仕事の電話とかもうイヤ!!そんなときに検討したい業界1選

仕事

 

仕事をしていると、いろいろイヤなことがあるのは誰もが同じです。

ですが、それが人によってはとても耐え難いことに感じられることもありますね。

今回は、結構多い電話に出るのがイヤだ!という人が選ぶべき業種1選を紹介したいと思います。

 

 

仕事の電話がイヤ!

 

ちょっと。電話がイヤだなんてさ。仕事でしょー!

いや。実際に電話をとるのも本当にイヤだ言う人は結構いるんです。

そういう人たちの中には本気でそのことを悩みそれがイヤなばっかりに躁鬱状態になる人だっているんです。

え・・?でも残念だけど電話がイヤじゃ仕事にならない・・。

いや。実際電話なんてほとんどなくて、収入もそこそこ良い。そういう業界はある。今回はそんな業界の魅力が伝われば、と思います。

 

仕事の電話がイヤという人の特徴

仕事中デスクワーク中電話が鳴る・・。

よくある光景であり、何げなく対応する人がほとんどですが、そんな電話がイヤだという人の特徴はいくつかありますので列挙してみます。

 

  • 特に面識の無い人との接点を持つのが面倒
  • 人と会話するのが面倒
  • 出来れば仕事中一人でいたい
  • 人に干渉されることを好まない
  • プライベートを大切にする

 

ただ電話がイヤ。というだけですが、こういう方に見られる特徴としては主に上記のようなものがあります。

どうですか?思い当たる節があるのではないでしょうか?

筆者もどちらかと言うとこういう傾向はあるのでよく分かります。

 

電話がイヤ!という人にピッタリの業種とは?

ずばり言います。それは 「製造業」 です。

はっきり言って、こういう方々に合う業種はこれしかないのではないかと思うほどです。

もちろん、ただ単に電話がイヤということであれば他にも合う業種はありますが、収入面や将来性、こういうものまで考慮するとやはり製造業以外は考えられません。

 

製造業の特徴は?

まずおさらいしますと、電話がイヤだという人の特徴は以下のようなものでした。

 

  • 特に面識の無い人との接点を持つのが面倒
  • 人と会話するのが面倒
  • 出来れば仕事中一人でいたい
  • 人に干渉されることを好まない
  • プライベートを大切にする

 

ここで、製造業に従事する仕事の特徴と上記を比べてみます。

 

電話がイヤだという人の特徴 製造業での仕事内容
特に面識の無い人との接点を持つのが面倒 製造業は基本的にライン内で黙々と仕事をする業種のため、仕事上で人と接することは少ない。
人と会話するのが面倒 上記のため、元々会話自体が少ない。
出来れば仕事中一人でいたい 上記のため、与えられた仕事を一人でこなす作業が多い。
人に干渉されることを好まない 上記のため、人からの干渉は少ない。
プライベートを大切にする 基本的に決まっている時間働く。自分の一日の時間配分は管理し易い。

 

製造業は自社製品を生産する人たちを作業者と呼び、その生産部門を 「直接部門」 と呼んだりします。

一方で、生産を管理する側や、自社製品を開発する側、品質や物流、外注先を管理する部門は 「関節部門」 と呼びます。

ここでの注意点としては、この関節部門は電話がイヤという人にとっては地獄の環境です。

電話はしまくるし、クレームがあれば顧客にすっ飛んでいかなければならないし、試作が上手くいかない、量産設備のトラブルなどなど、人との折衝業務ばかりの対応となります。

 

上表で示したのはこの「直接部門」の特徴となりますので、希望業種を伝えるときはしっかりと自分は直接部門で生産に関わりたい旨を伝えると良い でしょう。

 

また、この直接部門に勤めることが出来れば、精神的にはかなり楽が出来ますし、仕事中何も考えなくて良いのでかなりオススメです。

 

 

製造業の給料は悪くない。

「確かに精神的に楽だろうし、何も考えなくて良いのは魅力だけど・・給料が心配・・。」

という声がありそうなので言っておくと、製造業の直接部門は異業種などと比べても決して低くありません。

 

項目 男性 女性
全業種平均年収 531.9 万円 360.9 万円
製造業平均年収 504.0 万円 319.5 万円

※厚生労働省-「平成30年賃金構造基本統計調査」より

 

上記は製造業の平均年収と全業種平均年収を比べたものです。

製造業の方が低い数字とはなっていますが、特に極端に製造業の給料が低いという感じは受けません。

また、製造業は非正規社員が比較的多い業種となります。上表はそんな非正規社員も含んでいますので、正社員だけで見たら全業種平均はほぼ間違いなく超えてくると思います。

 

これだけの給料をも貰って、精神的にかなり楽が出来るのであれば、これは製造業もありだとは思いませんか?

 

特に従業員ベースでの企業規模が大きい方が給料が多い傾向にありますので製造業を狙うのであれば、そういう点にも留意すると良いでしょう。

ちなみに企業規模が1,000人以上の製造業の会社での男性平均年収は 620万円 を越えてきます。

 

電話とかもうイヤ!!という人は・・。

電話だけではありませんが、仕事がイヤだ仕方がない場合、転職を検討するということになります。

転職は人生においても一大イベントですので、なかなか「ハイします。」というほど簡単に決められるものではありませんが、仕事は人生においても非常に長い時間費やす人生の一部です。

それほどまでに重要なことですから、もし今の仕事につらさを感じているのであればこの一大イベントに参加する必要はあると筆者は考えます。

 

仮に、製造業への転職を考えた場合、製造業の直接部門への人材にあまり高度なことは要求されません。

比較的就職し易い業種だと考えます。

従って、ポイントは企業規模や自身の希望(夜勤や残業の有無。有給休暇の取り易さなど。)でしょう。

 

このように、ポイントを押さえて臨めば転職は実は怖いものではなく、ただの未経験からくる不安であることに気付くと思います。

 

転職求職者にとって最も良い転職手法
効率良く、そして最も良い転職となるべく、厳正に検討して書いています。あなたの転職が最も良い形で出来るように願っています。

 

 

製造業かぁ。悪くないかも。

悪くないどころではないですよ。

あのトヨタだって製造業です。製造業あっての日本。という側面もありますから、製造業はかなりオススメの業種です。

 

最後に・・・

電話になんか出たくない。

一見わがままにも思える内容ですが、たったの一度の人生ですからね。

わがままに生きていきましょう。

 

以上、うっちゃんでした。。

 

 

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました