平均年収・中央値は?正社員や非正規の年収水準をまとめた。

仕事

 

は~・・今年の年収は去年より少なくなりそうだな・・・。

ん?去年は良かったのかい?

別に良かった訳じゃないけど、去年の 2018年の年収は 400万円だったから、それより少なくなると少し残念だな・・って。

女性で 400万円なら高給取りだよ。日本の女性の平均年収の水準はもっと低い。

え~!?そんなバカな!

世間を知る為にも、日本の年収水準を見ていこう。

 

 

平均年収

2019年もあと少しだが、昨年の 2018年はみんないくらもらっていたのか?

国税庁から公表された「平成30年分-民間給与実体統計調査(※以下本資料)によると下表の通りであった。

 

平均年収 男性平均年収 女性平均年収
441万円 545万円 287万円

2018年 平均年収
(※国税庁-「平成30年分-民間給与実体統計調査」より)

 

上表を見てどうだろうか?

この年収は近年上昇を続けている現実があり、ここ数年で言えば下表の通りである。

 

西暦 平均年収 男性平均年収 女性平均年収
2016年
(前年比)
422万円
(+0.48%)
521万円
(±0%)
280万円
(+1.45%)
2017年
(前年比)
432万円
(+2.37%)
532万円
(+2.11%)
287万円
(+2.50%)
2018年
(前年比)
441万円
(+2.08%)
545万円
(+2.44%)
287万円
(±0%)

2016年~2018年 平均年収
(※国税庁-「民間給与実体統計調査」より)

 

上表の平均年収が多いと思うか少ないと思うかは人それぞれだが、一つ注意しなければいけないのは、上表の結果はあくまで会社役員や正規雇用者、非正規雇用者を含んだ平均額であるということだ。

まずはこれら要素全て含めた全体の年収中央値を見てみる。

 

年収中央値

平均年収額を前項では見た訳だが、どちらかと言うと「平均は高いなぁ・・。」と感じた人の方が多かったことだろうと思う。

これは、ごく一部の高額年収者が全体の平均値を押し上げるために起こる現象で、一言で言えば平均額以上を稼いでいる人は全体の半分もいないということである。

 

それならば、全体のちょうど真ん中の人の年収はいくらか?

その年収額がそれ以上稼いでいる人とそれ以下しか稼いでいない人が等しくなる額であり、中央値と呼ばれる数字である。

 

給与所得者全体の「年収中央値」は??

給与所得者は、2018年(平成30年)5,911万人に上る。その全体での「年収中央値」を推測していく。

本資料によると、給与階級別での給与所得者構成比は下の表のようになっている。

 

2018年(平成30年)の給与階級別での給与所得者構成比グラフ

2018年 給与階級別 給与所得者構成比グラフ
(※国税庁-「民間給与実体統計調査」より)

 

上表を見てみると、年収が400万円以下のゾーンまでで、全体の「54.2%」になることが分かる。

日本の働いている人の半分以上の人が年収400万円以下ということだ。

また、年収中央値は 300~400万円の間にあるが、この事実だけで冒頭お伝えした平均年収 422万円は既に下回っている。

具体的に想定される中央値は以下の通りである。

 

給与所得者全体の年収中央値
約 376万円

2018年 給与所得者全体の年収中央値
(※国税庁-「民間給与実体統計調査」より筆者算出)

 

上表を見てどう思うだろうか?衝撃を受けた人もいるのではないだろうか?

何しろ、平均値からの乖離が 14.8% もあるのだから無理もない。

平均年収を見て「平均は高いなぁ・・。」と感じる人が多いと言ったことにも納得出来るだろう。

だが、これは毎回見られる乖離率であり、2018年だけ特別に起きたことではない。収入で見る平均値と中央値の差は、常にこの程度あることを覚えておくと良いと思う。

いずれにしても、近年では「年収 300万円時代の到来」などと言われることが多くなったが、今回調査で判明した年収中央値はそれを裏付けている結果になってしまった。

 

給与所得者全体(男性)の「年収中央値」は??

続いて男性のみを対象にした場合の年収中央値を見てみる。

まずは、給与階級別での給与所得者構成比をグラフで示すと以下の通りとなる。

 

2018年(平成30年)の給与階級別での給与所得者構成比グラフ(男性のみ)

2018年 給与階級別 給与所得者構成比グラフ(男性のみ)
(※国税庁-「民間給与実体統計調査」より)

 

男性のみとなると、全体で見たときよりも少し年収が上がり、400~500万円 で過半数を超えて行くため、中央値はこの間にある。

具体的に想定される中央値は以下の通り。

 

給与所得者(男性のみ)の年収中央値
最大 466万円

2018年 給与所得者(男性のみ)の年収中央値
(※国税庁-「民間給与実体統計調査」より筆者算出)

 

「最大」と付けさせて頂いた上表の通り、実際には 466万円より弱冠下がるものと思われるが、概ねこの金額が中央値である。

男性のみで見た場合でも平均との乖離は 14.5% に上る。

 

給与所得者全体(女性)の「年収中央値」は??

女性だけを対象にした結果ももちろん見ておく。

 

2018年(平成30年)の給与階級別での給与所得者構成比グラフ(女性のみ)

2018年 給与階級別 給与所得者構成比グラフ(女性のみ)
(※国税庁-「民間給与実体統計調査」より)

 

男性だけで見たときの中央値は全体のそれよりも高い結果だったため、女性だけで見ると、当然全体で見た場合より低くなる。

具体的な中央値は下表の通りとなる。

 

給与所得者(男性のみ)の年収中央値
最大 253万円

2018年 給与所得者(男性のみ)の年収中央値
(※国税庁-「民間給与実体統計調査」より筆者算出)

 

女性のみで見た場合の平均との乖離は 11.8% になる。

 

ここで、あまり男性と比べて乖離が少ないことに気付くと思うが、これはもちろん喜ばしいことではない。

これは男性に比べて女性の社会的な弱さを表していると言っていい。

男性は社会に出ていずれ出世をする者、しない者と顕著になってくる。それに従って年収は個人差が大きくなる。この結果が、乖離率の大きさに結び付く。

特に今回見ている本資料は非正規なども含んでいるが、女性の場合は非正規で働く人も比較的多いにも関わらず、乖離率が低いということは、会社員で働く女性のほとんどで男性より個人間の収入差が少ないことになる。

これは、男性に比べて出世はもちろん、昇給すら個人能力を加味されていないことを意味する。

 

アベノミクスの柱である「一億総活躍社会」とは一体何なのか?

女性から見れば活躍する気が失せる結果である。

 

正規雇用者の平均年収と年収中央値

今まで見てきたのは、正規・非正規混合での結果であった。

ここでは、正規雇用者のみではどういう結果なのかを一緒に見ていきたい。

ちなみに現段階(2019年11月)では、2018年の結果が公表されていないため、2017年の結果にて見ていく。

 

平均年収 男性平均年収 女性平均年収
493.7万円 547.5万円 376.6万円

2017年 平均年収(正規)
(※国税庁-「平成29年分-民間給与実体統計調査」より)

 

まず上表が正規の平均年収である。

非正規も含めた全体の平均年収に比べ、正規だけで見たときの平均年収は、約+14%と跳ね上がる結果となった。

特に顕著に表れたのは女性で、非正規を含めた平均年収に比べると、+30%超 と別物となっている。

特にこの女性の年収差は、女性の非正規比率の異常な高さを物語っていると思われる。(※下表参照)つまり、非正規の年収が低いということの裏返しでもある。

 

性別 正規 非正規
男性 77.5% 22.5%
女性 43.8% 56.2%

正規・非正規の割合
※総務省統計局「労働力調査 平成30年10月~12月期平均」より

 

続いて、下グラフは正規雇用者で集計した給与階級別での給与所得者構成比である。

「全体・男性・女性」と今度は同一グラフ内で出していく。

 

2017年(平成29年)の給与階級別での給与所得者構成比グラフ(正規雇用者のみ)

2017年 給与階級別 給与所得者構成比グラフ(正規のみ)
(※国税庁-「平成29年分-民間給与実体統計調査」より)

 

上表から各年収中央値は以下の通りと推定する。

 

平均中央値(男女計) 男性年収中央値 女性年収中央値
最大 441万円 約 488万円 最大 351万円

2017年 給与所得者(正規のみ)の年収中央値
(※国税庁-「平成29年分-民間給与実体統計調査」より筆者算出)

 

正規・非正規を含めた年収中央値は前述しているが、その額と比べても正規だけで見ると高くなる。

ただ、平均年収(正規のみ)と比べるとやはり、7%~10% 程度の乖離が見てとれる。

一部の高額年収者が平均を押し上げる構図には変わりないようである。

いずれにせよ、上表での年収中央値は一般的なサラリーマンの中央値となるため、この額より上の年収であれば、全サラリーマンの中で稼いでいる側にいると判断して良い。

 

また、正規のみで見た場合でも男性に比べて女性の年収は低い。上表中央値で見ても、3割ほど低いことが分かる。

これは前述したように、やはり女性の社会的地位が男性のそれに比べ劣ることに他ならない。

近年の社会のベクトルはそうした男女格差を無くす方向で一部動いているところもなくはないが、完全に是正されるところには、未だかなり程遠いところにある。

 

なぜ、この差が埋まらないのか?を考えたとき、一番の理由は「結婚」や「出産」にあるのではないだろうか?

出産は社会にとって、最重要と位置付けて過言ではないことではあるが、出産・育児期間にいなくなる、あるいは仕事をセーブされることを考えると重要なポストを任せるのには、一定のリスクがあると判断されることは、現実的には分からなくはない。

なぜならば、会社は利益を追求しなければならないからだ。

 

それでは、入社時に「あなたは今後、出産する気はありますか?ないのであれば出世しますよ」と言うのか?

そんなことしていたら、その会社は社会的にクローズアップされ、非常識なブラックな会社と位置付けられてしまうだろう。

だが、実際には給与面から見たこの現実が、既にこのことを言っている。

ここをどう向かい合っていくかが課題であり、解決しない限り、女性にとって男性以上に難しい世の中と言わざるを得ない。

 

非正規雇用者の平均年収と年収中央値

今度は、非正規雇用者のみクローズアップさせてみるとどういう結果となるか?

ちなみにここでも現段階(2019年11月)では、2018年の結果が公表されていないため、2017年の結果にて見ていく。

まずは、下表が平均年収(非正規)である。

 

平均年収 男性平均年収 女性平均年収
175.1万円 229.4万円 150.8万円

2017年 平均年収(非正規)
(※国税庁-「平成29年分-民間給与実体統計調査」より)

 

続いて、下グラフは非正規雇用者で集計した給与階級別での給与所得者構成比である。

前項と同じく「全体・男性・女性」と今度も同一グラフ内で出していく。

 

2017年 給与階級別 給与所得者構成比グラフ(非正規のみ)
(※国税庁-「平成29年分-民間給与実体統計調査」より)

 

上表から各年収中央値は以下の通りと推定する。

 

平均中央値(男女計) 男性年収中央値 女性年収中央値
最大 153万円 最大 201万円 最大 138万円

2017年 給与所得者(非正規のみ)の年収中央値
(※国税庁-「平成29年分-民間給与実体統計調査」より筆者算出)

 

上表が非正規のみで見た年収中央値である。

正規のみを見た年収中央値の 4割ほどの年収水準である。これは、非正規が 2年掛けて稼ぐ収入より正規が 1年で稼ぐ収入の方が多いということである。

これはかなりの衝撃的事実だが、この統計には以下の点が含まれていることを考慮しなければいけない。

 

  • 扶養内就業を心掛けている主婦層
  • アルバイト等の低収入層

 

上記の層は非正規の平均年収や年収中央値の下押し圧力になる。

一方、非正規と言えば「派遣社員」を思い浮かべる人も多いのではないだろうか?

それならば、非正規雇用者の代表と言うべき、その派遣社員の実態はどうなのかを見てみよう。

 

平均時給 1,419円
日当たり就労時間 8時間
月当たり平均残業時間 約 10時間
平均年間休日 117日
平均年収 約 303万円

派遣社員平均年収
※一般社団法人 日本人材派遣協会-「2018年度(平成30年度)派遣社員WEBアンケート調査」の一部を参照し作成

 

非正規雇用者全体で見るより派遣社員だけで見ると年収は上がってくる。

非正規雇用者全体と比べ約 2倍、非正規雇用男性のみと比べても 約 1.5倍、派遣社員の年収は高い結果となっている。

また、三大都市圏(関東・関西・東海)での平均時給は、1,633円(株式会社リクルートジョブズ -「派遣スタッフ募集時平均時給調査(2019年9月度)」より)となっており、平均年収は およそ 350万円ほどとなる。

 

続いて派遣社員の中央値だが、下のグラフをご覧頂きたい。

 

平成30年 年齢階級別賃金グラフ

年齢階級別賃金(平成30年)
※厚生労働省-「平成30年賃金構造基本統計調査」より

 

「正社員・正職員以外」で示されるグラフは年齢が上がっても賃金はほとんど上がっていないことが上のグラフで分かるだろう。

これは、言い変えれば給料は横ばい、ほとんどの非正規社員で個々の差がほとんどないことを示していることと解釈出来る。

すなわち、派遣社員の平均年収と年収中央値にはあまり差はない可能性が高いことが言えることになり、派遣社員の年収中央値は以下であると考えられる。

 

派遣社員年収中央値(全国) 300万円前後
派遣社員年収中央値(三大都市圏) 350万円前後

派遣社員 年収中央値(筆者推定)

 

即 生活に困るということはないように思うが、問題は今後昇給する期待が薄いということではないだろうか?

 

単身派遣社員の生活水準と将来性

非正規男性の結婚とその後の苦労

 

派遣社員で今後もやっていくと前提して、それでも年収を上げたいと考えたときは、やはり残業の多い業種や企業を選択するしかない。

仮に、三大都市圏の平均時給で、月当たり 45時間残業をした場合、年収はおよそ 434万円となる。

派遣社員の年収中央値が 300万円だということを考えると、およそ 1.5倍だ。正社員の年収中央値とほぼ同等となるから、当面の生活で世間に引け目を感じることも無いだろう。

 

だが、非正規は正規には通常ある退職金が無いことは覚悟しておかないといけない。

退職金は、老後のためにも非常に重要なお金だ。

 

老後破産しないための貯蓄額は?

 

年収アップに挑戦する

年収アップさせるための方法は世の中いくつか存在するが、当ブログは「転職」と「投資」に重きを置いている。この点から考えてみたい。

ただ、自己研鑽と言う意味ではどちらの方法もそれなりに必要となるため努力は怠らないようにしたい。

 

転職により収入を増やす

転職は、収入を増やすという点においては非常に大きい可能性を秘めている。

 

仮に転職により、年収 10万円でもベースアップさせることが出来たならば、今後 30年間働くと仮定して、生涯で 300万円が多く貰えることになる。

これが年収アップ 20万円なら? 30万円なら、、、?

年間で見れば大したことなくても長期で見れば莫大な効果となるのが転職による年収アップである。

 

だが、転職は闇雲に活動しても良い転職に繋がらない。

ましてやハローワークをメインに活動していては時間の無駄である。

 

ハローワークを利用するデメリットとは?

 

転職する場合、年齢がネックになる場合も多い為、より良いところをより効率良く探すには、その道のプロに協力してもらわなければならない。

具体的には、転職サイトや転職エージェントなどの転職支援サービスを利用すべきだが、これらのサービスもどこでも良いという訳ではない。

これらもやはり各社の色というものがあり、サービスの内容には差がある。

筆者も 4回ほど転職経験があるが、その経験も踏まえ下記の記事を起こしている。是非、参考にして欲しい。

 

転職求職者にとって最も良い転職手法

 

収入面から転職を検討する一つの目安

転職は前述の通り、収入アップに大きな可能性を秘めているが、注意点があるため記載しておく。

 

仮にあなたが世間一般より既に大きく稼いでいるのなら転職による収入アップの可能性は低くなる。

これはある意味当たり前であるが、この尺度はもちろん世間を知らないと測れない。

 

年代別の平均年収

業種別の平均年収

 

当記事を含め、上記記事でも世間の収入状況をまとめているので参考になると思う。

 

投資をする

転職するのも良い手であり、堅実派はその方を好むだろう。

何しろ投資は元本が保証されていないリスクがあるからだ。

しかし、投資はそのリスクを負う代わりにリターンを期待することも出来る。

株や FX は、上がるか下がるかであり、この動きは政治・金利・需給・会社の利益などのファンダメンタルズや、チャートの形状などから予測するテクニカル分析などを駆使していくことで、損小利大を実現させることが可能だ。

これら分析の徹底と実践により、資産が数年で億に達する人も多く存在するのが投資の世界であり、夢があるのは転職より投資の方だろう。

この夢があるという点が投資の魅力とも言える。

 

投資家に必要なスキル

投資家にとって重要なスキルの一つに「リスク管理」がある。

自己資金を自己責任の中で運用する訳だから、このリスク管理は最重要と言っても過言ではない。

 

自己責任ということは、利益を得ようと損失を被ろうとも全ては自分で処理する必要があり、例え誰かのポジションを真似した結果だとしても、その人のせいになどは決してすることは出来ない。

FX や株の信用取引の場合は、相場自体によって資金がマイナス化することもあり得る。

こうなると、証券会社などは何があろうとも即 取り立てて来るので、万が一にもこうならないためにはリスクは十分すぎるほどに管理する必要がある。

 

また、これから投資家としてやっていきたいという人で、身に付けていくべきスキルとしては、テクニカル分析やファンダメンタルズ分析がある。

特にチャート上で判断するテクニカルな手法は是非覚えて行きたい分析法のひとつなので、今後しっかり勉強して欲しい。

その外、特に筆者も日々注目する「需給の変化」は目先の相場にも大きく影響を及ぼすため、当ブログでもコンテンツを揃えていきたい。

しかし、上記の分析は、相場を知らずチャートパターンを分析していくというのは実際難しい。こういう分析は、主に実際にトレードしている中で覚えていくのが最も効率的・現実的である。

いざ市場へ参加したは良いが、こういう手法を覚える前に相場から退場してしまう、という人も残念ながら多数いるが、こういう人たちは市場の値動きに翻弄されているのがほとんどであり、この「翻弄されてしまう」というのは相場に参加している上で、大きなマイナス面となる。

トレードには出来るだけ私情を挟まず、常に平常心で見る必要があるので、その点十分に今の内に心に留めておくようにして欲しい。

この平常心でのトレードも投資家にとって重要なスキルの一つである。

 

お勧めする証券会社

株式投資

株を始めるにあたり、前述したスキルと言う点では、どこの証券会社を選択しても問題ない。

株の場合は、その会社の手数料や取り扱う銘柄数、PTS があるかないかなど、どんなトレードをしたいかにより選択すれば良いだろう。

 

株の取引はどこの証券会社を選択するのが良いのか??

 

また、株の場合で既に良い結果が出ている投資家はそのまま実践していけば良いが、仮に良い結果が得られていない、これから株式投資をしたいという人には、是非「長期投資」を勧めたい。

個人で株式投資をする場合、どうしても目先の利益を追いたくなるが、短期投資の繰り返しは思っているより難易度は高くベテランでも一回のミスで大きな金額を溶かしてしまうこともある。

 

闘う投資家・久保優太が株で2億2000万円の損失 借金4000万抱える

 

その点、長期投資は腹を括れば目先の値動きはノイズに過ぎず、なお且つ株は長期的には上昇バイアスがかかり易いため、利益に繋げやすい。

 

長期投資のススメ

 

FX

FX の場合は、筆者も永らくお世話になっている XMtrading(以下 XM)一択で間違いない。

 

XM には「ゼロカットシステム」という日本には無い秀逸なシステムがあるので、XM で取引をしている以上、借金を被るという最悪な状況はあり得ない。

FX は株以上に追証や資金のマイナス化(借金)になり易いといえるトレードであるためこれ以上のリスク管理は無いと言える。

また、初心者にデモトレードをする人がいるが、筆者はデモトレードにはマイナス面しかないと考えているため、お勧めしない。

実際の市場でトレードしてこそ、上達していくものだが、XM には自己資金 0円で開始出来る方法もある。

 

上記を参考に検討すると良いだろう。

 

 

最後に。。

は~~。。世の中お金、お金って。いい加減にして欲しいよ。

世の中の仕組みだ。仕方がない。

転職・・投資・・かぁ。ちょっと考えてみようかな。

お金を稼ぐのは簡単ではないけれど、現状に不満があるのであれば、現状を変える挑戦をしなければ変わらない。

 

社会人として、自分の年収が世間のどの位置にいるのかは気になる情報だ。

ここまで読んでくれた人は、その情報を手にしたことになるが、今後その情報を元にどうするかはその人次第となる。

 

今後のあなたの生活が順風満帆であることを筆者は願っている。

 

 

コメント

  1. […] おまいら、これみろ。 これを見たら、ワシの年収は良いほうだ http://utukabu.com/post-293/ ( ̄(工) ̄) […]

  2. […] 平均年収・中央値は?正社員は?非正規は?まとめました! | 転職&仕事 マニア […]

  3. […] 自分で計算してられんけど このデータはどうだ? https://i.imgur.com/baAAN23.jpg […]

  4. […] 平均年収・中央値は?正社員は?非正規は?まとめました! | 転職&仕事 マニア […]

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました