株 初心者が損を出し易いパターン

その他

 

「高値掴み」の悪夢!!

いやー、書いてる自分が怖くなります。。。

高値掴み・・・したい人いますか??

絶対いないですよね。僕も絶対したくないです。

だけどしてしまう。。悲しい事ですよね。

そういうポジションを取ってしまうにはなぜなのか?

僕の経験も踏まえて書いていきますね。。(思い出したくもないですが・・・)

これから、株を始めようかと思っている人は、以下の相場格言をご存知でしょうか?

「相場は、総悲観の中で生まれ、懐疑の中で育ち、楽観の中で成熟し、幸福感の中で消えていく。」

 

この言葉は、著名投資家 ジョン・テンプルトンさんという人が言ったらしいですが、この言葉は非常に的を得ています。

そして、現在でも十分通用する言葉だと思っています。

 

この言葉は、まさに相場の中の「需給」を示した言葉と僕は思っており、まさに初心者の方が、なぜ高値掴みするかを実に上手く表現してるな。と思った格言です。

 

株は政治がどうとか、PERがどうとか関係なく、買う人がいっぱいいれば上がるし、売る人がいっぱいいれば下がる様に出来ています。

それはまさに「需給」以外の何者でもない為、自分はこの需給が相場では一番大事だと思っています。

 

下のチャートを見て下さい。

 

 

既に、文面が記載されていますが、これが初心者の方の投資行動(その時の気持ち)を記載してあります。

 

すなわち、前の僕の気持ちを示しています。

(僕も前は初心者でした。そして今も決して上手くはないですが・・( ノД`)シクシク…)

 

まず、、

「A」…ここでは懐疑的、高くなったから買えない!

    今までの株価に比べると結構高くなっている事から「すぐ下がるのではないの

    か??」と懐疑的になり、とても怖くて買えない心理状態です。

    まさに相場格言である「懐疑の中で育ち」状態です。

 

「B」…どうなるか監視していたはいいが、大幅にどんどん上がるのを見て、「これはす、

    すごい・・。」とびっくりするのと同時に上昇に乗れていない自分が悔しくなる。

    その後、今後も大きく上がり続けると思い込み、「置いていかれる」と思い、つい

    にここで買う事となる。

「C」…その後も順調に上昇し、「やっぱり!」という感じでここで買い増しを実行する。

    ※結果ここが最後の逃げ場となる。ここで手練れは初心者または、個人投資家に売

     りつける。

 

「D」…ここで、少し思っていた状況と違う可能性を抱き始めるが、相当落ちてきた事で相

    当の含み損がある。その為、損切りなんか出来ず、また反転の可能性に望み、持ち

    続ける。

    ここまでの「C~D」がまさに相場格言である、「楽観の中で成熟し、幸福感の

           中で消えていく」 最終ステージとなっている。

    そう、気付いた時にはもう遅いのです。。

 

「E」…「D」の段階から更に下落。精神的にはもう、チャートから目が離せない。少し目

    を離しても、気になって、気になって仕方がない。

    そして、これはずっと下げ続けるのではないのか??と思い込み、とても耐えきれ

    なくなって、やっと損切する。

    まさに、相場格言である、「総悲観の中で底打ちする」

 

ちなみにこの後どうなったかと言えば、反発し、最高値付近まで一旦戻りました。

その後、しばらくの間ボックス相場を形成した後、底割れしました。

 

どうでしょうか??

僕は、相場経験者なら誰でも経験しているのではないかと思います。

こういう事にならない為にも、株価を追いかける時は必ず 「損切りライン」 を決めておいて下さい。

そしてそのラインはどんな事があっても守る!!これが必須のテクニックとなります。

 

※損切りラインの重要性は下記でも言及していますので、是非一読下さい。

株で大損する人はなぜ失敗したのか??
株を始める動機は何でしょうか?もちろん稼ぐためですよね?それなのに損を出してしまう。元も子もないですが、実際にそういう人はゴマンといます。なぜ、損をだすのでしょうか?本記事は、これから株を始めたいという方にこそ見て頂きたいと思って書いています。

 

相場は、個人投資家には厳しい仕組みがあります。

日本株式市場の7割~8割は海外投資家と言われており、相場の方向性は海外投資家が作っていると言っても過言ではありません。

彼らは、株を買いますが、当然の事過ぎて笑っちゃいますがいずれ売ってきます。その売り先が個人投資家である事を決して忘れてはいけません。

この事はいずれ記事にしたいと思っていますが、今日のところはこの辺で・・・。

 

今回の記事は怖い事ですが、特にこれから株を始めようと思っている方は利益の前にリスクがある事を知ってほしいと思います。

 

「株は利益よりも損しない事に全力を注げ。相場にいればいくらでもチャンスはある。」byうっちゃん

 

株は現物で余裕資金で楽しく運用しましょう。

 

以上、うっちゃんでした。。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました