仕事が自分に合わないと思っている人はどう行動すれば良いのか??

転職 - 総合

 

今の仕事が自分には合っていない・・・。

こう考えて日々会社に通っている人は多いでしょう。

 

悩んでも悩んでもどうして良いのか分からない。何とかしたいけど、どうしても今の仕事が好きになれない、など。

そういう状況で働いている方々にこそ読んで頂きたい内容です。

 

 

「仕事が自分に合っている」とは??

学校を卒業し、とりあえず就職したは良いけれど、実際に働き出してみたら、、

「仕事がつまらない。」

こういう状況で働いている人はとても多いと思います。

この段階以降、「仕事と割り切って続けていける人」 になれるかなれないかが非常に重要なことかと思います。

 

仕事と割り切って続けていける人

「仕事がつまらない。」

ほとんどの人はこういう気持ちを1回は持つでしょう。

世の中、夢に描いた職業に就ける人ばかりではありません。むしろ、夢に描いた仕事以外の仕事に就いている人の方が多いのだと思います。それならば、もちろんこういう気持ちになるのは自然なことだと思います。

 

仕事だと割り切っていける人になるためには、「つまらない」という気持ちを抑えられるほどの「何か」が必要 です。

その「何か」とは何か?? ということになりますが、筆者は 以下のことがその「何か」になる のではないかな、と考えます。

  1. 仕事への誇り
  2. プライベートの充実
  3. 我慢する

 

1.仕事への誇り

仕事は「基本的につまらない」ものかも知れませんが、続けている内にその仕事に対してある程度のプライドが芽生える ものです。

こうなれば、たまに仕事がイヤな日があっても「つまらない」と思うことがだいぶ少なくなります。

仕事の種類により多少異なることと思いますが、この境地に来るためには、概ね3年程度かかる ものと思います

決して、「一人前になる」ということではなく、あくまでも「仕事に誇りを持てる」ようになるということです。

 

この「誇りを持つ」ことが出来たならば、その人にとって、その仕事は決して合っていない仕事ではない でしょう。

頑張って続けていって欲しいと思いますし、続けていけることと思います。

 

2.プライベートの充実

仕事がつまらなくて仕方がない、という人は 「プライベートを充実させるためのツール」 と考えてみてはどうでしょう。

 

生活はもちろん、趣味や遊びにも世の中お金が必要です。

それならば いっそ、仕事はそれらプライベートを充実させるためだけにあるものと割り切るとすれば、仕事がつまらなくても続けていくことは可能 です。

実際に、そういう人たちはたくさんいます。

 

そう思うことで仕事が続けていけそうであれば、その仕事は決してその人に合っていないとは言えない と思います。

 

3.我慢する

これはかなり究極ですが、この方法をとって頑張っている方はゴマンといます。

 

ここのポイントは唯ただ一つ。

我慢出来るか出来ないか? の一点となります。

 

我慢すれば それはストレスになりますが、人間社会で我慢を知らない人はただの「社会不適合者」のレッテルを貼られてしまうことでしょう。

つまり ある程度の我慢は絶対に必要 だということです。

 

それならば、どの程度の我慢が適正か? ということになりますが、仕事に特化して言えば、それはやはり「心身状態の変化」と言えると思います。

つまり、我慢することで、心身に異常が出る、またはこれ以上続けていたら異常が出そう、ともなればそれは間違いなく、その仕事はその人に合っていないと言えるでしょう。

 

※もし、その理由がパワハラのような事情であったならば、それはまた話が変わってきます。

 

暴力パワハラで仕事がつらい

上司の業務上パワハラで仕事がつらい

 

「仕事が自分に合わない」とは??

仕事が自分に合わないのは、今まで見てきた内容のように「仕事と割り切っていける人」になれない仕事をしている人ということです。

従って、「仕事と割り切れない人」は、その仕事が自分に合っていない と判断出来る ことになります。

 

つまり、

  • 仕事に誇りが持てない。
  • プライベートに引きずるほど仕事がイヤ。
  • その仕事をしていること自体、我慢出来ない。

 

上記のいずれかに当てはまる人は、間違いなくその仕事は合っていない と考えます。

 

仕事が合わないのに無理をしているとろくなことがない

仕事が自分に合っていなかった人の体験談を一つご紹介します。

 

仕事のプレッシャーに耐え切れず辞めたいと思いました

私は金融会社の事務の仕事をしていましたが、仕事のプレッシャーから、仕事を辞めたいと思うようになりました。
睡眠時間が無くストレスが溜まり続ける、働いても見返りが少ない、自分の体を激しく消耗している気分になっていました。
緊張で夜も寝付けませんし、食べ物も喉を通らなくなり、24時間常にイライラするようになりました。
毎日、仕事から逃れたい、一生寝たきりでも良いから仕事をしたくないとまで考えるようになり、ノイローゼ気味になっている自分に気づきます。
結局の所、私は退職をしてしまいました。このような仕事よりも楽なものは沢山あるからです。
自分に合っていないとも思いました。
稼げるお金をは少なくなったとしても、生活をしていけるだけのお金を稼ぐことは出来るものです。
辞めたいと会社に言った時に中々了承をして貰うことが出来ませんでした。
しかし、私はそのまま会社に行きませんでした。
そうしていたら解雇通知がやって来ました。
会社に来ない人間を雇い続けることは出来ないのです。
会社をやめてからは得意なパソコン関係の仕事をしていますが、これには満足しています。
自分に合わない仕事なら無理して続ける必要はありません。
人間には向き不向きというものがあります。
まずはそれを見つけることが大切なのです。
そして、その結果として自分の満足できるような環境で仕事をしていくことが可能になります。

※ある投稿サイトより引用

 

上記を読んでみてどう思いますか?

 

この方は特別ではありません。こういう人は間違いなく大勢いるはずです。

上記の方は、無理して働いてきたことにより、明らかな心身の異常 が見て取れます。

幸い上記の方は、取り返しのつかなくなる前に、無事 退職し、今は得意分野で満足出来る仕事に就けているようでとても良い結果となりました。

 

このように、無理して働くことは、本人が気付かない内に心身を蝕んでいき、気付けばノイローゼ状態になっていることは少なくありません。

本来であれば、こうなる前に気付いて手を打つべき です。特に精神的な異常は、時に取り返しがつかないことにも繋がります。

 

仕事が自分に合っていないのに、無理して働くことにろくなことはないのです。

 

 

仕事が自分に合わない場合の対応方法

仕事が自分に合わない場合、いかに早くその仕事を辞めるか? が、最も大切となります。

上項で見たように、無理して働くことには本当にろくなことがありませんので、一刻も早く辞めてしまうことをお勧めします。

 

辞めるということは、転職する ということになりますが、ここの注意点を一つ上げるとすれば、年齢が高くなるほど転職には不利になる ということです。

30歳を超えると、求人は5年ごとに半減すると言われております。

 

イヤな職場で5年10年無理に働き続けて、いよいよ辞めようとしても希望する求人がほとんど無い! なんてこともあり得る訳です。

転職は出来れば、20歳代のうちに、遅くとも35歳までには完了させたいところです。

 

具体的にどんな目線で転職活動をするか?

当然、自分に合うと考える仕事を探すことになります。

あなたはどんなことが好きですか??

洋服が好きなら、アパレル関係。ゲームが好きなら、ゲーム会社。パソコンが得意ならIT関係 などなど。。

好きなこと、得意なことに目を向けることも一つの選択肢 です。

 

仮に、自分が何に向いているか分からない。ということであれば、リクナビNEXT のグッドポイント診断で自分の強みを調べる、という手もあります。

こういうところから、自分を強みを知り、それに基づく仕事を探す ということであっても、ゆくゆくはその仕事に誇りを持てるようにもなるでしょう。

 

転職活動はスピーディーにそして効率的に進める

概ね平均3か月、長い場合6か月程度の期間が転職活動には必要となります。

だからこそ、転職活動はスピーディーにそして効率的に進める必要があります。

具体的には、転職サイトや転職エージェントなどの転職支援サービスの利用を検討すべきでありますが、以下の記事ではその方法に特化して作成していますので、当事者の方は一読し、活動を開始しましょう。

 

効率的かつ確実性を高める失敗しない転職活動の進め方

非正規が正規になるための転職支援サービス使い倒し法

 

また、以下のリンク先では色んな業種に対して、筆者厳選の転職支援サービスを紹介しています。上記記事同様、転職を成功させたい人にとっては必読のことと考えます。

 

転職 & 仕事先はココで探そう!!

 

たった一度に人生です。楽しい時間は長く取りたいものです。精神を病んでからでは、なかなか対処も難しくなってしまいますし、行動が遅ければ、人生においてつらい時間がそれだけ増えてしまいます。

 

早い転職で今後の人生を良い方向へと進めましょう。

 

最後に・・・

人生は概ね以下のスケジュールで進んでいます。

  • 0歳~3歳 お母さん・お父さんと一緒。
  • 4歳~6歳 幼稚園
  • 7歳~22歳 学生
  • 23歳~65歳 会社
  • 66歳以降 家でノンビリ

 

上記を見て下さい。

会社生活が最も長いことに気付くと思います。

その会社での仕事が苦しいものであったなら、あなたの人生は苦しいものだった。と言っても過言ではありません。

 

そんな仕事はさっさと辞めてしまいましょうよ。。

 

以上、うっちゃんでした。。

 

 

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました