますので、あとは自身の行動で打破していきましょう。

 

人生が変わることを祈っています。

 

以上、うっちゃんでした。

 

 

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました