転職求職者にとって最も良い転職手法

仕事

 

効率良く、そして最も良い転職となるべく、厳正に検討して書いています。

あなたの転職が最も良い形で出来るように願っています。

 

転職手法

転職は早ければ早いほど有利です。

有利というのはそれだけ時間が出来るということを言っていますので、悩んでいる暇があれば転職活動を開始すべきと筆者は考えます。

 

しかし、出来た時間を有効活用するためには、ハローワークだけを利用していては、デメリットが多いためお勧めできません。

 

ハローワークを利用するデメリット

 

転職活動を開始するなら、転職支援サービスを利用します。

これは、転職業界から見れば常識です。

 

転職サイト

  • どんな転職先があるかの様子を見たい人
  • 人に相談せずに転職先を探したい人
  • すぐには転職を考えている訳ではないけど、良いところがあったら考えたい。
  • 自分のぺースでじっくり転職先を探したい。

 

上記のような人は「転職サイト」の利用がお勧めです。

転職サイトは常にアップされている求人を見ることが出来ますので、転職先選びに時間を選ぶ必要がありません。

気になる求人があれば実際に応募することも可能です。

つまり、転職サイトは「お手軽」というところが最も利用価値の高いところになります。

 

転職サイトの中には「スカウト機能」が付いているものがあります。

この機能を利用すれば、あなたに興味を持った企業から直接「うちの会社に応募しませんか?」という形で連絡が貰えるようにもなります。

こういうスカウト機能経由でくる企業は、いわゆる「非公開求人」と呼ばれる高待遇求人であることが比較的多いため、求職者にとっては非常に良いサービスです。

 

非公開求人とは?どれだけ質の良い会社に巡り合うかが転職成功のカギ
(すみません、リンク記事を現在作成中です。💦)

 

転職サイトは上記のような特色上、とにかく求人数の多い転職サイトを利用すべきでありますが、この条件に最も合致するのは「リクナビNEXT」です。

転職サイトはここだけ押さえておけば問題ありません。

 

 

転職エージェント

  • 少しでも良いところに転職したい。
  • 転職のプロに相談しながら転職活動をしたい。
  • すぐにでも転職したい。
  • 本気で転職したい。

 

上記のような人は「転職エージェント」の利用がお勧めです。

転職エージェントとは、転職のプロであるエージェント(※転職支援サービス会社により、コンサルタントやアドバイザーなど呼び名は様々です。)が求職者へ希望や職歴をヒアリングしたりして、求職者のために最も良いと思われる求人を紹介してくれます。

言わばあなただけにカスタマイズされた転職活動を推進してくれるのが転職エージェントです。

また、転職エージェントが紹介してくれる求人は「非公開求人」が主ですので、転職サイトで見ているだけより質も良い傾向が強いです。

 

上記のような特色上、エージェントの人に直接やり取りする必要がありますので、如何に求職者に対し真摯に対応してくれるかが重要になります。

この部分は、求職者にとっては絶対的に必要なサービスですが、この求職者第一視点で対応してくれる転職エージェントは下記の 2社だと筆者は考えます。

 

パソナキャリア
特徴 求人数は40,000件以上と業界内でも多くの求人を扱っている業界大手の一つで、この内の8割ほどが非公開求人と多くの良質案件を抱える。
エージェントの対応の評価が高く、転職経験者はもちろん初めての転職者でも利用し易い転職エージェント。
扱う年齢幅も広く、20歳代前半~40歳代後半までの転職希望者に対応出来る。
エージェントの質、扱える年齢幅を総合し、最も利用価値が高いエージェントの一つ。
特にIT系に強い傾向があるが、IT以外にも扱う求人数が多いため、あまり気にする必要はない。
オススメの層 24歳~49歳の全ての求職者
総合オススメ度
5
リンク    【パソナキャリア】

 

マイナビエージェント
特徴 ここも業界大手の一つ。
求人数はパソナキャリアよりも見劣りする 25,000件強 というところ(内20,000件ほどが非公開求人)。
マイナビエージェントはパソナキャリア同様に「エージェントの対応が良い」という一定の評判があるため、求人の数より「エージェントの質」という点で利用したい。
特に20歳代~30歳代の転職に力を入れており、若い世代にとっては更に利用価値は高い。その上女性エージェントも比較的多く在籍している関係上、女性転職希望者にも一定の人気がある。
オススメの層 20歳代~30歳代・第二新卒
総合オススメ度
5
リンク    マイナビエージェント  

 

上記の他に、有名どころとして「リクルートエージェント」がありますが、ここはエージェントの質が悪いという一定の評判があります。

筆者は、求職者が相談し易いエージェントを最重要視しますので、その観点から利用の選択肢から外してしまいますが、リクルートエージェントはエージェントの中でも最大規模を誇っていますので手持ちの求人数は多いです。利用したいという人は一度利用するのも手だと思います。

 

 

最後に・・・

仕事は生活だけでなく、人生そのものの多くの時間を費やす「場所」です。

そんな重要なポジションにあるからこそ、転職は重要です。

 

あなたの転職が成功することを心より願っています。

 

うっちゃんでした。。

 

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました