子供が幼稚園でウイルス性結膜炎に!!家族感染を防ぐ3つの対策!

一服記事:「子供について」

 

我が家全員がウイルス性結膜炎に罹患!!

 

 

少し前の話になりますが、我が家の一番上の子供(長女)が幼稚園のプールの水が媒体となって、結膜炎に罹患しました。。

結果から言いますと、我が家の家族全員が結膜炎となり、まさに 最悪 に遭いました。

 

タチが悪いのが、その結膜炎が、ウイルス性 であったことが、症状を悪化させていました。

 

ウイルス性結膜炎(我が家)の症状

まず、下の写真をご覧ください。。

 

 

この写真は長男の写真です。

第1罹患者は長女ですが、我が家は見事に全員に感染が拡がりました。

目がパンパンに腫れ、まつげに目ヤニが付着し、流涙しているのが分かるかと思います。決して、このとき長男が泣いていたわけではありません。むしろ機嫌は良いときでした。

 

今思い出しても、2度と罹りたくない! と強く思います。

我が家全員が同じ症状、同じ辛さを味わった我が家で起きたこのウイルス性結膜炎の症状は以下のようなものでした。。

  1. 涙が止まらない。
  2. 目ヤニがハンパなく出る。
  3. まぶたが倍くらいに腫れる。
  4. 罹患中の視力がものすごく落ちる。
  5. 目を開けていても、瞑っていてもとにかく目が痛い。
  6. 症状が良くなってきても、景色全体が白っぽい。
  7. 完治した後、少し視力が落ちている。

 

要所のみ補足説明します。

 

「№2 目ヤニがハンパなく出る。」

特に朝がヤバいです。

目ヤニがひどすぎて、それが半分乾いている為に、まぶたの力だけでは目が開けられないくらい上下のまぶたがくっついています。

ですので、僕は、指で上下のまぶたを広げて目を開けていました。これが毎日続きます。

 

「№4 罹患中の視力がものすごく落ちる。」

実生活に多大な影響を及ぼします。

現に僕は、相当苦労しました。

どのくらい視力が落ちるのか? 実際に自分自身がなぜ見えない??という気持ちになった事例で一番分かりやすいと感じるものを以下に示します。。

 

15インチモニター上、Excel - 表示倍率100% - フォントサイズ11 の文字が良く見えない。

 

涙や目ヤニ、色々な症状が重なり、マジで困ったことがこれでした。仕事は行っていましたので、同僚にパソコン画面を見てもらったりしていました。

本当にいい迷惑ですね。。

今思えば、そんな状態で周りに迷惑かけていますし、仕事にならないであれば仕事は休んだ方が良かったと思います。本来はその感染力を考慮した場合、休むべきと考えます。

 

「№5 目を開けていても、瞑っていてもとにかく目が痛い。」

起きている時間はとにかくこれに悩まされます。。

見えなくても、目ヤニがどんなに出ても構わないからこの痛みだけは何とかしてくれ!と心から思っていました。

それほど辛かったですね。

 

具体的には、、、

目を開けているときに目が痛いのは想像に難くありませんね。

しかし、まるでまぶたの裏側に何かイボイボのようなまたは、トゲトゲしたものがあるんじゃないかって感じで、目を瞑っても痛い のです。

瞑っても痛いのでは、はっきり言ってどうすることも出来ません。ひたすら治るのを待つだけです。

 

「№6 症状が良くなってきても、景色全体が白っぽい。」

症状が快方に向かうと次第に上記までの辛さが軽減していきます。

その中で、顕在化してくるのがこの症状です。

気付いた時には、景色全体が白っぽく、言い例えるならば、薄い霧が常にある 感じです。

僕の場合、この症状は結構長く残っていました(おそらく数か月)。

気付いた時にはこの症状もなくなっていたため、時間経過とともに徐々に薄れていくものと考えられます。

 

「№7 完治した後、少し視力が落ちている。」

これは、罹患中の僕の目に対する対応に不備があった可能性もありますので、もしかしたらこの項目の共感者はあまりいない可能性はあると認識した上で、書いていきます。

 

目が痛いがために、目をよく擦ったりしたためかも知れませんが、僕の場合は 実際に視力が少し落ちた ことを実感しています。

前は確実に見えていたものが見え難くなっている。。

特に遠くのものを見る時に実感しています。 しかし、その程度は軽微であったため私生活には影響は全く出ていません。

 

ただ、結膜炎のせいで視力が若干でも落ちたのならば、少し悲しいですね。。

 

結膜炎罹患者発生時に家族感染を防ぐ方法

 

 

家族でウイルス性結膜炎の罹患者は往々にして、子供だと思われます。

感染ルートは幼稚園や保育園のプールがやはり多い気がします。

 

第1罹患者はこのケースでは当然「子供」となります。子供の面倒を見るべき大人は絶対に罹患を避けたい ところです。

 

その時に気を付けるべき対応方法を書いていきます。

これがすなわち、家族感染を防ぐ3つの方法 となります。

 

1.結膜炎患者と使用するタオルは別にする。

タオルは一つの感染ルートになります。

タオルに付着したウイルスから他の家族へは簡単に拡大するため、必ず別管理で使用する必要があります。

 

2.お風呂は避ける

水を介して感染する可能性があります。

お風呂は入らないようにして、シャワーにしましょう。

但し、シャワーも最大限の注意が必要です。

絶対に非感染者の目に触れないようにする必要があります。

 

ここは難しいところですが、横着すると感染力が非常に高い分、すぐに結膜炎になります。

 

3.手は常に清潔を保つ

感染者はすぐに目を擦ります。

手は常にウイルスに汚染されていると考えなくてはいけません。

感染者の手を清潔に保つのも当然大切ですが、非感染者の手も常に清潔に保つ必要があります。

家庭内ではどこにウイルスがいるか特定が難しくなっているはずです。

不用意に目に入らないようにしなければ即感染です。

感染してしまったら??

 

 

感染してしまったら、すぐにお医者さんに罹る必要があります。

専用の目薬を処方して頂けますので、用量・頻度ともに指示に従って使用し、治るのを待ちましょう。

 

まとめ

ウイルス性結膜炎は非常に辛いです。

感染しないように最大限注意する必要があります。

 

感染を予防するためには以下の注意点がありました。

  • 結膜炎患者と使用するタオルは別にする。
  • お風呂は避ける
  • 手は常に清潔を保つ

 

以上を徹底することで、グっと感染の確率は下がることが期待できますので、ぜひ実践しましょう。

 

最後に・・・

 

 

ウイルス性の結膜炎を経験した人は、その辛さが分かるかと思います。

まだ、経験していない方は、本当に辛いものだという認識をもった上で予防に努めて下さい。

 

以上、うっちゃんでした。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました