学資保険は必要なのか?それとも不必要なのか??検討してみました。

その他

 

子供がいらっしゃる方の中で学資保険を検討している人は多いでしょうね。

そもそも学資保険、必要なのか?

と言うところを検討してみたいと思います。

学資保険の目的

そもそも学資保険とは、どのような目的があるのか?

これを理解しなければ必要の是非は判断が難しいですね。

しかし、学資保険を検討されている方の中で、その目的を分かってない方は少ないと思われますのでここは、さらっと行きます。

 

学資保険の目的はただ一つですね。

 

  • 将来、子供にかかる学費や教育費を捻出するため。

 

ということになります。

また、この目的のために、大黒柱に万が一のことが起こった場合も含まれることになります。

 

学資保険は必要なのか?

 

 

本題に入っていきます。

 

学資保険の目的は上記に記したように、「将来、子供にかかるお金(学費・教育費)を確保」 することでしたので、学資保険を契約しなければこのお金を確保出来ない人にとって、学資保険は、「必要」 ということになります。

 

学資保険が必要なケース

将来、学費分を捻出出来ない方々に、学資保険が必要ということは、以下のような方々だと考えられます。

 

  1. お金の無駄使いをしがちな人
  2. 将来が心配な人

 

それぞれ、見ていきます。

 

1.お金の無駄使いをしがちな人

お金に少し余裕があると、人は 「少しくらいなら使ってもいいかな・・・」 という気持ちが働きますね。

そこで、我慢できる人は良いかも知れませんが、これがなかなか難しい。

と、なると将来の学費分は普段の生活費と完全に別管理する必要があります。

給料もらったらすぐに、将来の学費分を別口座へ移動させて、残った分でやりくりする。

それを確実に実施出来なければ、自分では、無意識の中で、知らず知らずに無駄使いしている可能性があります。

 

2.将来が心配な人

こういう方は一定数いらっしゃいます。

 

漠然とした心配。。 何となく不安。。

 

このような得体の知れない心配事は、心身に良い影響を与えないですし、その心配があるということは元々、すごく裕福という訳ではないはずです。

保険は本来、安心を買う という側面がありますので、学資保険に加入する、という選択は 「妥当」 だと思います。

 

学資保険が不必要なケース

大概の場合、不必要なケースは必要なケースの逆説が成り立ったりするものですが、今回検討しているようなケースでは必ずしもそうではありません。

 

仮に、逆説で箇条書きしてみます。

  1. お金を無駄使いしない人
  2. 将来が心配ではない人

 

それぞれ見ていきます。

 

1.お金を無駄使いしない人

お金を無駄使いしない人とは、前述させて頂いたように、

「将来の学費分はしっかりと別管理出来ていて、その分を差し引いたお金で生活をやりくりできている人」

ということになります。

 

こういう方々は、自分たちでしっかりと将来を見据えて生活出来ていると判断出来ますので、保険に改めて入るなんてことはそうそう必要ではないでしょう。

なせならば、冒頭の目的を自らが実践出来ているからですね。

 

ですが、当然リスクはあります。

自らがやっているため、それが出来なくなった場合、、例えば大黒柱に万が一が起きた場合 等、これまでの貯金が難しくなるケースは考えられます。

そのリスクを理解した上で、やられているというのが前提になりますが、そうであれば保険は要らないでしょう。

 

2.将来が心配ではない人

ここの項目は注意が必要です。

 

上記に示した 「2.将来が心配な人」 に対する逆説は、ここでは成り立ちませんね。

確かに、将来の心配が要らないほど、お金を持ってる場合は当てはまるかも知れませんが、この場合はどちらかと言うと、マインドの問題であると考えることが出来ます。

 

将来が心配な人は、そのまま 「心配性」 という人もいます。

そう考えると、この項目である、「将来が心配ではない人」 は、「楽観的」 な人と捉えることが出来ますね。

この考え方にリスクがあります。

 

楽観的に 「何とかなる!」 と生活してきた人は、いざ、難関な壁に当たると策がないゆえに、その壁を乗り越える事が難しいです。

学資保険でいうと、進学をあきらめざるを得ない 等、何かを犠牲にする事となります。

 

学資保険が不必要なケース - 結論

上記までのように、学資保険が要らない方はどういう人かと言いますと、、

 

将来の学費分をしっかりと貯金管理出来る人。

 

ということになります。

 

また、注意点がありました。

それは、、

 

大黒柱に万が一が起きてもカバー出来るようにしておくこと。

 

以上の方が、学費保険加入は不要 と考えます。

まとめ

 

 

「学資保険が必要な方」と「学資保険が不必要な方」をまとめますと、以下になります。

 

◆学資保険が必要な方

  • お金の無駄使いをしがちな人
  • 将来が心配な人

 

◆学資保険が不必要な方

  • 将来の学費分をしっかりと貯金管理出来る人。

但し、

  • 大黒柱に万が一が起きてもカバー出来るようにしておくこと。

 

と、いうことですね。。

 

※下記リンク先で、僕が良いと思う学資保険について書いています。宜しければこちらもどうぞ。

学資保険はソニー生命で決まり!その理由を解説します。 ←リンク

 

最後に・・・

 

 

学資保険は、貯蓄型の保険です。

返戻率が、100%を超えるものも少なくありません。

僕自身は決して、加入して損するものではないと考えています。

ですが、保険期間はその保険料を基本的に払い続けることになりますから、まさに強制的に貯金させられます。

そこが、メリットであり、人によってはデメリットにもなり得るでしょう。

 

自分自身で納得いくまで検討して頂き、その中で、本記事があなたの決定に少しでも後押し出来るのであれば、嬉しいことです。

 

以上、うっちゃんでした。。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました