仕事を辞めるとき、次の仕事が見つかるまでに必要な貯金額は??

転職は本来、現職の仕事を辞める前に転職先を見つけ、その後 仕事を辞める、という手順が望ましいです。

ですが、人によりそれが分かっていても次の仕事が見つかる前に仕事を辞めざるを得ない人がいるのも事実です。

仮に、仕事を辞めてしまってから転職活動をする場合、どの程度の貯金額が必要なのか??

本記事で見ていきたいと考えます。

転職に要する期間

まずは、概ねかかる転職期間を見積もります。

民間が運営する転職支援サービス(転職サイトや転職エージェント など)会社によると、転職活動期間の平均期間は 約3か月程度 だという話です。

しかし、これは既述の通り、”平均” ですので、人によっては 半年 等、次の仕事が決まるまでの期間が長くかかる人もいます。

このことから考えると、転職活動期間は 3か月~6ヶ月間 と考えておくと良い でしょう。

転職期間中必要な金額

現在、理由の有無に関わらず、職を手放してしまった方々にとって一番気にすべきことは、次の仕事が決まるまでの期間に生活する生活費です。

世の中生活するためにはお金が必要なのですがその金額はいくらなの??って言われると答えられる人は少ないかも知れません。

一般的に自身の生活水準は、給料に依存します。

高年収の方は高い生活水準であるだろうし、低年収の方はそれなりの生活水準で生活しているはずです。

このことから、直近で得ていた給料をベースに考えると良いと思います。

具体的には次式ということになります。

(転職活動期間) × (直近の給料額) = (転職活動期間中必要な生活費)

前項で見たように、転職活動は概ね3か月、長めにかかると6か月 となりますので、仮に給料を 25万円得ていた人がいたとすれば、その人は最低75万円(給料の3か月分)は貯金として持っておかなければ、転職活動期間中に生活が破綻する可能性が大きくなります。

しかし、転職活動期間3か月はあくまでも平均であります。

3か月以上の転職活動期間を要している人も多数いることになりますので、そういう方は貯金3か月分では生活が破綻してしまいます。

このことから、出来れば給料の6か月分の貯金は用意しておいた方が良い でしょう。

以上のことを踏まえ、常日頃からある程度の貯蓄は持っておくように心掛けておきましょう。

失業保険の申請も検討しよう

生活資金がないのに仕事を辞めてしまった場合、当面の生活資金を確保するために通常バイトなども検討する必要があるでしょう。

ですが、その前に 是非「失業保険」の受給申請を検討しましょう。

失業状態にある人で仕事をしていたとき雇用保険を払っていた人は受給出来る制度ですので、積極的に利用させて頂くのが良策 かと思います。

年齢や条件により貰える金額・受給開始時期・受給期間などが異なってきますが、失業保険を貰えればどんなに遅くとも、手続きの 4か月後から 3か月間程度は貰える はずです。

また 金額も前職給料の概ね 50%~80%程度のお金が頂けます ので、転職活動期間が少し長くなったとしても安心 です。

ですが、自己都合退職の場合は上記にも記したように失業保険は 約4ヶ月後 からの受給となるので、それまでの間しのげる貯金は必要となるところは注意しましょう。

転職活動について

仕事をやめる際、冒頭でも記したように、本来は次の職場を見つけてから辞めるのがセオリーです。

しかし、業務多忙な中、なかなか転職活動が出来ない方も多いと思われます。

その理由の一つとして「時間が無くてハローワークに行く時間が無い」という人も多いと思われますが、元々 ハローワークを主たる転職活動のツールとするのは良い転職活動とは言えません。

ハローワークを利用するデメリットとは?

仕事をしながらより効率的に転職活動をするためには、転職サイトや転職エージェントなどの 転職支援サービスを利用するべき と考えます。

効率的な転職方法

非正規社員が正規社員を目指す最も実現性が高い方法

より効率的な転職活動をすることで、次職が見つける期間も最短となりますし、貯金を切り崩す必要もなくなります。

せっかく貯めたお金をみすみす無くしていく くらいなら上記リンク先に記載する内容で転職活動されてはどうでしょうか?

また、以下のリンク先では色んな業種に対して、筆者厳選の転職支援サービスを紹介しています。上記記事同様、転職を成功させたい人にとっては必読のことと考えます。

転職 & 仕事先はココで探そう!!

最後に・・・

転職する際、本来は現職のままでいての転職活動が望ましいですが、いろいろな要因でそれが難しい人がいるのも現実です。

もし、ブラック企業勤めで、すぐにでも辞めたくなったらどうしますか? 勤め先が急に倒産したらどうしますか?

退職問題だけでなく、ケガや病気、想定していない出費はいきなりやってくるものです。

やはり、出来れば最低限必要な貯金はあらかじめ用意しておきたいところです。

以上、うっちゃんでした。。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!