子供の習い事。。そろばんか!?公文か!?

子供について

 

学校の科目で苦手なもの「ベスト1!」は 何と言っても、「算数」「数学」でしょう。

学校、クラスの平均点はいつも軒並み低い。

問題の中で何が問題なのかが分からない・・・。何を私に問いてるの・・?

そんな科目が、「算数」「数学」であります。

 

そんな科目だからこそ出来るようになれば、すぐにクラス・学年でトップクラスに食い込める。

そんな特徴もあります。

 

今回は特に幼少期~小学生にかかる時期にはどんな習い事が良いのか??

特に人気の、「そろばん」「公文」でどちらが良いのかを今回検討します。

 

 

「算数」に必要なスキルとは??

算数とは、小学校で習う科目ですが、その内容は「四則演算」のマスター及び数学的な考え方の初歩中の初歩を勉強する訳ですが、数学的な考え方は初歩であるため、その内容は比較的簡単です。

すなわち、「演算スキル」が小学校では成績に非常に左右される こととなります。

 

僕が考える算数に必要なスキルとして、比較的見逃されがちな要素が一つあると考えます。

それは、「国語」です。

意外に思われるかも知れませんが、問題で意外と多いのが、文章問題であり、ここを素早く、正確に把握するには、文章把握能力が結構必要です。

そういう意味ではやはり国語も疎かに出来ない要素と考えます。

 

「中学数学」に必要なスキルとは??

中学数学になると、個人差が大きくなっていきます。

この頃、明確に数学が「苦手」と意識され始めます。

その中で出来る人は数学に対し自信を強め、数学が「得意」となります。

「苦手」な人は数学を避け、「得意」人は更に理解を深めていくことで、この科目は、より大きく差が出る事ことになります。

 

数学が「苦手」な人と「得意」な人がいるのは分かりました。それでは、中学数学に必要なスキルとは何でしょうか??

 

中学に進学すると、「算数」が無くなり、「数学」が新たに追加されます。

つまり、「算数」→「数学」となる訳ですが、それが妙に大人になった気がしたのを思い出します。何かこれだけで頭が良くなったような感覚になっていました。

中学でやる数学は、小学校からワンランク上がった難しさ(当然ですが。)となりますが、その「ワンランク」は少し大きめで、初歩的とは言え関数や幾何数学も取り入れられていますので、そこの理解が少し遅れると以降の理解は、ほぼ無理な状態に陥ってしまいます。

 

また、応用力が今まで以上に必要になってきます。

その問題でどんな公式を使えば良いか瞬時に判断する為には、その公式の意味を理解する必要もあります。

 

あと一つ、数の概念も中学に入ると増えていきます。

負の数が出てきたり、素数や無理数・有理数の区別、そこから派生する平方根であったりと。

因数分解や定理なんかも中学で新たに出て来ます。

 

これらの新しい項目も今後の基礎になりますのでしっかり理解していくことが必要です。

いずれにせよ、その公式や関数、新たに出てきた項目について、それぞれが持つ意味をどこまで理解しているか??

今後の数学で本当に必要なのはココになります。

その初歩的なことを「中学数学」で考えていくこととなります。

 

そろばん塾でやることとメリット

筆者は、小学校 2年生から 6年生まで、そろばんを習っていました。

その経験を踏まえて書いていきます。。

 

基本的には、問題をひたすらそろばんで解いていく作業を延々と続けていきます。

あるところまで出来たら、先生のところへ持って行って答え合わせをしてもらいます。

間違えたらその部分はやり直し、場合によっては解き方に問題ないか先生が見てくれたりもしました。

ここでいう解き方というのは、当然そろばんの使い方が重点となります。

 

 

以上のようなやり方から、そろばんはその扱い方を集中的に身に付けていきます。

僕もそうですが、そろばんを習った人達の頭の中には「そろばん」があり、計算をする必要がある場合、その頭のそろばんをはじいて計算しています。

従いまして、小学校での算数ではそのスキルが存分に発揮出来ます

 

メリットは、以下が考えられます。

 

  • 計算が早くなる。
  • 小学校で他人と差がつけられる可能性が高まるので、算数が好きになる。好きであるがゆえに自分で考え、理解を深めていくことが出来る。
  • 手先を良く使うため、脳が活性化する。

 

公文でやること・そのメリット

公文でも基本的にそろばん塾と変わらず、問題を個人で解いていく作業となります。

そろばんを使わない為、その計算手法はそろばんほど早く出来るというものではないかも知れませんが、そろばんとは違い、実践的な問題となりますので、その答えに行き着くプロセスは公文式の方が理解が深まるものと考えます。

 

メリットは以下が考えられます。

 

  • 数式の持つ意味の理解が深まる。
  • 小学校高学年以降、算数・数学に対し、他人と差が付けられる可能性がある。

 

子供に習わせるのは、「そろばん」か「公文」か?

僕の考えを先に言いますと、僕は「公文」が良いのではないか?と考えます。

 

算数はどちらかと言うと、演算が主なところがありますので、そろばんが強いと感じますが、数学に入ると、計算が早いだけでは、乗り越えられない、「数式の持つ理解」があります。

その点、公文は理解する事で初めて進んで行きますので無理にでも理解する必要が出て来ます。

学校でやる授業以上に理解する努力をするはずです。

 

ただ、デメリットとして、乗り越えられない場合は終了してしまうリスクは理解しておきましょう。

 

最後に・・・

度々テーマとなる本件をあえて今回考えてみました。

結果は上記の様に「公文」が良いとさせて頂きましたが、決してそろばんが悪い訳ではありません。

上記のとおり、そろばんは早い段階で効果が期待出来ます。

その中で、本人のやる気次第では、以降の数学でも努力で伸ばし、そろばんで補強することは十分出来る話ですし、それが可能であればもしかしたら、この結果は逆転するかも知れません。

しかし、これは本人の自らの行動がある程度必要でありますので、ご自分のお子さんに自信があれば「そろばん」でも決して間違いではありません。

 

・・・ちなみに筆者の子供は「公文」に通っています。。

 

【2019/9/25追記】
筆者の子供は宿題のある公文に嫌気を感じ始めています💦
そろばんは宿題がないところが多いと思いますので、小学生は「そろばん」。中学生は「塾」が良いのかな?とも思い始めています。
子育ては難しい・・・。

 

無理やりやらせるのは却って逆効果になりますので、上記の追記体験談も参考に検討してみてください。

 

子供の勉強はこう見ろ!成績を上げるただ一つの要素とは!?

 

以上、うっちゃんでした。。

 

 

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました