妊娠するためのタイミングは?年齢別妊娠確率~出産確率も解説します

子供が出来ることは非常に神秘的なことです。

どういう仕組みで人間は動いているのか??

なぜ人間には意識があるのか??(人間だけではないが)

そんな生き物を自分達で作ることが出来るなんて、超不思議!

僕はこんな思いを子供を見ると抱くことがあります。

そもそも妊娠をしたい場合、いつ性交すればその確率は高まるのか?

そんな神秘な現象はどんな確率で起きるのか??

見ていきましょう。

妊娠するためのタイミング

すぐにでも妊娠したい人はタイミングを掴むことが必要です。

妊娠は卵子に精子が出会い、受精卵となり、卵管を通って着床します。ここで妊娠したと言える状況です。

ここで、我々がコントロール出来るところは、卵子と精子の出会うタイミングのみです。

一般的な男性は、一度の射精で 1~4億個程度の精子が放出されます。

精子の寿命は、平均 2~3日程度だそうです。

しかし、この寿命の間、卵子との受精が可能か?というと決してそうではなく、目安となる受精可能期間があります。

精子は射精後 5~6時間後から受精可能期間に入り、射精後 36時間後までに、ほぼ受精能力を無くしてしまうそうです。
(※この時間帯を「精子受精可能期間」と当ブログでは定義します。)

一般的な女性の場合、月経周期が 約28日間 で、排卵日は月経開始日の 約2週間前 となります。

卵子自体の寿命は、1日~2日間ですが、精子同様、卵子にも受精可能期間があり、その期間は排卵直後から、6~8時間後まで で、ほぼ受精能力を失うとのことです。
(※精子同様、この時間帯を「卵子受精可能期間」と当ブログでは定義します。)

以下の表をご覧ください。

期間的に最も不利な条件下での性交タイミング表

上表は、表内にある条件下で妊娠する可能性が最も高いと考えられる性交渉のタイミングを表したものです。

上表の通り、排卵より33時間前から3時間前までに性交渉を持てば妊娠する可能性が高い ことが分かります。

それでは具体的にいつ性交渉すれば、妊娠する可能性が高いのでしょうか?

タイミングは分かりましたので、ここを絶対に逃さないようにするのが重要となります。

そのために知らないといけないのが、、排卵日 です。

排卵日を予測する方法

排卵日を予測する方法は下記に示していくようにいくつかありますので、見ていきましょう。

①月経開始日から推測する

下のグラフをご覧下さい。

基礎体温時系列グラフ

この上のグラフは基礎体温を日毎の時系列で表したものです。

このグラフのように平均な月経周期は 28日ほどです。上グラフの 1日目(一番左側)に月経が始まります。排卵日はそこから約2週間後になるのが一般的です。

この周期は当然ながら個人差がありますので、2週間経つ少し前、数日前くらいから性交渉を始めれば、それなりの確率で妊娠可能 と思われます。

但し、既に言ったように、月経周期 28日間というのは平均的な話であり、個人差がやはりありますので 性交渉は排卵予測日の前後数日を含める ことをお勧めします。

ある統計では、排卵日2日前が最も妊娠しやすいというデータもあります。

これで、なかなか妊娠しない場合、排卵予測日が間違っている可能性が高いです。

②基礎体温の変化から推測する

先ほど上で示したものと同じグラフですが、もう一度下のグラフをご覧下さい。

基礎体温時系列グラフ

上のグラフを見て分かる通り、排卵日を境に基礎体温が上昇します。

何度も言って申し訳ありませんが、月経周期は個人差がありますので、もう少し正確に自身の周期を知りたい場合は、日頃からの基礎体温を記録すると、自分だけのグラフが出来上がります。

そこまで出来れば、後は 排卵予測日の数日前から性交渉を始めることで、妊娠する可能性は高まる ものと思います。

但し、基礎体温での予測の精度は、あまり高くはないのが実態です。

ですので、「①月経開始日から推測する」 のところで書いたことと同じように 性交渉は排卵予測日前後数日を含める ことをお勧めします。

③排卵検査薬を使う

排卵検査薬は信用性が高い と言われています。

従って、排卵検査薬を使うことでよりある程度の正確性をもって排卵日を予測することが可能となるでしょう。

一般的には 陽性反応が出てから、40時間以内に排卵する と言われています。

この排卵検査薬は「黄体形成ホルモン(LH)」という、ホルモンを検出する事で反応します。

このホルモンの分泌量ピークから、16時間後に排卵されるとされていますので、それを見越し、性交渉を行う必要があります。一般的には陽性反応の翌日~翌々日が最も妊娠し易い とされ、予想排卵日が近くなって来た(数日前)ら、排卵検査薬を1日に2回(12時間ごと)使用する ことが推奨されています。

上記の件を筆者で検証した結果、以下のことが分かりました。
(検証内容は記事の巻末に記しています。)

  • 1回目の性交渉は、排卵検査薬陽性反応後 15時間以内
  • 2回目の性交渉は、1回目の性交渉後 24時間後~27時間後
    ※但し、排卵検査薬を1日2回(12時間ごと)使用している場合
  • 排卵検査薬1日2回(12時間ごと)使用すると良い。

上記を参考に、タイミングを図ると良いでしょう。

この妊娠検査薬ですが、下記に示すようなデメリットもあります。

  • コストがかかる。
  • 使用方法が若干複雑。
  • 人によっては、「黄体形成ホルモンLH」の分泌量が多く、誤反応する場合がある。

上記のような、デメリットも理解した上で使用されることが大切となります。

④複合技(②+③)

妊娠の確実性を高めるであれば、排卵日予測方法を複合させることが有効と考えます。

「②基礎体温の変化から推測する」の方法で、大まかな自分の月経周期を把握し、「③排卵検査薬を使う」の方法で確度を高める。

これが、夫婦で出来る最も効果的な方法 と考えます。

また、「①月経開始日から推測する」でも書いたように、ある統計では、排卵日2日前が最も妊娠しやすい というデータもありますし、「③排卵検査薬を使う」で1回目の性交渉は、陽性反応後 15時間以内・2回目の性交渉は、1回目の性交渉後 24時間後~27時間後 が妊娠し易いとしていますので、

そのいうことも参考に、性交渉をすると良いでしょう。

但し、どの項目でも言えることですが、タイミングがバッチリ合っても妊娠出来るとは限りませんので、毎月出来るまで続ける根気も必要 になります。

個人で出来るその他の妊活~

個人で出来ることはやりたい。

妊活者の多く、特に妊活生活の長い人ほどそう考えていることでしょう。

ここでは、他に個人で出来ることとして紹介します。

妊娠確率向上の取組み

筆者が注目に値すると思っているものは、「マカ」です。

妊活歴の長い方ならご存知の方もいらっしゃると思いますが、この「マカ」は妊娠に関して大きな効果が期待出来ます。

「マカ」とは、多産で有名なアンデス地方の伝統的な薬食材で、この薬食材に注目しており、この「マカ」を摂取することで、ホルモンバランスを改善し、排卵をしっかりと促し、その後の受精後の着床するための体つくりをしてくれるなど、女性の身体を妊娠に適した状態への近づけてくれる効果が期待できるのがこの「マカ」です。

その効能に着目した、サプリがありますのでご紹介します。

サプリ名 (リンク) 値段 備考
マカサプリ 初回最大71%OFFの2,490円/1袋
2回目以降20%OFF
(通常8,640円)
大学の機能性試験において「授かり率(妊娠率)」190%向上。
2粒/日の摂取で、1袋60粒入り(約1か月分)

なぜ??「マカ」が女性の身体を妊娠に適した状態にしてくれるかは、このサプリの紹介を含めた下のリンク先で詳細に綴っています。気になる方は記事内容だけでも確認してみて下さい。。

上記サプリには、葉酸も配合されています。葉酸は妊娠中に必要と思われがちですが、妊活中も必要 です。

上記サプリを妊娠まで、妊娠後は、葉酸サプリに切り替えるという取組み方が良いと考えます。

妊娠生活の取組み

上記の最後に少し触れましたが、妊活中及び妊娠、出産後の授乳期にどうしても必要なのは、「葉酸」です。

葉酸が必要な理由は別記事(←リンク)で詳細に記載していますので、ここでは葉酸の必要性には詳しく書きませんが、もう一つ妊婦が注意すべき点は、「冷え」となります。

今まで冷えとは縁遠かったのに、妊娠した途端冷えに悩まされる、という人は少なくありません。

冷えは妊婦にとって「大敵」と言われております。

冷えによる悪影響としては、主に以下が挙げられます。

  • つわりの悪化
  • おなかの張り
  • 腰痛の悪化
  • 下痢
  • 早産

冷えの対策(温活)としては、エアコンの調整(あたり過ぎの緩和)や、ホルモンバランスの崩れ防止のためのリラックス方法の樹立、冷たい飲み物を避けるなどが必要です。

一方、妊婦さんの必要栄養素としては、葉酸が必要不可欠となりますが、葉酸を摂取するのであれば、同時に冷え対策もしたいところです。

そんな状況から、温活としても良いサプリがありますのでご紹介します。

サプリ名 (リンク) 値段 備考
妊娠時期に合わせた栄養を【ショウガヨウサン】  33%OFFの3,980円/1袋
※定期購入(縛りなし)
(単品購入5,980円)
ショウガオール配合で体温上昇効果。
1粒/日の摂取

妊娠中は上記を服用すると良いと考えます。

「私は、温活なんていらないよ。。」という方もいらっしゃるかと思います。

そういう方は、葉酸メインで考えても全く問題ありません。

下記は、値段・品質の両面で見た場合、最も良いサプリではないかな、と思うサプリです。

≪ポイント10倍≫天使の葉酸 サプリ (約1ヶ月分) 送料無料 葉酸 サプリメント モノグルタミン酸 妊活中のママ パパ プレママ マタママ の為に 妊娠中 妊活 赤ちゃん ビタミン 鉄分 【M】 _JH【Msp10】

価格:980円
(2019/4/13 02:35時点)
感想(104件)

出産後の取組み

出産後も別記事(←リンク)で記すように、葉酸が必要となります。

但し、妊活から妊娠期間中に必要な葉酸量ほどはいらないため、過剰摂取を防ぐためにも必要最小限の葉酸摂取を心掛ける必要もあります。具体的には、100μg/日 で十分です。

サプリで摂取が基本となりますが、ここでのサプリは葉酸配合のみでも構わないと思います。

ただ、一番多いタイプとして、400μg配合のサプリが主ですので、そのサプリを分割して摂取する等、工夫が必要となります。

また、下記は既出のサプリですが、このサプリは 一粒 100μgの葉酸配合 となっています。

出産後もやはりこれが一番良い(値段・品質の両面を総合的に判断)サプリだと思います。

改めてご紹介しておきます。

≪ポイント10倍≫天使の葉酸 サプリ (約1ヶ月分) 送料無料 葉酸 サプリメント モノグルタミン酸 妊活中のママ パパ プレママ マタママ の為に 妊娠中 妊活 赤ちゃん ビタミン 鉄分 【M】 _JH【Msp10】

価格:980円
(2019/4/13 02:35時点)
感想(104件)

年齢別の妊娠確率~出産確率

妊娠は最終目的ではなく、出産までいくことが最も大切なことです。

ここからは、アキュア鍼灸院様の統計結果を参照させて頂いた中でいろいろな角度から妊娠~出産に対する項目を見ていきます。

1年間の妊娠確率

下記の表をご覧下さい。

年齢 一年間に妊娠する確率
20 ~ 24 歳 約 84 %
25 ~ 29 歳 約 79 %
30 ~ 34 歳 約 60 %
35 ~ 39 歳 約 55 %
40 ~ 44 歳 約 38 %
45 ~ 49 歳 約 5 %
50 歳 ~ ほぼ 0 %

※アキュア鍼灸院 – 「妊娠率・流産率」 より

 

上表の通り、30台であれば、比較的妊娠する可能性は高いですね。

40台前半も根気があれば、妊娠出来る希望を抱ける数字だと思います。

注目すべきは、40台後半。

一年間頑張っても、5%というのはかなり厳しい数字です。奇跡を信じないととても頑張れない数字です。

流産率

冒頭で書いた通り、妊娠することが目的ではなく、出産することが目的です。

続いて流産率を見てみます。

年齢 流産率
~ 29 歳 約 10 %
30 ~ 34 歳 約 11 %
35 ~ 39 歳 約 21 %
40 歳 ~ 約 41 %

※アキュア鍼灸院 – 「妊娠率・流産率」 より

30代前半までは、横這い推移ですが、30台後半からは、ぐっと流産率が高まります。

40代に差し掛かるときには、その高まり方は一段と激しくなります。

一般的に高齢出産と言われる年代になると、こういうところでも不利な数字 となります。

障害を抱える赤ちゃんが誕生してしまう出産確率

流産せず、生まれてきた赤ちゃん。。

それだけで良いかも知れませんが、出来ることであれば、不自由なく生まれて来て欲しい。

健康は何にも代えられません。

ですが、そんな思い虚しく、障害を抱える子は一定の確率で産まれてくるのが現実です。

そこに年齢差はあるのか??

見ていきます。

年齢 障害を持った子供が生まれる確率
20 ~ 24 歳 約 0.11 %
25 ~ 29 歳 約 0.14 %
30 ~ 34 歳 約 0.25 %
35 ~ 39 歳 約 2.00 %
40 ~ 44 歳 約 7.01 %
45 ~ 49 歳 約 26.11 %

※アキュア鍼灸院 – 「妊娠率・流産率」 より

上記の障害とは、「ダウン症候群」「18トリトミー」「全染色体異常」の統計結果 です。

ここでも、40代後半は群を抜いた高さ です。

妊娠するだけで大変なのに、障害の発生も高くなります。

高齢出産の難しさが、痛いほど伝わってきます。

健康な赤ちゃんを授かる出産確率

最終的に健康な赤ちゃんを手に抱く事の出来る出産確率はどのくらいなのか??

下表で確認していきます。

年齢
1年間の妊活~妊娠~出産
健康な赤ちゃんを授かる出産確率
20 ~ 24 歳 約 75.5 %
25 ~ 29 歳 約 71.0 %
30 ~ 34 歳 約 53.3 %
35 ~ 39 歳 約 42.6 %
40 ~ 44 歳 約 20.8 %
45 ~ 49 歳 約 2.2 %

※アキュア鍼灸院 – 「妊娠率・流産率」 より

20代はさすがに高い確率で、健康な赤ちゃんが生まれそうです。

30代になると、少し減ってきます。この要因はやはり、妊娠のし易さが 20代の頃に比べると落ちてくるのが最大の要因 です。

逆に言えば、妊娠が出来れば、そのまま出産まで問題なく行ける可能性が高い ことを意味します。

40代になると、また一気に可能性が低くなります。

この頃になると、あまり子供に執着せず、夫婦仲良く暮らせる方法を模索し始めても良いのではないかと、個人的には思います。

40代後半で、子供を授かる可能性はほとんどありません。奇跡に近い数値になります。

子供が欲しい中で大変恐縮ですが、諦めた方が精神的に楽になれるかと思われます。

ここでもまた、夫婦で仲良く暮らす未来に目を向けても良いのかな、と思います。

その他

子供が欲しいという人にとって、子供を諦めるということの辛さは、未経験者からは想像出来ないほどの大きさだと思います。

ですが、ここまで見てきたことが統計結果であり、これ以上でも以下でもありません。

もちろん、40歳台後半以上の方でも子供を授かる方はいらっしゃいますので一概には決め付けることは出来ませんが、ここでは、子供を諦めようとしている方々に一つの案として以下を提示させて頂きます。

養子縁組や里親制度を利用する。

今の日本には、実の親からの虐待などで親と一緒には暮らせない子供が、45,000人 います。

彼らを引き取り育てるというものです。詳細は、下記リンク先で確認されると良いと思います。

血の繋がりは強いですが、その強さは絶対的なものではないというのが僕の見解です。

血の繋がりは、普通に生活してこれたからこそ発揮出来るものであって、養子縁組などで子供を引き取った場合でも、育てる過程では血の繋がりまでも凌駕する絆の形成は可能 だと考えます。

無計画な性交渉により妊娠する確率は??

冒頭に記した、精子受精可能期間や卵子受精可能期間、月経周期などの一般的な条件、および排卵され、バッチリなタイミングで性交した場合(30歳)の妊娠する可能性は 約45% 程度と言われている条件の下で算出すると、、、

無計画な性交渉が妊娠させる可能性は・・・約 3% ~ 7%

となります。

本項目に対するお願い

子供を望む人にとって、上記の無計画な性交渉のよる妊娠確率 3~7% という数字は低い数字ですが、子供を望まない人にとっての妊娠の可能性としては決して低くない です。

特に 年齢が10台後半~20台前半の場合、タイミングがバッチリあったときの妊娠確率は、50%を超える 統計データもあります。

子供を作りたくない場合は必ず避妊することが必要 です。

避妊もせずに安易な気持ちで性交し、子供が出来たらどうしますか?

堕ろすことを決めることは一つの決断でしょう。

ですが、是非とも考えて下さい。

堕ろすことで女性は体を酷使しますし、それはそれで男性は誠意をもって対応すべきですが、一番の犠牲者は赤ちゃん です。

産まれることが出来れば、日々仕事または学校に行き、時には恋愛をし、美味しいものを食べたりと、、あなたのような生活が出来たはずです。

その権利を奪うわけです。

そして、その子はもう二度とこの世に生を受けることが無くなります。

堕ろす方々にはいろいろ事情があります。このことも十分理解されているからこそ、悩み、悲しみます。

ならば、最初から妊娠しないように最善を尽くして下さい。

これを書いている今、僕はドキドキしています。それほど重大なことです。

うっちゃんからのお願いでした。

まとめ

まとめますと、、、

  • 妊娠するには、排卵日を知る事が重要!
  • 排卵日を知る最善と思われる方法は、大まかな自分の月経周期を把握し、排卵検査薬を使うの方法で確度を高める。
  • 排卵検査薬は排卵予想日が近くなったら、1日2回(12時間ごと)に使用する。
  • 排卵検査薬が陽性になったら、そこから15時間以内に1回目、1回目から24時間後~27時間後に2回目の性交渉をすると、タイミング的に妊娠する可能性が高い。
  • 年齢別では、40歳代、特に40歳代後半で子供を授かる可能性は極めて低いため、夫婦で仲良く暮らせる方法も検討した方が良いと考える。
  • 子供を諦めきれないであれば、養子縁組や里親制度の利用検討の価値はある。

ということになります。

絶対に忘れてはいけないのは、

  • 子供を望まない性交渉は、必ず避妊をする!!

大切です。守って下さいね。

以上、うっちゃんでした。。

一般論の検証

本記事で、一部検証した結果をここに載せておきます。

一般的に言われている以下のことが本当に正しいか検証をしておきます。

  • 一般的に妊娠検査薬陽性反応の翌日、翌々日が最も妊娠し易いのか?
  • 排卵検査薬は本当に1日2回もやる必要があるのか?

下表をご覧ください。

妊娠検査薬で陽性反応が出た後のスケジュール

イメージ付けやすく日付を付けてみました。

●上表内左上の日付 3/10 9:00 の段階では排卵検査薬は ”陰性” でしたが、その 12時間後の 21:00 では、”陽性” となりました。

・ここで、いつ排卵するかを予想します。

「一般的に陽性反応が出てから 40時間以内に排卵する」とのことですので、以下の2つの範囲内で排卵することになります。

陽性反応後 24時間後~44時間後 の間に排卵する可能性が最も高い。

※陰性であった、3/10 9:00 はもしかしたら、9:01 では陽性だったかも知れない。つまり、最も早い排卵のタイミングは、3/10 9:00 から 40時間後の 3/12 1:00
※陽性であった、3/10 21:00 はもしかしたら、20:59 では陰性だったかも知れない。つまり、最も遅い排卵のタイミングは、3/10 21:00 から 40時間後の 3/12 13:00
※排卵検査薬や排卵のバラツキを、40時間の 10%(4時間)程度見込んでいます。

●排卵時間帯が分かりましたので、あとはここを逃さないことが最重要となります。

もっと、具体的に言うと、卵子受精可能期間を逃さない、その時間帯全てを網羅させることが最も重要 です。

・それでは、いつ、何回、性交渉を持つべきなのでしょうか?

色々な条件を逆算していくと、

  • 1回目の性交渉は、陽性反応後 15時間以内
  • 2回目の性交渉は、1回目の性交渉後 24時間後~27時間後
    ※但し、排卵検査薬を1日2回(12時間ごと)使用している場合

となります。

※精子の受精可能時間帯は、射精後最短 30時間程度であることから、1回目の性交渉は、陽性反応後 15時間以内 にしなければいけない。
※陽性反応後 15時間後に性交渉すれば卵子受精可能期間を網羅出来るが精子側バラツキを考慮して、1回目の性交渉後 24時間後~27時間後までに 2回目の性交渉をする と安心。
※精子のバラツキを、3時間程度見込んでいます。

以上の検証から、まず「一般的に排卵検査薬陽性反応の翌日、翌々日が最も妊娠し易いのか?」については、必ずしも翌日である必要はなく、陽性反応後 15時間以内に、1回目の性交渉をする必要がありますが、陽性反応が出た時間により、翌日・翌々日に性交渉することで妊娠はし易いです。

従って、「一般的に排卵検査薬陽性反応の翌日、翌々日が最も妊娠し易いのか?」については概ね正しい。と結論されました。

●もう一つの「排卵検査薬は本当に1日2回もやる必要があるのか?」についてですが、上表のような表はありませんが、筆者の方で確認致しました。

その結果、1日1回しか排卵検査薬を使用しなかった場合でも、卵子受精可能期間を網羅させる性交渉をもつことは不可能ではありませんが、陽性反応時間により性交渉をもつ時間が昼間でないといけないケースが存在しそうです。
※これは、1日1回しか排卵検査薬を使用しないことにより、予想される排卵時間帯が長くなるからです。

つまり、仕事を休まないといけませんのでなかなか現実的ではないように思いました。

従って、やはり排卵予想日が近付いてきたら、排卵検査薬を1日2回(12時間ごと)使用するべきであり、排卵検査薬は1日2回やる必要がある と結論します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!