「子供・子ども」表記の違いは?どっちを使えばいいのか?

この前ふと、「子供・子ども」の表記方法の違いが色々な文章であるのに気付き、気になったため調べました。

結果、表記の違いや使用方法について分かったことがありますのでここに記します。

「子供・子ども」表記について

この表記の違いの理由は、単純なものでした。

本来、「こども」には、「子供」という漢字があるため、漢字で使用するのが通常ではあるはずだが、「こども」に至っては、”供”の字が 「親のお供」や「お供え物」を連想させ、それが 差別的なイメージを見た人に与える。という理由から、現状では、「子ども」と表記するのが比較的多いケースだというのです。

一方で、「子ども」表記にも以下のような疑問符が付いています。

「こども達に大人は漢字で書くことを教えているのにも関わらず、その大人が、「子ども」と漢字と平仮名の交ぜ書きをしているのはおかしい。」

このように、「こども」の書き方一つで結構大きな議論となっていました。

こんな中、文科省は 2013年にこの問題について突如、終止符を打ちました。

「”供”は決して差別表現ではないので、「こども」は「子供」で統一します。」

と発表し、この問題は一応の解決を見た感じになっています。

文科省の発表後

文科省が、「子供」に統一したと言っても、決して強要するものではなく、一種の宣言のようなもので、これが統一されているのは、同省内に留まっているのが現状のようです。

例えば新聞各社の報道機関等は未だに「子供・子ども」がまちまちに使用されており、このような組織では、この表記にかかる統一されたルールはないようです。

僕(筆者)の見解

僕の見解の結論を先に申しますと、 僕は「子供」表記に賛成 します。

※但し、「頑固絶対!」というわけではないです。お好きなように使用すれば良いと思いますが、どちらかと言えば「子供」表記に賛成します。というニュアンスです。

僕が「子供」表記に賛成の理由は以下となります。

  1. 既に言われているように、漢字と平仮名の交ぜ書きは厳密には良くない。
  2. ”供”を差別的とみなすのは逆効果。
  3. 「子ども」表記が良いという理由に納得がいかない。

上記を一つ一つ見ていきます。。

1.既に言われているように、漢字と平仮名の交ぜ書きは厳密には良くない。

これは、既に理由が出て来ていますが、やはり前述した、

「こども達に大人は漢字で書くことを教えているのにも関わらず、その大人が、「子ども」と漢字と平仮名の交ぜ書きをしているのはおかしい。」

この見解に賛成します。

対子供に対して矛盾を作るのは子供達の混乱を招きますし、教育上良い点が見付かりません。

皆さんも記憶にあるはずと考えますが、子供は、「大人は絶対正しい」 と思い込む傾向にあります。現に僕はそうでした。

「先生が”こう”言っていた。だから、”こう”なんだ。」 という具合です。

この矛盾に気付いた子供達は 「何で?」 という疑問が生まれて当然ですし、これを消化出来なければ最悪、何を言っても 「ホントかな??」 となるかも知れません。

考えすぎかも知れませんが、少なくとも良いことはないでしょう。

2.”供”を差別的とみなすのは逆効果。

この三つの中ではこの理由が一番の理由と考えます。

”供”という字は確かに 「お供」「お供え物」という字にも使用しますが、これを理由に差別的と考えるのは行き過ぎではないでしょうか?

むしろ、その考えを広めること自体が差別を助長している と考えます。

それを言わなければほとんどの人は差別だなんてことは思わないでしょうが、それを言ってしまったがために 「差別的」 という認識を持ってしまう結果になります。

それは明らかに、差別用語として世に広めていますし、それを理由に「子ども」としてしまっては、元の「子供」は差別していると見なされる可能性が出て来ます。

それもこれもそんなことを言わなければそんなことにならないことです。

最近、「障害者」を「障がい者」と表記しますが、これも一種の差別の助長と考えます。

このように特別視してしまっては、その該当する方々にとってもかえって失礼であり、良くないのではないでしょうか??

このように、決して悪気があるわけではないのは重々承知の上ですし、むしろ心配からくることと思いますが、「余計なお世話」 にホントになっていないかな?というのは再考が必要と考えます。

3.「子ども」表記が良いという理由に納得がいかない。

「子ども」と表記する上で、その表記が良いという理由の一つに 「表現が柔らかい」 という意見が散見されます。

この理由がまかり通ってしまったら、日本語は平仮名ばかりになってしまわないでしょうか?

むやみやたらに平仮名の多用は控えるべきと考えます。

最後に・・・

今回、表記方法に統一性がないことに気付き、記事にしたわけであります。

記事内では、「子ども」表記の疑問点等を提起したわけですが、冒頭言ったように使う方はそんなに気にせず、好きな方を使えば良いとは思っています。

「3.「子ども」表記が良いという理由に納得がいかない。」 で書いたようなことは

敢えて言えばそう思う訳ですが、「子ども」 表記は確かに柔らかいですし、見た感じ「かわいい」印象も持ちますので、人に読んで頂くこういうブログ等ではむしろ「子ども」表記の方が良いかも知れませんね。

記事内容と矛盾していますが、記事で書いた内容は自分が本件を厳密に検討した場合の結果であって、実運用は ケースバイケース ということでしょう。

以上、うっちゃんでした。。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!