「転職サイト」とはどんなところ??

転職 - 総合

 

「転職サイト」という言葉は良く目にするが、「転職サイト」って結局どんなところなの??って方のための記事です。

 

まず、転職サイトとは、転職支援サービスの一つとなります。

転職支援サービスは、主に この「転職サイト」と「転職エージェント」に分かれます。

※「転職エージェント」とは??

 

この内の「転職サイト」の特徴やメリット・デメリットも示していくことで、転職サイトへの理解を深めて頂きたいと思います。

 

最後には、筆者のオススメの転職サイトをご紹介します。

 

 

転職サイトの特徴

 

1.サービス利用は完全無料

転職サイトは求人が掲載されています。

これは、求人をそのサイト経由で出す企業側が、掲載料としてサイト側が規定する金額を支払うことで成り立っているサービスです。

従って、会員登録は必要ですが、求職者側にかかる費用は一切ありません。

2.転職サイトは自分で求人を見付けるところ

転職サイトとは、そのサイトに掲載されている数ある求人の中から、希望に沿う求人を探し出し、そこから自ら応募し、先方の企業と面接の日程を決めたりして自分で転職活動を進めていくのが基本になります。

 

大方の転職サイトでは、そのサイトへの登録はしなくても求人自体は見ることが可能なため、どんな求人があるのかな? って言う感じで 検索することだけは可能なところが多い です。

その中で良い求人を見つけ、いざ 求人に応募しようとした場合は、そのサイトの会員でなければ応募すら出来ない ようになっています。

 

元々、会員登録しても求職者側への費用負担は一切ないというシステム上、会員登録はしておいた方が良いと考えます。

 

スカウトサービスについて

転職サイトは上記の通り、基本的に自分で公開求人を探しますが、転職サイトの中には、「スカウト」と呼ばれるサービスを展開するサイトがあります。

この特徴は、求職者に合った新着求人の紹介や、実際の企業やエージェントから求人の紹介メールを受けることが出来るサービス です。

 

これらは、「求職者に合った」求人が基本ですので、とても効率的に求人探しが出来ることを意味します。

また、この 紹介求人は非公開求人であることが多いですので、良質の求人を受け取る確率が高まります。

※非公開求人とは、求人の質が良いということから、応募殺到懸念がある求人など、様々な理由で公開したくない求人のこと。

 

3.専門職について

専門職には、専門の転職サイトがあったりします。特に多いのが、医療系の専門サイト です。

薬剤師・看護師・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士などは、転職業界では人気の職業です。

これらは、専門の転職サイトがあったりしますので、異業種を網羅した一般転職サイトより良い求人が比較的多くありますので、こういう職業に就いている、もしくはこれから就くという人は、上記 「スカウトサービス」を受けながら、こういうサイトの利用を併用するのが効果的 になります。

 

一方、医療系以外の専門職、例えば、、建設業界・土木業界の資格を要する職業の専門サイトなどはほとんどないため、異業種を扱う一般転職サイトを利用します。

元々、この建設業界などは規模がとても大きいので、このような一般転職サイトでも人気です。専門サイトではないといっても決して求人数は少なくありませんので、そこのところは一切心配は要りません。

 

 

転職サイトのメリット

転職サイトのメリットはなんと言っても、「手軽さ」にあります。

 

最初に 5分程度の会員登録をしてしまえば、他は求人を見ていく作業となるだけとなります。

前述した、「スカウトサービス」を利用する場合、あらかじめ レジュメと呼ばれる職務経歴を記した情報を会員ページ(自分のページ)に記載しておく必要がありますが、あとは、求人が送られてくるのを待つだけで良いということになります。

仮に、送られてきた求人が気に入らなければスルーしておけば良いです。

 

つまり、

他人の干渉なく、ただ空いた時間に求人を見るだけ、またはメールを待つだけ。。という手軽さで転職活動が可能だというところにあります。

 

これは、最大のメリットであり、上昇志向の高い人は、入社したその日に転職サイトへ登録し更に上の企業との巡り合いを求める人もいるくらい です。

 

転職サイトのデメリット

転職サイトのデメリットはメリットと同じですが、自分で転職活動をしなければならないところにあります。

他人の干渉がないということは、相談が出来ないということですので、メリットでありながらそこがデメリットとなり得ます。

 

他人干渉が苦手に人にとってはメリットですが、絶対に失敗したくない・・、人に干渉されてでも早期に転職したい・・、というひとにはデメリットになり得るということです。

 

ここがデメリットになり得るという人は、転職サイトを利用しつつ、転職エージェントも同時に利用していくことが必要となるでしょう。

※「転職エージェント」の解説記事は現在執筆中です。

 

オススメの転職サイト

 

筆者がオススメする転職サイトは、「リクナビNEXT」 です。

ここが圧倒的にオススメ です。

 

その理由をここで記すにはとてもボリュームが大きいので下記でまとめています。

 

「リクナビNEXT」ってどんなところ??

 

下記は、「リクナビNEXT」へのリンクです。

 

   ← リンク

 

最後に・・・

転職サイトは非常に気軽に利用出来ます。

筆者も現在転職する意思はないですが、リクナビNEXTを利用しています。

スカウトサービスにより、良い求人を今も受けていますが、こんなところからも来るんだ・・。という意外な企業の求人もあり、とても興味深く求人を見ています。

 

まとめると、転職サイトは下記のような特徴を持っています。

転職を急ぐ人はもちろん、まだそんなに転職を考えていない、または 自分ペースでじっくり転職活動を進めたいという人にとって利用価値の高い方法と言えます。

 

転職サイトの求人は世間の動向を見ることが出来るだけでなく、自分の市場価値も測れるという意味でもとても重要です。

いざとなればすぐにオファーが来ている企業へ応募も出来ますので、安心です。

 

下記では、こういう転職支援サービスを利用する効率的な転職方法を記しています。

転職を検討するためにも重要な情報と捉えてください。

 

効率的な転職方法

非正規が正規を目指す最も実現性が高い方法

 

以上、うっちゃんでした。。

 

 

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました