長期投資のススメ。短期で負けちゃうならば、株は寝かせよう!

その他

 

お金を稼ぎたい!

株やFXをやってる方々はその思いでやってることと思います。

僕もそうです。

しかし、実際に儲けている個人は全体の 2割とも 1割とも言われているのも事実であり、ほとんどの個人はトータルして損をしているのが株やFXというものです。

 

今回は、そんな中、短期トレード(スイングトレードやデイトレード)でどうしても利益を上げられない、または、長期運用でやりたいけど怖い、という方のために、長期投資のススメを説いていきたいと思います。

 

 

株で損するメカニズム

 

 

株で儲けるためには、なぜ損するのかが分からなければいけません。

なぜならば、なぜ損するのかが分かれば、それさえをしなければ儲けることが出来るはずだからです。

 

とはいえ、それが分かっても難しいのが株というものですが、まずはその単純明快な理由を示したいと思います。

 

株価の基本

まず、株はなぜ上がり下がりするのか?ということですが、、、

その会社の業績や、日本または世界の景気が良ければ株価は上がり、悪ければ下がる。。

 

これは株をやっていない人から見ても分かることですね。

ですので、その動向を見ていれば儲かる!!

みんな、特に未経験者はそう思うはずです。僕もそうでした。

 

ですが、冒頭で書いたように、株は全体の8割以上が損するものですので、ほとんどの人が損を出しているわけです。

矛盾してますね?

景気動向を見ていたはずなのに損してしまうなんて、、。

ここが、株取引するに存在する 落とし穴 です。

 

株式市場は先の景気・業績を織り込む

上記の続きとなりますが、景気がよくなった、あるいは業績が良くなったから買ったのに損をするということは、株価は下がったはずです。

ここなら何が分かるか?ってことですが、株式市場は景気が良くなったら上がるものではない ということが分かります。

「何で?」ってなりますよね?

それは株式市場の性質にあります。

市場参加者は儲けるために参加しています。従って、儲けられるタイプの人はこれから景気が良くなると判断したとき、そしてまだ景気が悪いときに先回りして買っていきます。

この需給により、株価は先の経済状況を織り込んでいきます。

 

下のチャート(※チャート.1)をご覧下さい。

 

※チャート.1

 

このチャートはある上場企業の株価の推移を週足で示したものです。

この企業は 「A」 のところで、決算発表を行いました。

結果はすこぶる良く、好調なことが確認されました。

しかし、株価はどうなっているか? と言いますと、ご覧通り急落しています。

決算発表前の高値 「C」 から少し調整している中で、決算発表を行い、急落。「D」 までで実に、25% もの株価下落となりました。

もし、100万円分投資していたら、25万円も評価額を失うこととなります。

儲けるタイプの投資家は、この企業の業務内容やその業界の景気動向、今後の行方、政治状況、世界の状況等総合的に勘案した結果、「この企業の業績は良い!」 と判断し、決算発表前 「B」 で既に買い込んでいたわけです。

これが、好業績を織り込んでいたということであり、「織り込み済み」 「材料出尽くし」 と言われる現象です。

 

短期トレードで損をしてしまうのはなぜか?

先の景気や業績を織り込みながら株価が形成されていく過程で、儲けられないタイプの人は、「まだまだ景気は悪いから株価もまだまだ下がるだろう」 と株価が上がっても、「買っても下がるのではないか?」 と、怖くて買えません。

そして、実際に景気が良くなってきたな、業績が良くなったなと感じたとき、買っていない人たちがドカドカ買いを入れていきます。

この時、先回りして買っていた勢は、ここぞとばかりに売り抜けていきます。

買い遅れ勢の買いでもう少し株価は上がるかも知れませんが、その買いが一巡するともう誰も買う人がいませんので株価は天井を打ちます。

先に買っていた勢は、もう既に売り切っています。そればかりか場合によっては空売りを仕掛けてきます。

すると、どうなるか?

買う人はもういませんので、空売りや、上値が重いことを確認し、見切りを付けた買い方の売りなどにより株価は下落し始めます。

株価が下落し出すので、遅れて買った勢は含み損になり株を手放し始めます。

そうなってくると、株価の下落に拍車がかかり、売り遅れた人達の投げ売りが始まります。

こうなると暴落の始まりです。

 

株価が下がり続ける中でもホールドし続ける人はいます。以下が、そのタイプの方々となります。

  1. 長期投資でどっしり構えている人
  2. 単なる塩漬けの人

 

問題となるのはこの内 「2.単なる塩漬けの人」 です。

この類いの人達は、反転上昇が怖くて売れない。または、含み損を確定させたくない人達です。

しかも、信用取引でも買っていたりするため、下落の過程で追証がかかります。

追証までかかってようやく 「ぶん投げ」 しますので、ここで更に下落に拍車がかかります。

総投げ状態です。

こうして割安水準まで売られた株価は底打ちすると言うわけです。

 

当初、上昇過程で、株を買い、天井付近で空売りを仕掛けた勢は、これ以上株価が下がらないと見るや否や買い戻しに動きますし、買い方は割安水準になった株価を確認して買いを入れて来ますので株価は上昇し始めます。

一方、ぶん投げさせられて大損した投資家達は戦意喪失。株価下落が怖くてとても買えません。

次に買いを入れてくるのは株価が大きく上昇した後となるでしょう。

そして、また買ったら下落。

 

上記を繰り返すことで損を積み重ね、相場から退場していきます。

 

長期投資の精神的メリット

 

 

長期投資の精神的メリットはずばり以下にあります。

  • 短期の値動きに翻弄されない。

 

個人投資家は基本的に自分のお金で相場と向き合うわけですから、損をすることにとても神経質になります。

その精神状態をどう平静で保てられるか? ここがポイントとなります。

 

個人投資家の思いは以下の2点になります。

  • 絶対儲けたい!
  • 絶対損したくない!

 

上記2点の思いから、長期投資のメリットを説明します。

 

絶対儲けたい! / 絶対損したくない!

僕も絶対儲けたいですし、絶対損したくないです。

ですが、欲を全面に出すと損をしてしまうのが相場です。

 

チャートとにらめっこして、株価がドンドン上がる銘柄を見つけたとします。

そうすると、「買っとけば良かった。」 となります。

そこで、その相場について行こうと買います。

すると、不思議と株価は下がり始めてしまいます。

 

相場にいる人は誰もがこんな経験をしたことがあるのではないでしょうか?

まるで、自分の後ろに誰かいて、自分のトレードを見て、自分を嵌めようとしているんではないか?

こんな思いを抱きますよね?

ですが、全く違います。

 

個人投資家が買いに買えず、意を決して買ったときが、大体天井になるというだけです。

こういう状況下で短期トレードを実践している人は、この状況にあたふたなり、本来売らなくても良いところで手放してしまい、損だけを被る。

 

下のチャート(※チャート.2)をご覧下さい。

 

※チャート.2

 

このチャートは、上の方で掲載した、※チャート.1 の その後のチャート となります。

※チャート.1 で、急落後の株価「D」 と、※チャート.2 「D」 は同じところです。そして、※チャート.2 「C」 は、※チャート.1 の高値「C」 と同じ値段でラインを引きました。

 

チャートを見て頂ければ分かるように、「織り込み済み」 で急落したものの、その後の株価は持ち直し、急落前高値を更新していきました。

 

このように、急落に巻き込まれたものの、好業績を背景に株価は戻ることも多いため、この銘柄に関してましては、先の急落は、売らなくて良いところ となるわけです。

 

売らなくて良いところで売ってしまうと損を被りますが、その場合の損とは、金額だけではないですね。

損を確定させた時の嫌な思い。トレード中の 「あー、もう下げないでくれ。」 という思い。※チャート.2 のように、損を確定した後の株価上昇による、「あー持っとけば良かった。」 という思い。

それも、これも、考えれば買う場面じゃないと分かったり、逆に損を確定する場面じゃないと分かったりします。

これは、まさに精神的に追い詰められた結果、精神的に平静でいられなかった結果 であります。

しかし、長期投資なら元々何年、場合によっては、10年以上のスパンで考えますのでそんな値動きは意にも介せず見てられます。いや、むしろそんなどうでもいい値動きは見ないかも知れません。

なぜならば確定させるのは何年、何十年と先を想定しているので、今いくらであろうと、売る気が無いため、その数値にはまるで意味などないからです。

 

更に言えば、急落時を狙っている長期投資家は、※チャート.2  の「E」 の辺りで買いを入れるかも知れません。

急落があれば、「おいしい」 と考え、すかさず買う。という選択も 平常心 であるがゆえに容易に出来るでしょう。

 

長期投資の価格的メリット

株価は長期的には上昇するというのが基本です。

理由はいくつか考えられます。

  • 政府・企業は経済成長を目指す。
  • 不景気時に、政府は景気対策を取る。
  • 株価が下がれば、政府は株価対策を取る。

 

他にも色々ありますが、超長期的に株価は上昇をし続けるものと考えられます。

長期的に株価が上がるのであれば、株を買って放置するのは理に適っていると思います。

 

長期投資の手法

 

 

株を長期で保有して、その値上がりで利益を享受する。

そのために、どう買っていくのが良いか? ということになります。

 

闇雲に買ってはその後の利益に悪影響が出る可能性がありますので、買うのにもルールを作って買うべきです。

 

その買い方について、提案していきます。

 

ドルコスト平均法

ドルコスト平均法とは、対象の金融商品(ここでは株式)を、一気に買ってしまうのではなくて、資金を分割し、あらかじめ決めた時期に 定額ずつ 買っていく手法です。

この 「定量」 ではなくて、「定額」 というところが大事になります。

 

ドルコスト平均法のメリット

ドルコスト平均法のメリットは、資金を分散しているため、高値掴みのリスクが軽減できることと、株価が高いときは株数が少なく、株価が低いときは株数を多く買うため、平均したときに比較的有利に作用させることができる 点にあります。

 

具体的には、月初や月末に、5万円分ずつ買う。という具合です。

この金額のところは、各世帯により左右されるところだと思いますので、ご家庭の余裕資金により、割り出されたら良いかと思います。

 

下記表をご覧下さい。

下記の表は 銘柄コード:1570 日経レバ 月初に毎月5万円長期投資を目的に購入した場合、以降の損益はどう推移するか表したものです。(期間:2012年5月~2018年8月)

※銘柄の株価により、5万円ピッタシ買える訳ではありませんので、ここでは最大5万円を買えるだけ買った場合をシミュレーションしています。

 

※1570 日経レバ ドルコスト平均法 事例

 

上記表を見れば分かるように、最初の数か月こそ損益はプラス/マイナスを行ったり来たりしていましたが、その後のこの期間の上昇相場の恩恵もあり、利益は、2018年8月の段階で、投資額の以上をあげています。すなわち、資金は倍以上になりました。

月初に毎月定額を買っただけでこのように利益を上げることも可能です。

 

注意点としては、仮に現在まとまったお金があり、それを株式投資の当てたいと考えている中で、一気に買うということは避けられた方が良いということです。

上記例はたまたまこの期間は上昇トレンドであり、一気に買った方が良い結果が得られる訳ですが、もしこの後、下落トレンドであった場合、平均単価を下げれず苦労します。

そういう意味で、資金は期間的にばらけさせて買い付けるのがこのドルコスト平均法となります。

ルールに則って買い付けを行うことが重要です。

 

ドルコスト平均法のデメリット

ドルコスト平均法の敢えて言うデメリットとしては以下が考えられます。

  1. 上げ相場でこの手法を使用した場合、平均単価が買う度に高くなってしまう。
  2. ハイリターン(5倍・10倍 等)は期待出来ない。
  3. 長期で投資を考える必要がある。

 

1.で見てみると、例えば、直近の日本株の上げ相場は、2011年11月を底値として始まっていますが、以降月足で見てみると、2015年~2016年に調整を挟んで、2018年も日柄調整を挟んでいますが、ほぼずっと上がりっぱなしです。

このような相場では、買い単価は上昇の一途を辿ることになります。

ですが、メリットのところで示したように大きい利益を上げることは可能です。

 

2.は1.の延長線上にあります。

1.で平均単価が上がります。下降トレンドでは逆に平均単価を下げるチャンスとなるわけですが、そういう浮き沈みは必ずありますが、平均なので値段は底値からだいぶ上になります。

従って、いざ利益確定するときに平均から5倍とか10倍という値段になっていることは難しくなります。

 

3.については、あまりデメリットではないです。なぜならば本記事は長期投資を勧めているからです。

これがデメリットになり得るのは、短期投資家となります。

 

 

長期投資の対象銘柄

 

 

長期投資だからと言って、ダメ企業の株を何十年も持ってもダメです。

ダメ企業であると、最悪上場廃止にもなり兼ねません。

そうすると、持っている株は紙くず、投資金額分を捨てることになってしまいます。

何年も持っていたのに、0円になった。。なんてあってはならないのです。

ですので銘柄選びは最重要項目と言えるでしょう。

 

長期投資で銘柄選ぶポイントと銘柄

長期投資で、よほど革新的な事業や、今後伸びて安定するという確信がない限り、新興市場の銘柄を選択するのはやめておいた方が良いと思います。

その分析力があれば、長期投資でなくとも短期投資でバンバン稼ぐことも可能でしょう。

 

短期投資で上手くいかないから長期投資で行うという本記事のコンセプト上、ここでは分析する力がない、または時間がないという方に向けて、以下のポイントを押さえて頂きたいと思います。

 

  1. 連続増配銘柄
  2. 優良大企業

 

◆上記の 1. を踏まえ僕が選定する銘柄は以下となります。

 

銘柄 増配記録(2018年) コメント
花王 28年連続

生活用の多種多用な日用品を取り扱う大手であり、信用性も大きい。

日用品ということもあり、景気に左右され難く業績は安定している。

大手でありながら成長をし続けている。

 

但し、2018年8月時点で、株価は 8,000円を超えており、1回の買い付けでかかる投資額は、800,000円 以上となりますので、ドルコスト平均法は非常に使い難いというデメリットがあります。

また、こういう企業であるがゆえに割高です。

買い付け時期は慎重にならざるを得ないです。

 

◆上記の 2. を踏まえ僕が選定する銘柄は以下となります。

 

銘柄 コメント
三菱UFJ銀行

言わずと知れた銀行界のドンです。

2016年の「マイナス金利」下の低金利状態で、しっかり利益を出している。

海外事業を積極的に実施し、今後の成長も期待できる。

 

コメントにあるように、「マイナス金利」下の低金利状態で、海外に活路を見出し、積極的に展開しており、進捗は銀行の中でもトップであります。

2018年現在でも、比較的低位で放置されており、今後の株価回復が期待されます。

また、最低投資金額も、2018年の段階で、6万円~8万円 と長期投資するにあたっては始めやすい価格となっています。

 

上記で、個別銘柄のお勧めを記載させて頂きましたが、下記の銘柄は個別銘柄ではありません。

個別銘柄ではありませんが、これも長期投資の選択肢に入っても良いかと思います。

 

銘柄 コメント
日経平均レバレッジ上場投信

日経平均の2倍の値動きをする。

株価は長期的には上昇するという前提に基づいた場合、最もそれを反映してくれると考えられる。

楽天日経レバレッジ指数

 

上記は、ETF と呼ばれるものです。

コメントにあるように、この銘柄は、どちらも日経平均の値動きに連動するように設計されていますので、長期的な株価上昇を安定的に反映してくれるものと考えます。

 

まとめ

 

 

本記事に記載してきた内容を書きにまとめます。

 

◆短期投資で失敗する理由は、目先の値動きに翻弄されるため。

◆長期投資の精神的なメリットは、目先の値動きに翻弄されず、平常心でトレード出来ること。

◆長期的には株価は上昇するというのが基本であるため、長期投資は価格的にメリットがある。

◆長期投資には 「ドルコスト平均法」 が有効である。

◆長期投資先として選定する銘柄のポイントは以下の2点がある。

  • 連続増配銘柄
  • 優良大企業

◆長期投資先として 「ETF」 も有効である。

 

最後に・・・

 

 

今回は、短期投資で上手く行かないという人に対し、長期投資のススメということで執筆しました。

本記事でお勧めとして、銘柄が具体的に書いてありますが、これはあくまでも僕も独断です。

他の銘柄でも当然長期投資に有用な銘柄もあるはずですので、ご自分で探してみても面白いかと思います。

但し、長期投資先として選定するポイントは外せないポイントとなるはずですので、是非参考にしてみてください。

 

また、本記事では新興市場銘柄を対象外としています。

ここの点にしても、今後日本を代表する企業に成長する新興市場銘柄はあるかと思います。

記事内でも書いているようにその分析力があれば短期でもガンガン儲けられると思いますので、短期・長期を使い分けて頑張って欲しいと思います。

 

投資は最終的には自己責任。そこの点をしっかり考えた上で、投資をしていって下さい。

 

※これから株をやりたい!という方は下記も参考になるかと思います。

株を始めたい!どこの証券会社がいいの?あなたの為に比較しました! ←リンク

株で大損する人はなぜ失敗したのか?? ←リンク

 

以上、うっちゃんでした。。

 

 

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました