35歳以上で新しく仕事先を探すのは無理ではない4つの理由。

転職 - 総合

 

世間一般的に良く言われる、転職の 「35歳限界説」 は本当なのか?

 

今回は、この辺りにスポットを当てて 「決して、新しく仕事を探すのにあたり、35歳は限界ではない」 という理由を示させて頂く中で、現在35歳以上で転職を考えている方は、必要以上に転職を恐れることなく、一度しかない人生をより良い環境での仕事が出来るように、そのための第一歩を強く踏み出せるような記事になればと思います。

 

 

35歳以上ではなぜ新しい仕事先を探すのが難しいと言われるのか?

 

本記事のタイトルと相反する、と思われるかも知れませんが、35歳以上で新しい仕事先を見つけることは、やはり比較的難しくなるのは事実 であります。

その事実とはすなわち、35歳以上で新しい仕事先を探すデメリット と考えて相違ないですが、まずは そこを理解することが重要 となります。

 

ここからは、その 35歳以上で新しい仕事先を探すデメリット を、各項目ごとで見ていきます。

 

①給料面

本サイト内の過去記事でも、実は35歳までの転職を推奨した経緯があります。

その理由は、その記事(すぐ下にリンクを貼っておきます。)を見て頂ければ分かりますが、一言で言えば 35歳以上での転職は 比較的給料が転職前に比べて上がりにくいこと を理由としています。

 

転職を繰り返すのが良くない理由。回数は何回までなら許容範囲か?
転職を繰り返してしまう人は少数派ながらいらっしゃいます。 想像に難くないわけですが、転職を繰り返してしまうのは、良くありません。 それではなぜ? 転職を繰り返してはいけないのか? どんなデメリットがあるのか? また、転職回数には、許...

 

上記リンク先の記事で書かれているように、景気は波を持つ中で、特に景気減退期には 30歳台後半で転職後の給料は前職よりも下がった人の方が多い※注1 という現実があります。

※注1:景気回復期では、30歳台後半でも、転職後の方が給料が上がったという人の方が多くなります。

 

この給料面の事実は、景気に左右される前までに(35歳までに)転職することが望ましいことを示しています。

 

☆35歳以上で新しい仕事を探すデメリット・・・給料面では、転職前後の給料は、上がる可能性より下がる可能性の方が高い。

 

ということになります。

 

②雇用者側の都合

雇用者としての従業員への想いとしてはまず従業員には長く勤めて頂きたい。

と考えるのが普通であります。

そうなると、必然的に年齢は若い人をターゲットにするでしょう。その判断の境目の一つが「35歳」 という目線になっている と考えらえます。

 

☆35歳以上で新しい仕事を探すデメリット・・・35歳以上は、雇用者側にとって、使用年数が短い。
ということが一つ言えることとなります。

 

③役職

35歳ともなれば、その企業の中である程度のポストに就いている場合が多くあります。

学生を卒業し、真面目にその企業一本で勤めてきた場合は特にその可能性が高まるでしょう。

そんな中、その企業を辞めて新しく仕事先を探すとなれば、そのポストは捨てることを意味します。また、そうなれば給料は減る可能性は更に高まります。

そればかりか、今までは自分より年上の方に指示する立場であったのが、逆に自分より年下の方に指示される立場になるかも知れません。

 

☆35歳以上で新しい仕事を探すデメリット・・・現在の役職を手放す。

これが三つ目のデメリットとなります。

 

④家族

35歳という年齢は、統計的に見ても家庭を持ち、子供がいておかしくない年齢です。また、近年は晩婚化が進んでいることもあり、子供がまだまだ小さいという人はとても多いはずです。

これからまだまだお金が掛かる。それどころか、これからがますますお金が必要だ、というときに成功するか保証がない中で、今の仕事を辞めて新しい仕事先を探すというのは、とても不安を感じます。

人間、「絶対失敗出来ない!」 と考えている事柄については二の足を踏む ものです。

家族のためにも、我慢して今の職場で頑張っていこう。と考える人の方がきっと多い でしょう。

 

上記と並行する問題は他にも、住宅ローンに代表される、家族のために組んでいるローンの返済。子供の教育費 等も、転職の足かせとなり得ます。

 

☆35歳以上で新しい仕事を探すデメリット・・・家族のことを想うと転職に失敗出来ない。

こういう想いは、家族想いであればあるほど当然の想いであります。

 

この項の最後に・・・

上記のように、①~④と、35歳以上の転職に対する難しさは確かにあるのが事実です。

しかし、この4つの項目は、考え方次第で突破口があると筆者は考えています。

その内容を以降、綴っていきたいと考えます。

 

 

35歳以上で新しく仕事先を探すのは無理ではない4つの理由

 

「35歳以上ではなぜ新しい仕事先を探すのが難しいと言われるのか?」 の項で挙げた、35歳以上で新しい仕事先を探すデメリットの4項目は、35歳以上であるからこそのデメリットでしたが、考え方で変わってきます。

 

①給料面

給料面で、35歳以上で新しい仕事を探すデメリットとしては、転職前後の給料は、上がる可能性より下がる可能性の方が高い。

ということでした。そして、これは事実です。 以下の表をご覧ください。

 

現職の賃金が前職の賃金よりも:(増えた率)-(減った率)【ポイント】

年齢 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年
20~24 17.2 23.1 24.7 4.0 25.6 10.2 15.9
25~29 9.4 10.5 7.9 2.4 10.1 7.6 4.5
30~34 9.1 11.8 6.1 8.1 4.4 1.3 11.5
35~39 11.7 3.7 13.3 8.9 8.5 -1.6 -4.9
40~44 7.8 7.4 7.6 4.3 6.3 0.1 3.2
45~49 1.5 3.3 7.4 -3.9 4.9 -5.4 -8.5
50~54 -4.3 -1.1 -0.9 -10.6 -13.5 -12.3 -13.9
55~59 -16.3 -16.3 -10.7 -20.8 -12.7 -20.3 -27.8

※厚生労働省-「雇用動向調査結果の概況」 より

 

上表は以前書いた記事内で作成した表の2009年を除いたものですが、上表の通り、35~39歳 の年齢層で、転職により給料が下がった人の割合が多くなっている年があります。

※転職により、前職の給料よりも下がった人が多い場合、マイナス表記になります。

 

これは、やはり 35歳以上の転職は良くないのか?

次に下表をご覧ください。

 

現職の賃金が前職の賃金よりも減っていない人の割合

(変わらない・増えた人の割合)

年齢 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年
35~39 70.0 % 66.8 % 72.3 % 71.3 % 73.5 % 70.2 % 67.2 %
40~44 68.9 % 67.8 % 72.7 % 71.1 % 72.2 % 72.3 % 71.6 %

※厚生労働省-「雇用動向調査結果の概況」 より

 

上表は、「転職前と比べて、給料が変わらない、または増えた人の割合」 です。

※分かりやすくするため、35歳~44歳 の数字のみを出しています。

 

これを見て分かるように、7割程度の転職者が前職と比べ、給料は減っていないことが分かります。しかも、2010年は、あの 「リーマンショック」 の翌々年 です。

この事実からも、35歳以上、少なくとも44歳までは、安定して7割の人は転職しても給料は減らない と言って良いかと思います。

 

この結果を見てどう思うでしょうか?

転職により給料が減ると一般的に言われている 35歳以上ですが、実際には給料は減っていません。

更に、転職活動において次の会社を選びを真剣に行うことで、給料が減らないでいられる可能性はかなり高められる と思われます。

 

35歳以上少なくとも44歳までは、転職により給料が下がる可能性は低い。しかもその確率は転職活動を真剣に実施することで、更に下げることが可能。

そういうことが言えます。

決して給料面から、35歳以上が不利という結果はどこにもありません。

給料の減少を懸念して転職に前向きでない方は、是非この事実を考え、転職検討をしても良いのではないでしょうか?

 

②雇用者側の都合

35歳以上の人を雇うのにあたりデメリットは、「使用年数が短い」 ということでした。

この問題には、発想の転換で対応していきましょう。具体的には、「35歳が欲しい」 という会社を探すことになります。

そういう人が欲しいという会社はどういう会社か? 具体的には以下のような会社が考えられます。

  • 即戦力の人材が欲しい会社
  • 成長過程にある会社

このような会社はずばり、中小企業 と ベンチャー企業 となる でしょう。

大企業は、すでに成熟し安定しているため、即戦力より、将来 その企業を背負う人材をその企業色に染めた上で育成したい気持ちが大きいので、新卒以外に人材は受け入れない体質が強くあります。従って、大企業はそもそも中途入社では入りづらい傾向にあります。

 

35歳以上の転職は、中小企業・ベンチャー企業に狙いを定める。
これが、35歳以上の転職を成功させるコツの一つになります。
 

③役職

転職を考えるのにあたり、役職がなくなるのが一つのデメリットとして前述しました。

しかし、考え方によってはこの役職がなくなることを懸念する必要はなくなります。

あなたが、今「課長」 という肩書を持っているとします。

その課長職はその会社での肩書でありますが、その業務は他社では部長がやっているかも知れませんし、係長がやっているかも知れません。

またある会社では、平社員が行っている場合も往々としてあります。

何が言いたいかということですが、要するに 現在の肩書にすがるのは全くのナンセンス だということです。

実は、ここはデメリットでも何でもないのです。ここを一旦理解できれば、現在の職位にこだわる必要はなくなります。

むしろ、職位にこだわるだけ損をしている可能性すらある のです。

 

現在の職位は気にしない。
これは、転職を考えるときには大事な考えとなりますのでよく覚えておきましょう。
 

④家族

家庭の大黒柱である皆さんは家族のことを一番に考えていることでしょう。
家族のためにも頑張っていかなければいけない。
そういう想いは持って当然ですし、そう思わなければいけません。
 
ならば転職はできないのか? というとそうでもありません。
 
 
家族がいて転職を考えている方は、給料が極端に低いか、精神的な問題で転職を望んでいる ものと思います。
 
元々、前述したように 給料が下がる可能性は低い です。真剣に転職に向かえば給料は高確率で下げないで済むと思います。
元々給料が極端に低いのであれば、転職により年収が上がる可能性はかなり高いです。
 
 
精神的な問題で転職を考えているのであれば、元々給料は真剣に転職に臨むことで、少なくとも減らす可能性は低いのですから、転職により職場を変えるのは精神的に良いはず です。
 
従って、いずれにしても家族のことを想うのであれば、転職は功を奏す可能性の方が高い と考えます。
 
 
家族のことを想うならば転職は足かせにならない。
このことは、家族に反対されたとき、根気強く説得を試みてでも話をする価値はあると考えます。
 

この項の最後に・・・

35歳以上で、新しく仕事先を探すことに関し、転職35歳は難しいという、世間一般の認識がありますので、転職が怖いというにはよく分かります。

だけど、なぜなのか? を考えてみたとき、35歳以上での転職は決して怖いものではないと分かって頂けたと思います。

 

新しく仕事先を探すには??

 

35歳以上での転職は、世間一般で言われているような怖いものではありません。

しかし、現職を辞めてから探すのは、少なからずリスクが伴います。

現職は継続しながら探すのが良いですが、それでは、ハローワークに行けない、という方は多いと思います。

そういうときは、迷わず転職エージェントに相談するのが絶対一番良い です。

 

複数の転職サイトへ登録し、エージェントから、公開求人・非公開求人等、あなたの要望に合いそうな案件をたくさん紹介してもらって、じっくり検討する。

求人が希望する条件と合ったものはすかさず応募を相談する。

それを繰り返すことで、転職は可能になる確率は高まります。

現代の転職の仕方として、転職サイトを利用するのは、必須と考えますので是非検討してみたらいかがでしょうか?

 

効率的かつ確実性を高める失敗しない転職活動の進め方

非正規が正規になるための転職支援サービス使い倒し法

 

最後に・・・

35歳以上で、新しく仕事先を探すことに必要以上に怖がらないでください。

決して、怖いことではなく、真剣に仕事先を探せば、給料は減らない。環境は良くなる、なんてことも非常に高い確率であると思います。

 

以上、うっちゃんでした。

 

 

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました