「介護職」の仕事を探そう!

その他

 

ここでは、「介護職求人」 を出している転職支援サービスをご紹介致します。

 

介護関係の代表的な資格には概ね以下のような資格があります。

  • 介護職員初任者研修
  • 介護福祉士実務者研修
  • 介護福祉士
  • ケアマネジャー
  • ヘルパー1級・2級

 

上記の資格を有しており、介護職の仕事を探している方は、是非活用してみてください。

特に、介護福祉士 の資格を持っている人は、需要も高く給料も比較的高い設定される傾向にありますので、このような転職支援サービスを介すことで、ご自身の希望により近づいていくことと思います。

 

「介護職」仕事先探し

介護JJ

 

上のサイトは、「介護JJ」 という転職支援サイト になります。

リンク:介護・福祉の転職サイト『介護JJ』  は、こちらから行けます。

 

特徴

サービス分類 転職エージェント
求人の守備範囲 全国
非公開求人の有無 有り
サポート体制 有り ※1
サービス利用料 無料
 
※1:サポート体制-有り

転職エージェントです。当然ながら、「介護JJ」 へ 登録することで、以下のサポートを受けることが出来ます。

  • 非公開求人の紹介を受けることが出来る。
  • 求人内容について、求職者の代わりに企業側へ代理問い合わせ。
  • 面談/面接の日程を求職者の代わりに企業側と調整。
  • 履歴書の添削・面談/面接のコツの指導。
  • 給料/休日などの労働条件を求職者の代わりに代理交渉。

 

特筆事項

また、この 「介護JJ」 から転職されると、何と! 「就職支援金」 と題して、祝い金を受け取ることが出来ます。

具体的には下表の条件に対応した金額を受け取れます。こういう臨時収入はとても嬉しいものです。忘れずに申請しましょう。

申請自体は 「介護JJ」 のホームページから申請可能ですが、一部の求人では、この 就職支援金の対象外になっている求人がありますので、応募する前には確認しておきましょう。

また、転職後 「3ヶ月後・6ヶ月後」 のアンケートに答えてくれた方で、就職支援金を申請された方が対象となりますので、絶対に忘れずに手帳にでも書いておきましょう。

 

転職後の想定年収 支給額
500万円~ 最大 20万円
400万円~ 最大 7.5万円
300万円~ 最大 3.5万円
200万円~ 最大 2.5万円

 

リンク:介護・福祉の転職サイト『介護JJ』  は、こちらから行けます。

 

マイナビ介護職

 

上のサイトは、「マイナビ介護職」 という介護の特化した転職支援サイト になります。

リンク:「マイナビ介護職 」へはこちらから行けます。

 

特徴

サービス分類 転職エージェント
求人の守備範囲 エリア有り ※1
非公開求人の有無 有り
サポート体制 有り ※2
サービス利用料 無料
 
※1:求人の守備範囲-エリア有り

この 「マイナビ介護職」 は、東京・神奈川・千葉・埼玉・群馬・栃木・茨城・岐阜・静岡・愛知・京都・大阪・兵庫 のエリア で介護職の求人情報を主に扱っております。

エリアが限定されている場合、そのエリアには逆にめっぽう強いという特徴が言えます。このエリアでの就職や転職を希望する方は、ここをまずは登録しておくのが無難です。

 

※2:サポート体制-有り

上記 「介護JJ」 同様に、この 「マイナビ介護職」 へ 登録することで、以下のサポートを受けることが出来ます。

  • 非公開求人の紹介を受けることが出来る。
  • 求人紹介を受ける際、ヒアリングと称し、求職者の要望を面談にて聞き入れてくれます。(地方など遠い方などは、電話やメールでも面談同様のヒアリングを実施してくれる。)
  • 求人内容について、求職者の代わりに企業側へ代理問い合わせ。
  • 面談/面接の日程を求職者の代わりに企業側と調整。
  • 履歴書の添削・面談/面接のコツの指導。または、練習なども実施してくれます。
  • 給料/休日などの労働条件を求職者の代わりに代理交渉。

 

特筆事項

このサイトは、転職業界では最大手の一つ「マイナビ」が運営 しているため、転職への実績は申し分ありません。

また、この 「マイナビ介護職」 は、定着率の低い企業は紹介対象から外している ため、転職後の離職率は比較的に元々低い 傾向があります。

すなわち転職に失敗する可能性が低いということです。僕 個人的にはこのサイト側のポリシーは特筆に価すると感じます。

 

リンク:「マイナビ介護職 」へはこちらから行けます。

 

最後に・・・

今の職場から転職したいという方の理由は様々ですが、自分ひとりで転職先を探すということで確実に言えることがあります。それは・・・

  • あまりに非効率
  • 自分の希望する職場に出会える可能性はかなり低い

ということです。

 

今はネット社会であり、転職をサポートするサービスがあります。今はそのサービスを受けての転職活動は主流となりつつあります。

その理由はやはり、

  • 効率的
  • 自分で探すのでは巡り合えない求人に出会える可能性が高まる

ということが言えます。

 

転職を考えてる人は是非このようなサービスを利用し転職されることをオススメ致します。

 

以上、うっちゃんでした。。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました