消費増税プレミアム商品券はいつから?有効期限は?どのくらいお得?

その他

 

消費税増税が 2019年10月より開始され、現在の 8% という消費税が 10% という大台に乗ることとなります。

しかし、これで日本経済の好景気(国民の大多数は好景気なんて思っていないが)も、景気減退期入りが濃厚となりました。

なにせ、物価がいきなり 2% も上がる訳ですからね。

給料が 2% 減るのと同じです。

 

そんなこともあり、政府も増税にかかる経済へのショックを出来るだけ緩やかにするために、あの手この手を使っていこうとやっきになっています。

それとは別に、増税ショックを受けるのは経済で、直接的には消費者である、我々が打撃を受ける訳ですが、その中でも 低所得者などは特に大変です。

そういうところに配慮し、今回見ていく 「プレミアム商品券」 が発券されることとなります。

 

プレミアム商品券はいつから買えるのか? みんな買えるのか? 有効期限はあるのか? お得なのか? などを見ていきたいと思います。

 

 

プレミアム商品券の購入可能者

実は、今回のプレミアム商品券は誰でも買える商品券ではありません。

購入出来る対象者は決まっており、以下の条件に一つでも当てはまっていれば、その人はプレミアム商品券を購入出来る権利を持ちます。

  1. 住民税非課税世帯
  2. 2歳以下の子供がいる家庭
  3. 年金の少ない年金受給者

 

対象者決定の経緯

前回の 消費税増税時(2014年)でも、この 「プレミアム商品券」 は発券されました(発券は 2015年)。

当時は、アベノミクスは今以上に重要視していたこともあり、”バラマキ” との批判を受けながらも、主には景気対策として 「プレミアム商品券」 は使用されました。

 

今回は、純粋に経済対策という訳ではなく、どちらかと言えば 「増税ショックの和らげ」 の意味合いが強く、元々政府は、今回発券を予定されているプレミアム商品券を 「住民税非課税世帯」 に限定するつもりで調整していました。

しかし、そこに限定してしまうと、いざ 商品券を使用するときには、使用者が低収入者であることが回りにばれて しまいます。

これはまずい! と公明党が待った! をかけ、「2歳以下の子供がいる世帯」 を対象に入れるように 自民党へ求めていました。

これで、この2つの条件を持つ家庭が、プレミアム商品券を購入出来る対象者で固まると思った矢先、最後の条件である、「所得の低い年金受給者」 が条件に加わりました。

 

低年金者 とは、年金が少ないために住民税が非課税になっている年金受給者 であるため、本来であれば、1.住民税非課税世帯 に該当するはずですが、低年金者には、消費税増税に合わせて年最大 6万円 を上乗せする制度が導入されますので、プレミアム商品券も買えるようになってしまったら、二重の優遇となる。との理由で財務省が反対していましたが、その反対を公明党が反対していました。

政府は検討の末、公明党の反対の意見を通し、最終的に 「年金の少ない年金受給者」 を対象に含めることで固めました。

 

以上の経緯をもって、この3つの条件に当てはまる世帯がこの 「プレミアム商品券」 を手にすることが可能になる。ということで決まるでしょう。

 

いつから買えるのか? また有効期限は??

消費税増税に合わせて発券されるとのことなので、2019年 10月から買えるようになるのではないかと思われます。

または、2019年 10月から増税されるため、それに間に合うように増税が始める前、1か月前からとかになるのかも知れません。

 

何れにせよ、有効期限は、増税後半年後、2020年 3月まで と決まっていますので、商品券の購入者はそれまでに使い切らないと商品券はタダの紙切れになってしまいますので注意が必要です。

 

 

どのくらいお得なのか?

プレミアムというくらいですから、当然お得になるように設計されています。

どのくらいお得か? ということですが、25% のプレミアムが付与される ことになります。

500円出せば、600円の物が買える ようになります。

 

今回の商品券は、上限20,000円分を購入出来る見込みですので、商品券としては、25,000円を手にすることが可能 です。

お得金額は、最大5,000円ということになりますね。

 

注意点!! というほどのことでもないですが、25% のプレミアムが付くということを聞くと、

「25%OFFで買い物出来る♪」

と、なりそうですが、〇〇%OFF という表記に変えるであれば、25%のプレミアム付与は、16.7%OFF ということなので、浮かれ過ぎ注意です。

(600円貰える ÷ 500円で買える = 25%のプレミアム)
(500円で買える ÷ 600円の物が = 16.7%OFF)

 

ですが、お得であることは間違いないですね。

購入対象者は、可能であれば是非 満額購入をお勧めします!

 

まとめ

今回の消費税増税で予定されている 「プレミアム商品券」 は、残念ながら対象者が限定されています。

この決定に対し、世間では不満の声も上がっています。

当然購入出来るであれば欲しい人はたくさんいるはずですから、購入出来ない人から見れば不公平と映るのは致し方ありません。

 

しかしながら、購入出来る人は購入しないなんて手は当然無く、手に出来るものでありますので是非手に入れて、買い物をして下さい。

 

これを期に、欲しかった物を購入するも良し!
半年の有効期限もあり、使用範囲は発行自治体の全小売店で使用可能なので、日々の消耗品に使用し、浮いた分を貯蓄に回すも良し!

使い方は人それぞれ! 使える制度は使い倒して行きましょう!!

 

以上、うっちゃんでした。。

 

 

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました