保育園・幼稚園の違いとは??将来の学力に差は出るのか?

子供について

 

保育園と幼稚園。

そもそも、保育園と幼稚園ってどんな差があるのか知っていますか?

今回はその違いを解説すると同時に、将来の学力の違いが、この保育園・幼稚園の違いで差が出るのか??

パパさん、ママさんにはそこも気になるポイントかと思います。

 

早速見ていきましょう。。

 

 

保育園と幼稚園の方針の違いについて

保育園と幼稚園ではそもそも国の管轄が違います。

それにより、方針も少し異なります。以下にまとめます。

 

  管轄 方針
保育園 厚生労働省

「保育」

保育を必要とする世帯の子供の保育をし、その健全な心身の発達を図ることが目的。

幼稚園 文部科学省

「教育」

幼児の自発的な活動としての遊びを重要な学習とする。

 

上表の通り、保育園は「保育」、幼稚園は、遊びを通しての「教育」として、その施設の存在意義に違いがあります。

 

「保育」とは?「教育」とは?

保育園の「保育」と、幼稚園の「教育」とは具体的にどんなことを行うのか?

何れにしても、保育園や幼稚園それぞれ個々の園によりその取り組み方針には違いがあるのが実情です。

以下にまとめます。

 

  保育園 幼稚園
勉強重視 平仮名等の勉強をするところも増えている。 平仮名等はもちろん、英会話や公文式の勉強法を取り入れている園もある。
遊び重視 ずっと遊んで過ごす園もある。 遊びなども基本的に授業形式で行う園が多い。
その他 運動会等実施する園もあるが、全体的に行事は少ない。 遠足やバザー、運動会に参観会など行事が充実している。

 

上表のように、勉強面は遊び面でも保育園より、幼稚園の方が「学校色」が強いのが特徴です。

また、園の行事自体も幼稚園の方がより充実しています。

 

 

親側の負担の違い

保育園か幼稚園かを選ぶポイントは人それぞれ違いますが、その選定ポイントの一つには、我々親側の負担というところも考える必要はあります。

その親側の負担を考えた時に以下の表の要素があるかと思いますので、その要素と違いをまとめます。

 

  保育園 幼稚園
入園の年齢 0歳~5歳 3歳~5歳
預かり時間帯 7:30位~18:30位まで 8:00位~14:00位まで
給食の有無 有り

有り

※弁当持参日有り

役員制度 役員制度がある園もある。 有り
金額(年間)

世帯収入により異なる。

※全国平均…およそ 35万円

園により多少異なる。

※公立…およそ 15万円~30万円

※私立…およそ 30万円~50万円

 

上表の通り、親側の負担という目線で見たとき、入園の年齢が0歳から入園出来るのは比較的大きなメリットと思われます。

但し、保育園は保護者が働いていることが条件ですので、それを満たさないといけません。

保育園では、保護者が働いている関係上、預かってもらえる時間も比較的長く、遅くまで見ていてもらえるのが特徴です。

 

一方で、幼稚園は時間帯は短いため、働いている場合は、ほぼ強制的に保育園を選ぶことになります。

 

また、役員制度は忙しいパパ・ママにとっては非常にやっかいです。

幼稚園の場合、イベント毎で役割を決められます。3年間の間で何もやらずに済む、という可能性は低いです。

 

金額面で考えますと、保育園は、世帯により大きく金額が異なりますので注意が必要です。

思いのほか高額になる場合もありますので、自治体や対象の園にしっかり確認しましょう。

また、保育園の特徴として、預ける子供の年齢が低いほど高額になります。

年齢も合わせて問い合わせすると良いでしょう。

 

将来の学力の違い

よく巷では、保育園に通っている子供の学力は低いだの、幼稚園に通っていた子供はやはり学力が高いだの言われますが、本当のところはどうなのでしょうか?

 

以下の表は、東大進学者が幼稚園か保育園、どちらに通っていたかを表したものです。

 

  保育園出身 幼稚園出身
東大進学者 およそ 10% およそ 90%

 

上表を見ると、やはり幼稚園出身者の方が学力が上と判断したくなる数値です。そう思わせるに十分なほど偏っています。

保育園・幼稚園に通っていたことと、学力に因果関係があるとすると、幼児期の教育方針の違いは将来に多大な影響を及ぼす可能性があることが示されていることになります。

 

また、東大出身者で、親から強制的に勉強を強いられた経験は比較的少ないという話は良く聞く話です。

幼稚園は、やはり保育園に比べると勉強面で優れた教育をしている面があるのは否めませんし、遊び感覚で勉強しています。

遊びでやっていますので子供達は率先して勉強出来るというのはあります。

 

以上から、将来の学力が、保育園・幼稚園に多少なりとも左右される因果関係があると仮定した場合、

幼児期の遊び感覚で勉強した記憶が将来の勤勉さに繋がる可能性がある。

と考えられます。

すなわち、勉強は楽しい。という幼児期の経験が、記憶から感覚へ変化し、勉強に対する拒否反応は保育園出身者よりも薄いと考えることが出来ます。

もし、そうであれば、仮に保育園に通っていたとしても、小学生からの勉強への姿勢を工夫することで子供自体の勤勉さ(やる気)を引き出すことが可能かも知れません。

 

子供の勉強はこう見ろ!成績を上げるただ一つの要素とは!?

 

最後に・・・

保育園に入れるか、幼稚園に入れるかは迷うところではありますが、これは各ご家庭の状況によるところであり、ここでどちらが良いと言い切ることは妥当ではありませんね。

夫婦共働きであれば、ほぼ間違いなく保育園に入れる必要がありますし、専業主婦家庭であれば幼稚園しか選択肢はないのが現状です。

それならばあまり深く考えず、園の特色をある程度リサーチし、ご家庭の教育方針に一番マッチしているな と思うところを選定するのが結局は一番良い ということになります。

 

以上、うっちゃんでした。。

 

 

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました