仕事の電話とかもうイヤ!!そんなときに検討したい業界1選

転職 - 総合

 

仕事をしていると、いろいろイヤなことがあるのは誰もが同じです。

ですが、それが人によってはとても耐え難いことに感じられることもありますね。

今回は、意外にも多い電話に出るのがイヤだ!という人が選ぶべき業種1選を紹介したいと思います。

 

 

仕事の電話がイヤ!

 

ちょっと。電話がイヤだなんてさ。仕事でしょー!

 

いや。実際に電話をとるのも本当にイヤだ言う人は結構いるんです。

そういう人たちの中には本気でそのことを悩みそれがイヤなばっかりに躁鬱状態になる人だっているんです。

 

 

え・・?でも残念だけど電話がイヤじゃ仕事にならない・・。

 

いや。実際電話なんてほとんどなくて、収入もそこそこ良い。そういう業界はある。今回はそんな業界の魅力が伝われば、と思います。

 

仕事の電話がイヤという人の特徴

仕事中デスクワーク中電話が鳴る・・。

よくある光景であり、何げなく対応する人がほとんどですが、そんな電話がイヤだという人の特徴はいくつかありますので列挙してみます。

  • 特に面識の無い人との接点を持つのが面倒
  • 人と会話するのが面倒
  • 出来れば仕事中一人でいたい
  • 人に干渉されることを好まない
  • プライベートを大切にする

 

ただ電話がイヤ。というだけですが、こういう方に見られる特徴としては主に上記のようなものがあります。

どうですか?思い当たる節があるのではないでしょうか?

筆者もどちらかと言うとこういう傾向はあるのでよく分かります。

 

電話がイヤ!という人にピッタリの業種とは?

ずばり言います。それは 「製造業」 です。

はっきり言って、こういう方々に合う業種はこれしかないでしょう。

もちろん、ただ単に電話がイヤということであれば他にも合う業種はありますが、収入面や将来性、こういうものまで考慮するとやはり製造業以外は考えられません。

 

製造業の特徴は?

まずおさらいしますと、電話がイヤだという人の特徴は以下のようなものでした。

  • 特に面識の無い人との接点を持つのが面倒
  • 人と会話するのが面倒
  • 出来れば仕事中一人でいたい
  • 人に干渉されることを好まない
  • プライベートを大切にする

 

ここで、製造業に従事する仕事の特徴と上記を比べてみます。

 

電話がイヤだという人の特徴 製造業での仕事内容
特に面識の無い人との接点を持つのが面倒 製造業は基本的にライン内で黙々と仕事をする業種のため、仕事上で人と接することは少ない。
人と会話するのが面倒 上記のため、元々会話自体が少ない。
出来れば仕事中一人でいたい 上記のため、与えられた仕事を一人でこなす作業が多い。
人に干渉されることを好まない 上記のため、人からの干渉は少ない。
プライベートを大切にする 基本的に決まっている時間働く。自分の一日の時間配分は管理し易い。

 

製造業は自社製品を生産する人たちを作業者と呼び、その生産部門を 「直接部門」 と呼んだりします。

一方で、生産を管理する側や、自社製品を開発する側、品質や物流、外注先を管理する部門は 「関節部門」 と呼びます。

ここでの注意点としては、この関節部門は電話がイヤという人にとっては地獄の環境です。

電話はしまくるし、クレームがあれば顧客にすっ飛んでいかなければならないし、試作が上手くいかない、量産設備のトラブルなどなど、人との折衝業務ばかりの対応となります。

 

上表で示したのはこの「直接部門」の特徴となりますので、希望業種を伝えるときはしっかりと自分は直接部門で生産に関わりたい旨を伝えると良い でしょう。

 

また、この直接部門に勤めることが出来れば、精神的にはかなり楽が出来ますし、仕事中何も考えなくて良いのでかなりオススメです。

 

製造業の給料は悪くない。

「確かに精神的に楽だろうし、何も考えなくて良いのは魅力だけど・・給料が心配・・。」

という声がありそうなので言っておくと、製造業の直接部門は異業種などと比べても決して低くありません。

 

項目 男性 女性
全業種平均年収 531.9 万円 360.9 万円
製造業平均年収 504.0 万円 319.5 万円

※厚生労働省-「平成30年賃金構造基本統計調査」より

 

上記は製造業の平均年収と全業種平均年収を比べたものです。

製造業の方が低い数字とはなっていますが、特に極端に製造業の給料が低いという感じは受けません。

また、製造業は非正規社員が比較的多い業種となります。上表はそんな非正規社員も含んでいますので、正社員だけで見たら全業種平均はほぼ間違いなく超えてくると思います。

 

これだけの給料をも貰って、精神的にかなり楽が出来るのであれば、これは製造業もありだとは思いませんか?

 

特に従業員ベースでの企業規模が大きい方が給料が多い傾向にありますので製造業を狙うのであれば、そういう点にも留意すると良いでしょう。

ちなみに企業規模が1,000人以上の製造業の会社での男性平均年収は 620万円 を越えて来ます。

 

製造業への就職の狙い方

製造業の直接部門への人材にあまり高度なことは要求されません。

比較的就職し易い業種だと考えます。

従って、ポイントは企業規模や自身の希望(夜勤や残業の有無。有給休暇の取り易さなど。)でしょう。

 

具体的には、やはり転職サイトや転職エージェントなどの転職支援サービスの利用が最も手っ取り早いです。

特に転職エージェントは、給料面や待遇面の確認はエージェント側でやってくれますのでより良い転職などを考えている場合、転職エージェントの利用は欠かせなくなります。

 

 

利用したい転職支援サービス

 

転職サイト

転職サイトを利用するのなら、スカウト機能付きの転職サイトが最もオススメ です。
スカウト機能付きの転職サイトであれば、自身で求人を探す通常の用途の他に、求職者に興味を持った企業からオファーをいう形で求人情報を受け取れます。

このケースで受け取った求人は通常の求人よりも採用率が高くなる傾向があるだけでなく、求人自体が「非公開求人」であるケースも非常に高いです。

 

「転職サイト」とはどんなところ??

 

そのようなサービスを展開する転職サイトの中でも、業界最大手リクルートキャリアが展開する【 リクナビNEXT 】が、求人数・実績などを勘案して最もオススメ出来ます。

 

転職サイトに限ってはここだけ押さえておけば問題ありません。

 

リクナビNEXT 】へ行ってみる

 

良質転職エージェント3選

転職活動をする際、最も効果的に進められる方法が、この転職エージェントの利用 です。

 

「転職エージェント」とはどんなところ??

 

筆者が最も良質だと考える 3社の転職エージェンを下記に示します。

 

パソナキャリア
特徴 求人数は40,000件以上と業界内でも多くの求人を扱っている業界大手の一つで、この内の8割ほどが非公開求人と多くの良質案件を抱える。
エージェントの対応の評価が高く、転職経験者はもちろん初めての転職者でも利用し易い転職エージェント。
扱う年齢幅も広く、20歳代前半~40歳代後半までの転職希望者に対応出来る。
エージェントの質、扱える年齢幅を総合し、最も利用価値が高いエージェントの一つ。
特にIT系に強い傾向があるが、IT以外にも扱う求人数が多いため、あまり気にする必要はない。
オススメの層 24歳~49歳の全ての求職者
総合オススメ度
5
リンク    【パソナキャリア】

 

マイナビエージェント
特徴 ここも業界大手の一つ。
求人数はパソナキャリアよりも見劣りする 25,000件強 というところ(内20,000件ほどが非公開求人)。
マイナビエージェントはパソナキャリア同様に「エージェントの対応が良い」という一定の評判があるため、求人の数より「エージェントの質」という点で利用したい。
特に20歳代~30歳代の転職に力を入れており、若い世代にとっては更に利用価値は高い。その上女性エージェントも比較的多く在籍している関係上、女性転職希望者にも一定の人気がある。
オススメの層 20歳代~30歳代・第二新卒
総合オススメ度
4.7
リンク (準備中)  

 

リクルートエージェント
特徴 転職サイトの「リクナビNEXT」同様、業界最大手リクルートキャリアが運営する転職エージェント。求人数は、25万件以上。その内の約9割が非公開求人というとんでもない求人数を扱う転職エージェントで、必ず利用の検討をするべきエージェントだと言える。
求職者が求める職場がここにないという方が稀。
但し、リクルートエージェントは、ノルマが厳しいことで有名であることも理由の一つと考えられるが、エージェントによっては、やや強引に転職させようとする人がいる可能性は比較的高い。口車に乗せられて転職することがないように自分をしっかりと持っておくことも必要。
オススメの層 全ての求職者
総合オススメ度
4.2
リンク    【リクルートエージェント】

 

数ある転職エージェントの中でも上記3エージェントは利用価値が高く、最もオススメ出来るエージェントです。

 

3社全てに登録し、各転職エージェントの質を確認。その後、一社に絞って転職支援を受けるのが最も効率的であり、最も理想の転職に近づける方法であることは間違いありません ので、そのような利用方法を当然オススメする訳ですが、「3社も登録するのはちょっと・・・2社くらいがいい。」という人のために、タイプ別に2社をマッチングさせてみました。

下表にまとめましたので、ご参考にどうぞ。

 

タイプ別 利用転職エージェント
1 2
20歳代~30歳代 マイナビエージェント パソナキャリア
40歳以上 パソナキャリア リクルートエージェント
人の意見に流され易い人 パソナキャリア マイナビエージェント
自分の意見をしっかり言える人 リクルートエージェント パソナキャリア
キャリアアップを
目指したい人(20歳~34歳)
マイナビエージェント リクルートエージェント
キャリアアップを
目指したい人(35歳~39歳)
パソナキャリア リクルートエージェント

 

下記記事では、転職を検討する人はどういうことに行動すれば良いかをまとめています。

 

効率的かつ確実性を高める失敗しない転職活動の進め方
ここでは、転職の進め方に迷っている人に対し、効率的かつ確実性を高める転職活動の進め方を示していきます。ここを一読されれば、あなたが次に起こすべき行動は自ずと見えてくると思います。

 

製造業かぁ。悪くないかも。

 

悪くないどころではないですよ。

あのトヨタだって製造業です。製造業あっての日本。という側面もありますから、製造業はかなりオススメの業種です。

 

最後に・・・

電話になんか出たくない。

一見わがままにも思える内容ですが、たったの一度の人生ですからね。

わがままに生きていきましょう。

 

以上、うっちゃんでした。。

 

 

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました