老後破産しないための貯蓄額は?下流老人とは?原因と対策を探る。

老後生活

 

現役世代の方、(自分も含めて)下流老人の言われる方々が近年増えているのを知っていますか??

「私は、年収が平均以上だから大丈夫!!」と考えているあなたこそ危ない かも知れません。

 

下流老人とはどういうもので、そうならないためにはどういうところに気を付けていかなければならないのか??

 

一緒に見て行きましょう。。

 

 

下流老人って??

字を見れば、なんとなく分かりそうだし、分かっているつもりになっていたけど、こうやって聞かれてみるとよく分からないな。。って人、多いと思います。

 

「下流老人」とは、一般的に以下の状態に陥った時、下流老人 と呼ばれます。

  1. 十分な収入がなく、尚且つそれを補填出来る老後の貯蓄がない。
  2. 周囲に頼れる人がいない。
  3. 子供がワーキングプアまたは引きこもりで親のすねをかじっている。
    ※wikipedia より

 

上記の内容は、一つ一つどの項目をとってみても、とてもかわいそうな状態であり、自分がこういう状態になるのは何としても避けたい!って思いますね。。

状況を想像すればとても悲惨でありますが、だからこそ「下流老人」と言われる所以でもあります。

そして、このような方々は現実にいらっしゃる事を決して忘れてはいけないと思うところです。

 

それでは、上記が具体的にどういう事か考察していきたいと思います。

 

1.十分な収入がなく、尚且つそれを補填出来る老後の貯蓄がない。

まず、平均的な高齢者世帯の収入および、支出の関係から、老後生活を始めるにあたり、どのくらいに貯蓄があれば 「安心」 なのか??

その 「安心」 ラインと現実にはギャップはあるのか?

あるとするとどの程度あるのか? を確認していきます。

 

以下の表をご覧ください。

  高齢者世帯 全世帯
平均年収 308万円 546万円
手取り 293万円 (未調査)
年収中央値 242万円 (推測) 428万円
年間平均支出 305万円 (未調査)
平均貯蓄額 1,224.7万円 (未調査)
貯蓄中央値 500~700万円 (推測) (未調査)

※厚生労働省-「平成28年度国民基礎調査」 より

 

上表の通り、年収中央値は概算で、242万円に対し、支出は、305万円といきなり赤字 を叩き出しています。

この平均支出は平均値である為、中央値は少し下がる可能性はあるものの、高齢者の支出の特性を考察すると、支出は平均年収とその中央値ほど差はない可能性はあるは思います。

※考えた方として、中央値は平均値よりも下がる傾向は確かにあるが、それは 「中央値の支出はもっと低いはずだからウチは大丈夫!」 という根拠のない安心感に繋がり、その考え方は最も危険と僕は考えますので、ここは、「最低、平均値程度の支出はかかる」 と考えるべき と考えます。

 

現在、「人生100年時代」 の到来などと良く聞きます。

平均寿命は 30年後には、90歳を超えてくる、とする予想も出ている中で、貯蓄の中央値、700万円以下という数字は、あえて計算しなくと明らかに足りないことは分かるかと思います。

 

上表では、年間の収入に対し、年間支出でおよそ 「60万円」 ほど足らない事が分かりました。

65歳で年金生活に入ったと仮定し、95歳まで仮に生きたとすると、

60万円 × 30年間 = 1,800万円 の貯蓄が65歳を迎えた段階でない場合、平均的な生活が送れない ことを意味しています。

 

それだけではありません。

今後、年金制度自体がどうなるか不明です。現状よりも減額幅が大きくなっていくことも容易に想像できます。

また、日本が今後10年、20年先にはとっくにデフレは脱却し、インフレ経済になっている可能性もあります。その場合、現状の貯蓄は実質的に目減りする訳ですから、インフレ率分の貯蓄も余分にしなければいけません。

これらを考慮すると、現在の現役世代の方々は、定年時の貯蓄額として、1,800万円 ではとても足りず、この 1.5倍(約2,700万円)、平均的な生活より少し余裕も持ちたい場合は、この2倍(約3,600万円)程度は、欲しい貯蓄ラインになるのではないかと推測します。

これらの金額が貯蓄として定年時にない場合、金銭的に老後破産する可能性は極めて高くなると同時に、その額との乖離が激しいほど老後破産は早まるという事になります。

 

具体的にどのようなケースが、金銭的に下流老人化する危険性が高まるのか??

 

金銭的 下流老人化するケース

上記までの中で、貯蓄についてクローズアップさせた訳ですが、現役を退いたときに貯蓄がないケースとしてどんなことが他に考えられるのか?

現代の引退世代・現役世代に関わらず、金銭的に下流老人化するケースは、以下のようにいくつか考えられます。

  1. 浪費家
  2. 病気やケガによる高額医療費負担の発生
  3. 離婚(特に熟年離婚)による財産分与
  4. 非正規雇用による低年収(特に現役世代)

 

それぞれ見て行きます。

 

a.浪費家

このタイプは意外にも多いです。

やたら高級品を欲しがり、自世帯の収入とは不釣り合いな出費を繰り返す。

そういう人は、例外なく 「見栄っ張り」 であり、「他人と自分を常に比べたがる」 性格を持っています。その上 「楽観的」 であります。

この 3つが揃った場合、ほぼ確実に 「浪費家」 となりますので、ご自分がこのような性格でないかどうか、自問自答してみてください。

 

言うまでもまく、浪費家 は、自分の収入のキャパを超えた買い物をするため、貯蓄は出来ませんし、ひどくなると、老後云々の前に破綻してしまいます。

 

b.病気やケガによる高額医療費負担の発生

特に高齢になったときに、こういう事態になりやすくなります。

人間、高齢になってくると、身体能力やその耐久性、病気になるリスクが増大するのは、致し方ないことです。

致し方ないゆえに、この問題は無視できなくなります。

 

平坦な道で転び、骨折 などはよく聞く話ですし、頭など打って、緊急手術 というケースだって、高齢であれば確実に発生確率は高まります。

ただの風邪がこじれ、肺炎に罹り、長期入院 等、こういう病気でも高齢だからこそなりやすいです。

そうすると、入院・通院費や治療費・薬代、手術ともなれば、比較的大きな出費にもなります。

そういう事態が貯蓄を減らし、下流老人化リスクを増大させます。

 

c.離婚(特に熟年離婚)による財産分与

60歳以上の高齢者で、離婚してしまう夫婦は、年間の離婚夫婦の実に、7.6%※1 に上ります。

※1:厚生労働省-平成21年度「離婚に関する統計」の概況 より

 

熟年離婚で心配されるのは、財産分与により、手元のお金がいきなり半分になることと、場合によっては、賠償金の発生により、お金が無くなることです。

どの年代でもこのリスクはありますが、特に熟年離婚を懸念した理由は、決してやり直しが効く年齢ではない からです。

ここから、お金をガッツリ稼ぐことが出来るという希望は、ほぼないと言っていいでしょう。

 

「元々、二人で使うお金だったはずだから、それが二分されて問題はあるのか?」

と思うかも知れませんが、実は、二人で生活するときの一人頭の生活費(二人世帯の生活費÷2)と、一人で生活するときの生活費はイコールではありません。

以下の表をご覧ください。

 

家計支出 月の平均支出 年齢
二人世帯(無職世帯) 237,619 円 平均 73.7 歳
単身世帯 148,358 円 60歳 以上の世帯

※総務省統計局-「家計調査報告書 平成29年(2017年)」 より

 

上表を見て頂いて分かるように、夫婦それぞれが単身世帯になって、それぞれが平均的な生活レベルを維持した場合、夫婦で平均的な生活していたときの支出より、およそ 「25%増」 の生活費が2人でかかる ことになります。

これは、言い換えれば、二人で生活してお金を使えば 20年 もつ貯蓄が、それぞれが単身世帯になったばっかりに、二人で 16年 しかもたないことを意味します。

 

これは、住居費が二倍かかることや、光熱費、交通費、また食事が別メニューになることで発生する食費ロス等、いろいろな要因で余分にかかってしまうことが原因です。

これは別々で暮らす以上、どうしようもないことであり、20年もつ貯蓄を半分にして、一人がそのまま 20年 もたせるには、25%増 分の節約や生活レベルを落とすしか道はありません。

 

この4分の1の割合は非常に大きいです。自分の収入が4分の1減ることと同じです。

 

d.非正規雇用による低年収(特に現役世代)

失礼ながら、正規雇用者よりも非正規雇用者の方々の年収の方が低い です。

当然、その給料に伴って生活レベルも低いでしょう。

 

ここで挙げる a~d の中でここが最も問題となり得ます。なにしろ、貯蓄するにも実入りが少ないため、老後どころか目先の生活費や養育費に頭を悩ませることだって考えられます。

 

以下の2つの表をご覧ください。

 

非正規雇用者 平均年収
全体 172 万円
男性 228 万円

※国税庁-「平成28年分 民間給与実態統計調査」 より

 

給与所得者(正規・非正規 混合) 平均年収
全体 422 万円
男性 521 万円

※国税庁-「平成28年分 民間給与実態統計調査」 より

 

上記は、非正規雇用者のみで見た平均年収と、給与所得者全体で見たときの平均年収です。

見て分かるように、非正規の年収はかなりの低水準であることが分かると思います。

但し、非正規には、アルバイトやパートが含まれるため、非正規の代表格である、「派遣社員」などは、当然もっと良い給料は貰っているはずであることには留意する必要があります。

 

具体的には下表のような状態です。

 

派遣社員
平均年収(全国) 287 万円
平均年収(関東・東海・関西の三大都市圏) 341 万円

一般社団法人 日本人材派遣協会「派遣社員WEBアンケート調査」2018/1/24版 及び 株式会社リクルートジョブズ 「派遣スタッフ募集時平均時給調査」 の 2018年 5月度 の一部を参照し、作成した表

 

上表を見ても、やはり 非正規は全平均と比べても低いと言わざるを得ない状況 かと思います。

 

以下の記事では、平均年収の他に僕独自の手法で中央値も出していますので、中央値を知りたい方や、もっと詳しく知りたい方はどうぞ。

 

平均年収・中央値は?正社員は?非正規は?まとめました!
皆さん、唐突ですが、年収はおいくらでしょうか??自分が日本という国の中で稼いでいる方なのか?はたまた、稼いでいない側なのか?今回は 「年収」 について、いろいろな角度から見ていきたいなと思っています。

 

2.周囲に頼れる人がいない。

この事は、比較的容易に想像出来るのかも知れませんね。

まず「周囲の人」で思い浮かべるのは、「家族」ではないでしょうか??

老後を迎え、ずっと元気でいれればまだ良いですが、実際は体力は衰え、少しの体調変化で大事になる事もやはり多くなりがちですよね。。

 

そんな時、頼りになるのはやはり 家族 であります。

例えば配偶者の方がいらっしゃるならば配偶者に頼るという事にもなるかも知れませんが、そもそも 配偶者の方も大体で高齢であるはずであり、自分の面倒を十分見てもらえるかと言えば、かなり疑問 です。

それどころか、不幸にも先立たれてしまっている場合、標題の通り、頼れるひとはいません。

 

次に 「子供」 という手もあるでしょう。

但し、これはかなり自分自身精神的に負担が生ずる可能性を秘めています。

愛すべき我が子、我が子の幸せを一番に望んでいたはずなのに、その子に自分の面倒を見させる・・・。

僕自身、そうなったら非常に申し訳ないです。。。

ただ、そのケースはまだ良いでしょう。何て言ったって見てもらえる訳ですから。

 

子供が遠くへ行ってしまい、戻って来られない。。また、子供がいないなんて場合はまさに頼れる人は皆無 となります。

 

もう一つの手は、「老人介護施設」に入居するという手があります。

但し、これも金銭的に先立つものがなければ成り立ちません。。

 

この様に 周囲に頼れる人がいなければ「下流老人」の条件が整ってしまう こととなります。

 

3.子供がワーキングプアまたは引きこもりで親のすねをかじっている。

このケースの可能性のとしては、お金がないという人よりも更に低い可能性でありますが、もし、こうなってしまった場合は、全てにおいて良くない事です。

まず第一にお金がかかり、よほど裕福でなければ将来の自分達の為の「老後資金」が貯められません。

 

また、そういう子供では、将来自分達の面倒を見れるという確証はとても持てませんし、そういう子供でもやはりかわいいという思いはあると思いますので、その子の将来を悲観し悩む事で心身に影響をきたしかねません。

 

以上の状況から、この項目の場合は 「下流老人」 化するリスクはもうすぐそこにある事を決して忘れてはいけません。

 

「下流老人」にならないために・・・

 

「下流老人」化リスクは、皆さんが思っていたより身近にあると感じたのではないでしょうか??

か僕自身、このままでは「下流老人」になってしまうリスクは高いと感じています。。

 

それでは、その 「下流老人」にならないためにどうすればいいのか?  具体的には以下のようなことになります。

  1. 老後の貯蓄を増やす。
  2. 常日頃から頼れる人を増やしておく。
  3. 子供を自立させる。

 

当然の事ながら、この3つとなりますので、一つ一つ見ていきましょう!

 

1.老後の貯蓄を増やす

前述させて頂いたように、下流老人リスクの一因に、金銭的な問題がありました。

老後貯蓄を増やすと言っても、これはなかなか簡単ではないですが必須の項目となるでしょう。

その方法をいくつか考えて行きたいと思います。

 

支出を抑える。

まず、考えなければいけないこととしては 支出を抑える ということです。

このテーマは突き詰めれば大きな効果を上げることも出来る項目です。

ここでサラっと書くにはテーマが大きいので、ここの 「支出を抑える」 ことについては今後コンテンツを整えていきたいと思います。

 

いずれにせよ、こういう努力なくして、良き老後はないと心得ましょう!!

 

投資をする

株式投資や、FX は、怖い という印象が付きものですが、投資手法さえ間違うことが無ければ決して怖いものではありません。

 

株式投資

既に株式投資で運用をされていて、一定の利益を上げ続けている人はそのまま継続すれば良いですが、上手く運用出来ていない、これから株式投資をしたいという方は、是非 「長期投資」 にすることをお勧めします。

 

個人で株式投資をする場合、どうしても目先の利益を追いたくなりますが、短期投資の繰り返しは思っているより難易度は高くベテランでも一回のミスで資産を溶かしてしまうほどです。

その点、長期投資と腹を括れば目先の値動きはノイズに過ぎず、なお且つ株は長期的には上昇バイアスがかかり易いため、利益に繋げやすい特徴があります。

 

以下の記事ではそんな長期投資に対する見解をまとめていますので、興味あればご覧になると良いと思います。

 

長期投資のススメ

 

また、これから株式投資を始めたいという方は下記の記事が参考になるでしょう。

 

どこの証券会社がいいのか??

 

FX

FX は通貨取引です。最も人気の通貨組み合わせは、「ドル」と「円」の組み合わせとなりますが、例えば 今後「円」が「ドル」に対して安くなっていく(円安)と予想すれば、ドルを買っておいて、円が安くなったところで、円を買い戻すことで利益を得るというものです。

 

株式投資で運用する人よりも FX で資産運用する人の方が多いですので、事実上の資産運用方法の代表だとも言えます。

また、実際に FX にて、億単位の規模で資産を形成した人も多くいますので、やり方さえ間違えなければ十分運用方法として検討する価値はあります。

 

下記バナーは個人的にオススメする「DMM FX」へのリンクです。

 

 

自分で投資するのは怖い人

資産運用には興味あるけど、自分でやるのはやはり怖いなぁ。。という方には、投資信託 という選択があります。

その中でも、【iDeCo】については活用するに値すると思っていますので、是非活用することの検討をするべきと思います。

 

「iDeCo」活用のススメ!

 

転職により収入を増やす

転職は、収入を増やすという点においては非常に大きい可能性を秘めています。

 

仮に転職により、年収10万円でもベースアップさせることが出来たならば、今後30年間働くと仮定して、生涯で 300万円が現状より多く貰えることになります。

この額は老後資金に大きな 「足し」 となります。

 

これが年収アップ20万円なら、30万円なら、、、?

年間で見れば大したことなくても長期で見れば莫大な効果となります。

 

いずれにせよ、正社員になりたい、年収を上げたい、とかの願いは転職が一番です。

 

転職する場合、年齢がネックになる場合も多い為、より良いところをより効率良く探す必要があります。

具体的には、転職サイトや転職エージェントなどの転職支援サービスの利用を検討すべきでありますが、そのための利用の仕方をここで記載していくには少しボリュームが大きいので、以下のリンク先で詳細にしてあります。

 

効率的な転職方法

非正規社員が正規社員を目指す最も実現性が高い方法

 

また、以下のリンク先では色んな業種に対して、筆者厳選の転職支援サービスを紹介しています。上記記事同様、転職を成功させたい人にとっては必読のことと考えます。

 

転職 & 仕事先はココで探そう!!

 

上記の通り、一番効率が良く転職活動が出来るのは転職サイトや転職エージェントの利用ですが、特に転職サイトには、転職する気が今はなくても登録はしておくべきです。

なぜなら、お金がないことが普通となり、苦しい中で何とかやりくりしようとしてしまい、転職すれば状況は良くなる可能性があるのに、転職より苦しい生活を続ける人が多いからです。

そして、損をしていることに気づかない。

 

転職サイトは完全無料ですし、エージェントのように煩わしい電話とかもありません。

自分で空いた時間に求人をチェックすれば良いのです。

その中で、自分が希望する条件の求人があれば必ずそっちに行きたくなります。

筆者は、2019年現在41歳高卒ですが2回の転職を経験しており、年収は世間の平均よりだいぶ多い額を頂いています。

元々は筆者も転職する気は無かったのですが、転職サイトへ登録し、スカウトメールで良い求人に出会い転職した口です。

もちろん転職サイトへは今も登録しています。

 

こうなればお金の不安から解放されることにも繋がります。

これは経験上、転職する、しないに関わらず、人生において選択肢を増やせることにもなります。

最もオススメの転職サイトは、業界最大手リクルートが提供している「リクナビNEXT」です。

この下にリンクを貼ってありますので、登録はしておきましょう。

 

リクナビNEXT 」へ行く

 

転職を検討しないということは将来の可能性を狭めることになりますが、それでも良いのですか?

 

収入面から転職を検討する一つの目安

転職は前述の通り、収入アップに大きな可能性を秘めていますが、仮にあなたが世間一般より既に大きく稼いでいるのなら転職による収入アップは望めないでしょう。

その目安を知るためには世間の平均的な収入はそのくらいか??は知識として必要です。

下記記事ではそんな世間の収入状況をまとめていますので、興味があればどうぞご覧ください。

 

平均年収・中央値は?正社員は?非正規は?まとめました!
皆さん、唐突ですが、年収はおいくらでしょうか??自分が日本という国の中で稼いでいる方なのか?はたまた、稼いでいない側なのか?今回は 「年収」 について、いろいろな角度から見ていきたいなと思っています。

 

平均年収・中央値は?今度は年代別でまとめてみたよ。
自分の年収と比較するための統計として、全体の平均や中央値が分かっても、その値に自分の年収が届いているのが良いか、届いてなくても良いのかは、それだけ見ても分かりません。その点を考慮して今回は本記事にて年代別平均年収を調査しましたのでご覧ください。

 

業種別の平均年収は転職先を探す前段階で必要な情報である!
自身の年収水準を把握するためには、日本全体の年収を把握するのも一つの手ですが、自分が勤める業界の年収水準を把握するのも大事です。本記事ではそんな業種別の年収水準を紹介します。

 

 

2.常日頃から頼れる人を増やしておく。

 

 

家族を増やすというよりかは、「友人」を増やすと良いと思います。

心から信頼がおける友人がたくさんいる事でお互い「助け合う」事が可能になります。

この「助け合う」というところが非常に大切 で、結局のところ人間は一人では生きていけません。それが老後となるとより鮮明となるでしょう。

 

是非、日ごろから友人は大切にし、人間同士のつながりを築いていけたらそれは一生涯の財産となるはずです。

 

3.子供を自立させる。

可能性としては低めなのかも知れませんが、この項目は非常に大切であります。

この 3つの中でも実は一番大切 だと個人的には感じています。

 

子供を自立させる事は親の責任でもあります。

この項目に失敗すると、金銭面・精神面ともに苦労する可能性が非常に高まります。

 

※この項目は非常にテーマが大きい為、以下に専用の記事にまとめてあります。宜しければご覧ください。

 

息子・娘を自立させたいであれば、幼児期から親の責任を全うせよ!
今回の話は標題の通り、あなたのお子さんを将来立派に自立させたいのであれば、それは親であるあなたがしっかりとその育児に対する責務を全うする事が必要です。 幼児期にはどんな対応が良いのか? 今回はその件について、考えていきます。...

 

息子・娘が自立しない!と悩んでいませんか?対処法はこれしかない!
子供もある程度大きくなり、本来であれば自立するのが普通の年齢なのにも関わらず、自立せずに親の傘の下で生活している・・・。 本当はそんなふうにさせたくない! と、両親が思っていても、、そんなふうになってしまった。。。 本人達...

 

息子・娘が自立しない!ひきこもりへはひきこもりへの対処法がある!
私の息子がひきこもってしまった・・。ひきこもりで悩んでいるご家庭は実際にいらっしゃいますし、その悩みは親からしたら、自分のこと以上に深刻でしょう。当人たちには苦しい問題であることは想像に難くありません。原因は何なのか?? 対応はどうすれば良いのか??

 

最後に・・・

いかがでしたでしょうか??

決して不安を煽る記事ではなく、「下流老人」 化する可能性は誰にでもあり、今からでもどの方でも少しでも早く対策する事で、「下流老人」 化するリスクは軽減させる事が出来る事を知ってもらいたいと思っています。

あとは、あなた自身、どこまで本気で取り組むかだけになります。

本記事を読んで下さったあなたは少なくとも興味があって読まれたはずであり、行動に出る事が出来る方だと思います。

 

取り組むべき内容は非常に抽象的かも知れませんが、実践する中で解決策が見えてくると思います。

 

これを見ている方々に幸あれ・・・

 

以上、うっちゃんでした。

 

 

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました