学資保険はソニー生命で決まり!その理由を解説します。

その他

 

学資保険の加入を検討している、特に初めて検討する、という人にとってはどこの保険会社にしようか迷われていることと思います。

そのような境遇の方にお勧めしたいのが、、

 

ソニー生命 です。

学資保険の選ぶ目線

学資保険とは、将来子供にかかる学費を工面するために加入するのが目的であり、実際その目的で加入している人がほとんどではないでしょうか?

ですので、学資保険は自己貯蓄の代替方法なわけですね。

その性質上、貯蓄性が高い保険を選ぶ のが理に叶っていますし、学資保険では一番重要なことです。

 

学資保険で一番重要視すべき項目とは?

貯蓄性とは、いかに効率良くお金が貯まるか?

と言い換えることができますので、学資保険でいうと、「貰えるお金がどのくらいあるんですか?」 ということですね。

 

これは、払った金額と、貰える金額の差額で判断できます。

すなわち、

 

返戻率はどのくらいか?

 

ここが、真っ先に確認する項目であり、一番重要 ということになります。

 

この保障もあるとベスト

学資保険において、一番重要視すべきは 「返戻率」 であることは間違いありませんが、支払いをする一家の大黒柱に万が一のことがあったら、元も子もありません。

本来、そのようなことがあった場合 (本当はあってはならないが)、以降の保険料が免除されると、なお安心できます。

ですので、、

 

契約者に万が一のことが起きた場合の保障内容はどうか?

 

ここも、一つチェックされると良いでしょう。

 

学資保険加入の際の注意ポイント

 

 

学資保険加入に際し、どういうところに注意が必要か?

見てみます。。

 

支払い金額

返戻率が良いということは、すなわち、支払い金額が少ないということですが、だからといって、安易に金額を上げるわけにもいきません。

各ご家庭ごとの収入と支出のバランスを見た上で、金額を決めなければいけませんね。

 

返戻率満額を貰うには当然満期を待たなければいけません。仮に、少し頑張った金額で契約し、その後の日々の生活が成り立たなくなって、泣く泣く解約、、なんてことになると、最悪元本割れをします。

ですので、、

 

契約期間中の将来の支出までを事前に見込んで、生活に支障がない金額で契約する。

 

これが大事になります。

決して、欲を出さないようにしましょう。

 

契約者の年齢

契約者の年齢により、返戻率が異なります。

年齢によっては元本割れもあり得ますし、場合によっては契約そのものが出来ない可能性もあります。

これは、保険会社によってまちまちであり、保険会社・プランによっては、30歳台後半で、既に契約出来ないものすらあります。

契約したいときは、ご自分の年齢も考慮しなければなりません。

 

保障を付けすぎない

前述したように、学資保険は貯蓄性を高く持つべき保険です。

子供の万が一に備えた保障等は掛け捨てであり、そういうものを付けると、すぐに元本割れをしますので注意が必要です。

 

支払い方法を検討する

保険の支払いばかりではありませんが、月払いが普通ですね。

しかし、学資保険の場合、それを例えば 「年払い」 にすると、返戻率が増える のが通常です。

お金に余裕があれば、また年間でその分を別で確保できる管理能力があれば、年払いの方がお得となります。

 

また、支払い期間も重要です。

支払い期間が短いほど、返戻率は高くなります。

しかし、ここでも日々の生活費のことを忘れてはいけませんね。

無理なく払える金額内に抑えるために家計と相談することが大切です。

 

加入するであれば、出来るだけ早く加入する

子供が小さければ小さいほど、返戻率は高くなります。

ですので、学資保険に加入するであれば、迷わず、そして出来るだけ早く契約しましょう。

 

保険会社が破綻した場合、保険料は全額戻らない

このケースは事前の察知は難しいですね。

 

ここは、保険会社破綻リスクもあるという認識をもって加入しなければいけない、ということです。

 

仮に、保険会社が破綻した場合は、責任準備金の 90% しか戻りません。

※責任準備金 ≒ 解約返戻金

責任準備金と解約返戻金は同じではありませんが、大体同じ金額となります。

 

また、仮に他の保険会社に契約が引き継がれた場合でも、返戻率は見直される可能性は高いと考えられます。

 

ソニー生命の学資保険

 

 

上記までの、学資保険の選ぶ目線と注意ポイントを踏まえ、僕が勧める学資保険は、タイトル、また冒頭にあるように、

 

ソニー生命の学資保険

と、なります。

 

それでは、上記「学資保険を選ぶ目線」で述べた、ソニー生命 学資保険の「返戻率」や「補償」について見ていきましょう。

 

ソニー生命の学資保険 返戻率

ソニー生命が販売する学資保険の返戻率は、業界トップであります。

 

具体的な学資保険プランとしては、「I型」「Ⅱ型」「Ⅲ型」とありまして、それぞれ特徴があります。

簡単ですが、下表にまとめましたのでご覧ください。

 

プラン 保険期間

保険料(円)

受け取る年齢・金額 受取総額 返戻率
12歳 15歳 18歳 19歳 20歳 21歳 22歳
Ⅰ型 18歳満期 13,110 30万円 30万円 100万円 – – – – – – – – 160万円 101.7%
Ⅱ型 18歳満期 15,900 – – – – 200万円 – – – – – – – – 200万円 104.8%
Ⅲ型 22歳満期 15,540 – – – – 40万円 40万円 40万円 40万円 40万円 200万円 107.2%

※契約者:30歳 男性・被保険者(子供):0歳・保険料払込期間:10歳まで・月払い の場合

 

上記のように、プランにより、受け取れる年齢や、各金額に差がありますが、一番の注目は、「返戻率」です。毎月 2,000円強の値段の違いで返戻率は大きく違いが出てきます。

 

ソニー生命の学資保険 補償

契約者に万が一があった場合(亡くなられた・所定の高度障害になった・不慮の事故により事故日から180日以内に所定の身体障害になった)、以降の保険料が免除されます。

当然、学資金は受け取れます。

まとめ

 

 

学資保険についてまとめてみましょう。

 

◆学資保険を選ぶ目線

  • 学資保険で最重要視するべき項目は「返戻率」。
  • 契約者に万が一のことが起きた場合の保障内容はどうなっているのか確認する。

 

◆学資保険加入の際の注意ポイント

  • 契約期間中の将来の支出までを事前に見込んで、生活に支障がない金額で契約する。
  • 契約者・子供の年齢の年齢は返戻率に影響する為、考慮する。
  • 補償を付けすぎない。
  • 支払い方法(月払い・年払い・払い込み期間 等)を検討する。
  • 保険会社が破綻するリスクは理解しておく。

 

◆ソニー生命 学資保険について

  • 業界トップの返戻率。
  • 大黒柱に万が一が起こった場合、保険料が免除される。

 

以上のようになりました。。

学資保険の選ぶ目線 等、総合して、やはりソニー生命の学資保険が一番良いかなと考えます。

 

最後に・・・

いかがでしたでしょうか??

特に初めて学資保険なるものを検討している方々にとっては、何が良いのか分からず悩むものですよね。。

 

そんな時、この記事が役に立ったとしたら、嬉しく思います。

 

※以下に学資保険の必要性を検討した記事もありますので宜しければご覧ください。

学資保険は必要なのか?それとも不必要なのか??検討してみました。 ←リンク

 

以上、うっちゃんでした。。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました