仕事を辞めるとき、次の仕事が見つかるまでに必要な貯金額は??

収入・貯蓄

 

転職は本来、現職の仕事を辞める前に転職先を見つけ、その後 仕事を辞める、という手順が望ましいです。

ですが、人によりそれが分かっていても次の仕事が見つかる前に仕事を辞めざるを得ない人がいるのも事実です。

仮に、仕事を辞めてしまってから転職活動をする場合、どの程度の貯金額が必要なのか??

本記事で見ていきたいと考えます。

 

 

転職に要する期間

まずは、概ねかかる転職期間を見積もります。

 

民間が運営する転職支援サービス(転職サイトや転職エージェント など)会社によると、転職活動期間の平均期間は 約3か月程度 だという話です。

しかし、これは既述の通り、”平均” ですので、人によっては 半年 等、次の仕事が決まるまでの期間が長くかかる人もいます。

 

このことから考えると、転職活動期間は 3か月~6ヶ月間 と考えておくと良い でしょう。

 

転職期間中必要な金額

現在、理由の有無に関わらず、職を手放してしまった方々にとって一番気にすべきことは、次の仕事が決まるまでの期間に生活する生活費です。

世の中生活するためにはお金が必要なのですがその金額はいくらなの??って言われると答えられる人は少ないかも知れません。

しかし、転職活動には生活費のほかに、交通費、履歴書に貼る写真費、郵送費、更には転職活動の外出時の昼食代なども考慮しておく必要があります。

 

生活費

まずは、生活費。

2018年の総務省-家計調査結果及び、平均家賃金額を7万円と仮定すると、1ヶ月の支出金額は下記のような結果となります。

 

世帯種類 生活費 (円/月) 家賃 (円/月) 計 (円/月)
単身世帯 140,188 70,000 210,188
2人以上の世帯 270,400 70,000 340,400

 

生活費以外の必要費用

転職活動の応募数や面接数が多い人は、それこそ何十社という数を応募したり面接を受けたりしています。

そういうケースもあるものと想定する必要があるかも知れませんが、20社程度の応募や面接は最低想定しておきましょう。

この点も考慮に入れながら考えていく内容として、必要なお金は生活費以外に以下のものが掛かると言われます。

 

項目 単価 回数
履歴書の写真や郵送費 1,000円 20社分 20,000円
外食費(転職活動で必要に応じ) 1,000円 20回分 20,000円
スーツやカバン代
(持っていなければ)
50,000円 1セット分 50,000円
採用決定後の引越し代
(転職企業勤務地により)
300,000円 1回分 300,000円
その他 ケースバイケース

 

上表を勘案すれば、生活費以外にヵかる転職活動費用としては下表の通りとなります。

 

求職者の状況 必要費用
スーツ・カバン・引越しの必要無し 約 10万円 程度
スーツ・カバン・引越しが必要 約 50万円 程度

 

転職期間中必要な金額 まとめ

上項までをまとめます。

転職活動期間中に必要な金額は、下表の通りとなります。

 

求職者の状態 世帯種類 転職活動期間(6ヶ月)で必要な貯金額
必要経費が最小の人 必要経費が最大の人
無職 単身世帯 1,400,000 円 1,800,000 円
2人以上の世帯 2,200,000 円 2,600,000 円
在職中 単身世帯 100,000 円 500,000 円
2人以上の世帯 100,000 円 500,000 円

 

上表のように、無職の状態で転職活動を進めようとすると莫大な金額がかかる ことになります。

この表は「家計調査」より求めた必要金額です。

無職であれば節約は必須項目になると考えますので、上表通りの金額が丸々かかるとは考えていませんが、いずれにせよ、よほどのことがない限りは、在職中に転職をオススメします。

 

以上のことを踏まえ、常日頃からある程度の貯蓄は持っておくように心掛けておきましょう。

 

失業保険の申請も検討しよう

生活資金がないのに仕事を辞めてしまった場合、当面の生活資金を確保するために通常バイトなども検討する必要があるでしょう。

ですが、その前に 是非「失業保険」の受給申請を検討しましょう。

 

失業状態にある人で仕事をしていたとき雇用保険を払っていた人は受給出来る制度ですので、積極的に利用させて頂くのが良策 かと思います。

 

年齢や条件により貰える金額・受給開始時期・受給期間などが異なってきますが、失業保険を貰えればどんなに遅くとも、手続きの 4か月後から 3か月間程度は貰える はずです。

また 金額も前職給料の概ね 50%~80%程度のお金が頂けます ので、転職活動期間が少し長くなったとしても安心 です。

 

ですが、自己都合退職の場合は上記にも記したように失業保険は 約4ヶ月後 からの受給となるので、それまでの間しのげる貯金は必要となるところは注意しましょう。

 

 

転職活動について

仕事をやめる際、冒頭でも記したように、本来は次の職場を見つけてから辞めるのがセオリーです。

しかし、業務多忙な中、なかなか転職活動が出来ない方も多いと思われます。

その理由の一つとして「時間が無くてハローワークに行く時間が無い」という人も多いと思われますが、元々 ハローワークを主たる転職活動のツールとするのは良い転職活動とは言えません。

 

ハローワークを利用するデメリットとは?

 

仕事をしながらより効率的に転職活動をするためには、転職サイトや転職エージェントなどの 転職支援サービスを利用するべき と考えます。

 

効率的かつ確実性を高める失敗しない転職活動の進め方

非正規が正規になるための転職支援サービス使い倒し法

 

より効率的な転職活動をすることで、次職が見つける期間も最短となりますし、貯金を切り崩す必要もなくなります。

せっかく貯めたお金をみすみす無くしていく くらいなら上記リンク先に記載する内容で転職活動されてはどうでしょうか?

 

また、以下のリンク先では色んな業種に対して、筆者厳選の転職支援サービスを紹介しています。上記記事同様、転職を成功させたい人にとっては必読のことと考えます。

 

転職 & 仕事先はココで探そう!!

 

特に転職エージェントは、職務経歴書を書いてからの転職活動スピードが格段に早くなります。

転職が難しいと言われる 40歳以上の人でも転職エージェント経由での転職活動で職務経歴書を書いてから、1ヶ月以内に複数社から内定を頂いた人を筆者は何人も見てきました。

 

履歴書・職務経歴書・添え状とは??書く前に知っておきたい事前知識

 

利用したい転職支援サービス

転職サイト

転職サイトを利用するのなら、スカウト機能付きの転職サイトが最もオススメ です。
スカウト機能付きの転職サイトであれば、自身で求人を探す通常の用途の他に、求職者に興味を持った企業からオファーをいう形で求人情報を受け取れます。

このケースで受け取った求人は通常の求人よりも採用率が高くなる傾向があるだけでなく、求人自体が「非公開求人」であるケースも非常に高いです。

 

「転職サイト」とはどんなところ??

 

そのようなサービスを展開する転職サイトの中でも、業界最大手リクルートキャリアが展開する【 リクナビNEXT 】が、求人数・実績などを勘案して最もオススメ出来ます。

 

転職サイトに限っては、ここだけの利用で問題ありません。

 

リクナビNEXT 】へ行ってみる

 

良質転職エージェント3選

転職活動をする際、最も効果的に進められる方法が、この転職エージェントの利用 です。

 

「転職エージェント」とはどんなところ??

 

筆者が最も良質だと考える 3社の転職エージェンを下記に示します。

 

パソナキャリア
特徴 求人数は40,000件以上と業界内でも多くの求人を扱っている業界大手の一つで、この内の8割ほどが非公開求人と多くの良質案件を抱える。
エージェントの対応の評価が高く、転職経験者はもちろん初めての転職者でも利用し易い転職エージェント。
扱う年齢幅も広く、20歳代前半~40歳代後半までの転職希望者に対応出来る。
エージェントの質、扱える年齢幅を総合し、最も利用価値が高いエージェントの一つ。
特にIT系に強い傾向があるが、IT以外にも扱う求人数が多いため、あまり気にする必要はない。
オススメの層 24歳~49歳の全ての求職者
総合オススメ度
5
リンク    【パソナキャリア】

 

マイナビエージェント
特徴 ここも業界大手の一つ。
求人数はパソナキャリアよりも見劣りする 25,000件強 というところ(内20,000件ほどが非公開求人)。
マイナビエージェントはパソナキャリア同様に「エージェントの対応が良い」という一定の評判があるため、求人の数より「エージェントの質」という点で利用したい。
特に20歳代~30歳代の転職に力を入れており、若い世代にとっては更に利用価値は高い。その上女性エージェントも比較的多く在籍している関係上、女性転職希望者にも一定の人気がある。
オススメの層 20歳代~30歳代・第二新卒
総合オススメ度
4.7
リンク (準備中)  

 

リクルートエージェント
特徴 転職サイトの「リクナビNEXT」同様、業界最大手リクルートキャリアが運営する転職エージェント。求人数は、25万件以上。その内の約9割が非公開求人というとんでもない求人数を扱う転職エージェントで、必ず利用の検討をするべきエージェントだと言える。
求職者が求める職場がここにないという方が稀。
但し、リクルートエージェントは、ノルマが厳しいことで有名であることも理由の一つと考えられるが、エージェントによっては、やや強引に転職させようとする人がいる可能性は比較的高い。口車に乗せられて転職することがないように自分をしっかりと持っておくことも必要。
オススメの層 全ての求職者
総合オススメ度
4.2
リンク    【リクルートエージェント】

 

数ある転職エージェントの中でも上記3エージェントを最もオススメします。

 

3社全てに登録し、各転職エージェントの質を確認。その後、一社に絞って転職支援を受けるのが最も効率的であり、最も理想の転職に近づける方法であることは間違いありません ので、そのような利用方法を当然オススメする訳ですが、「3社も登録するのはちょっと・・・2社くらいがいい。」という人のために、タイプ別に2社をマッチングさせてみました。

下表にまとめましたので、ご参考にどうぞ。

 

タイプ別 利用転職エージェント
1 2
20歳代~30歳代 マイナビエージェント パソナキャリア
40歳以上 パソナキャリア リクルートエージェント
人の意見に流され易い人 パソナキャリア マイナビエージェント
自分の意見をしっかり言える人 リクルートエージェント パソナキャリア
キャリアアップを
目指したい人(20歳~34歳)
マイナビエージェント リクルートエージェント
キャリアアップを
目指したい人(35歳~39歳)
パソナキャリア リクルートエージェント

 

下記記事では、転職を検討する人はどういうことに行動すれば良いかをまとめています。

 

効率的かつ確実性を高める失敗しない転職活動の進め方
ここでは、転職の進め方に迷っている人に対し、効率的かつ確実性を高める転職活動の進め方を示していきます。ここを一読されれば、あなたが次に起こすべき行動は自ずと見えてくると思います。

 

最後に・・・

転職する際、本来は現職のままでいての転職活動が望ましいですが、いろいろな要因でそれが難しい人がいるのも現実です。

もし、ブラック企業勤めで、すぐにでも辞めたくなったらどうしますか? 勤め先が急に倒産したらどうしますか?

退職問題だけでなく、ケガや病気、想定していない出費はいきなりやってくるものです。

やはり、出来れば最低限必要な貯金はあらかじめ用意しておきたいところです。

 

以上、うっちゃんでした。。

 

 

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました